歯科医師国家試験 過去問題

外傷

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 111A-84

    5歳の男児。上顎前歯の動揺を主訴として来院した。
    1時間前にコンクリートの床で歯を強打したという。
    初診時の口腔内写真(別冊No.29A)とエックス線画像 (別冊No.29B)を別に示す。

    上顎両側乳中切歯に認められる病的変化はどれか。1つ選べ。

    a 陥入
    b 歯冠破折
    c 歯根破折
    d 舌側転位
    e 歯冠-歯根破折

    初診時の口腔内写真(別冊No.29A)とエックス線画像 (別冊No.29B)

    97.5%
  3. 111C-82

    9歳の男児。上顎前歯部を強打したため来院した。
    30分前にサッカーの練習中に受傷したという。
    検査の結果、接着性レジンとワイヤーを用いて再植・固定を行うこととした。
    初診時の口腔内写真(別冊No.33A)と持参した上顎右側中切歯の写真(別冊No.33B)を別に示す。

    固定期間中に行うのはどれか。1つ選べ。

    a 漂白
    b 歯髄鎮痛消炎療法
    c 生活断髄
    d アペキソゲネーシス
    e 根管治療

    口腔内写真(別冊No.33A)と持参した上顎右側中切歯の写真(別冊No.33B)

    63.3%
  4. 112A-57

    完全脱臼した永久歯の再植で予後に影響するのはどれか。すべて選べ。

    a 歯根の形成量
    b 隣在歯の有無
    c 再植までの時間
    d 歯槽骨の損傷程度
    e 脱落歯の保存状態

    47.2%
  5. 112A-73

    5歳の男児。下顎左側乳犬歯の変色を主訴として来院した。
    6か月前に気付いたが、そのままにしていたという。
    初診時の口腔内写真(別冊No.19A)とエックス線画像(別冊No.19B)を別に示す。

    原因として考えられるのはどれか。1つ選べ。

    a 歯内歯
    b 歯髄充血
    c 内部吸収
    d 外来性色素沈着
    e 象牙質形成不全症

    口腔内写真とエックス線画像

     

    95.3%
  6. 112B-52

    口腔外傷予防のためのマウスガードで正しいのはどれか。2つ選べ。

    a ひどい汚れは熱湯で洗浄する。
    b 運動量が多いスポーツでは装着できない。
    c コンタクトスポーツで使用が推奨される。
    d カスタムメイドタイプは作業用模型上で製作する。
    e マウスフォームドタイプは良好な装着感を得やすい。

    77.2%
  7. 112C-64

    学童期に使用するスポーツマウスガードの製作で正しいのはどれか。2つ選べ。

    a 5 mm以上の厚さにする。
    b 辺縁を歯頸部に設定する。
    c 成長に合わせて再製作する。
    d 臼歯部を覆わない設計にする。
    e 永久歯の萌出経路をリリーフする。

    82.9%
  8. 112C-67

    3歳の男児。上顎前歯部の外傷を主訴として来院した。
    1時間前に室内で転倒し、机に上顎乳前歯部を強打したという。
    エックス線検査で歯根破折は認めなかった。
    #qを整復固定することとした。
    初診時の口腔内写真(別冊No.15)を別に示す。治療過程を図に示す。

    治療過程

    ①〜③に入る組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

      ①     ②     ③
    a 整復   局所麻酔   抜髄
    b 整復   局所麻酔  歯面処理
    c 局所麻酔  整復    抜髄
    d 局所麻酔  整復   歯面処理
    e 局所麻酔  抜髄    整復

    口腔内写真

    93.8%
  9. 113B-83

    スポーツマウスガードの使用目的はどれか。3つ選べ。

    a 持久力の向上
    b 鼻呼吸の促進
    c 歯の損傷の予防
    d 顎関節への外力の緩和
    e 口腔粘膜の損傷の予防

    97.1%
  10. 113C-48

    3歳児の乳前歯の外傷で固定を行うのはどれか。2つ選べ。

    a 振盪
    b 歯冠破折
    c 側方脱臼
    d 垂直性歯根破折
    e 咬合痛を伴う亜脱臼

    63.2%
  11. 113C-76

    3歳の女児。歯の変色を主訴として来院した。
    1か月前に顔面を強打し徐々に上顎右側乳中切歯の色が変わってきたという。
    q"の動揺は生理的範囲であり打診痛はない。
    歯髄電気診に生活反応を示した。

    初診時の口腔内写真(別冊No.28A)とエックス線画像(別冊No.28B)を別に示す。
    適切な対応はどれか。1つ選べ。

    a 経過観察
    b 歯髄鎮静法
    c 生活歯髄切断
    d 抜髄
    e 感染根管治療

    口腔内写真とエックス線画像

    65.9%
  12. 113D-60

    4歳の女児。上顎乳前歯部の外傷を主訴として来院した。
    昨夜転倒し強打したという。
    q¤qの動揺度は3度で接触痛がある。
    初診時の口腔内写真(別冊No.15A) とエックス線画像(別冊No.15B)を別に示す。

    q¤qに対して行うべき処置はどれか。1つ選べ。

    a 整復固定
    b コンポジットレジン修復
    c 生活歯髄切断
    d 抜髄
    e 抜歯

    口腔内写真とエックス線画像

    93.2%
  13. 114A-44

    乳歯外傷の特徴はどれか。1つ選べ。

    a 上顎より下顎に多い。
    b 男児より女児に多い。
    c 転倒より衝突が多い。
    d 破折より脱臼が多い。
    e 2歳児より5歳児に多い。

    94.1%
  14. 114B-49

    スポーツマウスガードを装着する患者への説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

    a 水中に保管する。
    b 使用後は煮沸消毒する。
    c 定期的に診察を受ける。
    d 硬めの歯ブラシで清掃する。
    e 試合のみならず練習中も使用する。

    95.3%
  15. 114C-78

    4歳の女児。下顎左側乳中切歯の変色を主訴として来院した。
    1年前に-vを受傷し、3か月前から変色してきたという。
    歯髄電気診で生活反応を示した。

    初診時の口腔内写真(別冊No.35A)とエックス線画像(別冊No.35B)を別に示す。

    -vの所見で正しいのはどれか。1つ選べ。

    a 骨性癒着
    b 歯根破折
    c 歯根彎曲
    d 内部吸収
    e 歯髄腔狭窄

    口腔内写真とエックス線画像

    92.1%
  16. 114D-61

    4歳の男児。下顎乳前歯部の自発痛と咬合痛を主訴として来院した。昨晩に転倒し、机に同部を強打して自発痛と咬合痛が生じてきたという。

    初診時の口腔内写真(別冊No.19A)とエックス線画像(別冊No.19B)を別に示す。wv.vwに対して行うべき処置はどれか。1つ選べ。

    a wv.vwの固定
    b wv.vの固定、-wの抜髄
    c wv.vの抜歯、-wの抜髄
    d v.vの抜歯、w.wの抜髄
    e wv.vwの抜歯

    口腔内写真とエックス線画像

    77.8%
  17. 115A-30

    乳歯外傷による後継永久歯への影響として考えられるのはどれか。4つ選べ。

    a 萌出遅延
    b 歯根形成不全
    c 歯根内部吸収
    d 歯胚発育停止
    e 萌出位置異常

    88.9%
  18. 115A-63

    9歳の男児。転倒により上顎前歯部に外傷を受け30分後に来院した。
    破折片や脱臼歯を探したが見つからなかったという。
    A"に冷水痛と接触痛を認めるが、自発痛はない。
    初診時の口腔内写真(別冊No.20A、B)とエックス線画像(別冊No.20C )を別に示す。

    A"の歯髄処置とその後の処置の組合せで適切なのはどれか。1つ選べ。

    A"の歯髄処置        その後の処置
    a 直接覆髄─────────Q$ARブリッジ装着
    b 抜髄───────────Q$ARブリッジ装着
    c 間接覆髄─────────A"コンポジットレジン修復後、#A義歯装着
    d 直接覆髄─────────A"コンポジットレジン修復後、#A義歯装着
    e 抜髄───────────A"硬質レジン前装冠装着後、#A義歯装着

     

    口腔内写真とエックス線画像

    80.3%
  19. 115A-85

    外傷を受けた小児の口腔内写真(別冊No.31A)、脱落した歯の写真(別冊No.31B )及び処置後の口腔内写真(別冊No.31C)を別に示す。

    今後生じる可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

    a 骨性癒着
    b 内部吸収
    c 歯髄腔の狭窄
    d 歯髄の石灰変性
    e セメント質の肥厚

    小児の口腔内写真、脱落した歯の写真、及び処置後の口腔内写真

    91.1%
  20. 115D-67

    スポーツマウスガードの製作で適切なのはどれか。1つ選べ。

    a 硬口蓋をすべて覆う。
    b 咬合を10mm挙上する。
    c 咬合採得は咬頭嵌合位で行う。
    d 咬合面は第二小臼歯まで覆う。
    e 唇頰側辺縁は歯頸部に設定する。

    78.7%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111A-84

5歳の男児。上顎前歯の動揺を主訴として来院した。
1時間前にコンクリートの床で歯を強打したという。
初診時の口腔内写真(別冊No.29A)とエックス線画像 (別冊No.29B)を別に示す。

上顎両側乳中切歯に認められる病的変化はどれか。1つ選べ。

a 陥入
b 歯冠破折
c 歯根破折
d 舌側転位
e 歯冠-歯根破折

初診時の口腔内写真(別冊No.29A)とエックス線画像 (別冊No.29B)

正解:C
正答率:97.5%
問題番号:111C-82

9歳の男児。上顎前歯部を強打したため来院した。
30分前にサッカーの練習中に受傷したという。
検査の結果、接着性レジンとワイヤーを用いて再植・固定を行うこととした。
初診時の口腔内写真(別冊No.33A)と持参した上顎右側中切歯の写真(別冊No.33B)を別に示す。

固定期間中に行うのはどれか。1つ選べ。

a 漂白
b 歯髄鎮痛消炎療法
c 生活断髄
d アペキソゲネーシス
e 根管治療

口腔内写真(別冊No.33A)と持参した上顎右側中切歯の写真(別冊No.33B)

正解:E
正答率:63.3%
問題番号:112A-57

完全脱臼した永久歯の再植で予後に影響するのはどれか。すべて選べ。

a 歯根の形成量
b 隣在歯の有無
c 再植までの時間
d 歯槽骨の損傷程度
e 脱落歯の保存状態

正解:ABCDE
正答率:47.2%
問題番号:112A-73

5歳の男児。下顎左側乳犬歯の変色を主訴として来院した。
6か月前に気付いたが、そのままにしていたという。
初診時の口腔内写真(別冊No.19A)とエックス線画像(別冊No.19B)を別に示す。

原因として考えられるのはどれか。1つ選べ。

a 歯内歯
b 歯髄充血
c 内部吸収
d 外来性色素沈着
e 象牙質形成不全症

口腔内写真とエックス線画像

 

正解:C
正答率:95.3%
問題番号:112B-52

口腔外傷予防のためのマウスガードで正しいのはどれか。2つ選べ。

a ひどい汚れは熱湯で洗浄する。
b 運動量が多いスポーツでは装着できない。
c コンタクトスポーツで使用が推奨される。
d カスタムメイドタイプは作業用模型上で製作する。
e マウスフォームドタイプは良好な装着感を得やすい。

正解:CD
正答率:77.2%
問題番号:112C-64

学童期に使用するスポーツマウスガードの製作で正しいのはどれか。2つ選べ。

a 5 mm以上の厚さにする。
b 辺縁を歯頸部に設定する。
c 成長に合わせて再製作する。
d 臼歯部を覆わない設計にする。
e 永久歯の萌出経路をリリーフする。

正解:CE
正答率:82.9%
問題番号:112C-67

3歳の男児。上顎前歯部の外傷を主訴として来院した。
1時間前に室内で転倒し、机に上顎乳前歯部を強打したという。
エックス線検査で歯根破折は認めなかった。
#qを整復固定することとした。
初診時の口腔内写真(別冊No.15)を別に示す。治療過程を図に示す。

治療過程

①〜③に入る組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

  ①     ②     ③
a 整復   局所麻酔   抜髄
b 整復   局所麻酔  歯面処理
c 局所麻酔  整復    抜髄
d 局所麻酔  整復   歯面処理
e 局所麻酔  抜髄    整復

口腔内写真

正解:D
正答率:93.8%
問題番号:113B-83

スポーツマウスガードの使用目的はどれか。3つ選べ。

a 持久力の向上
b 鼻呼吸の促進
c 歯の損傷の予防
d 顎関節への外力の緩和
e 口腔粘膜の損傷の予防

正解:CDE
正答率:97.1%
問題番号:113C-48

3歳児の乳前歯の外傷で固定を行うのはどれか。2つ選べ。

a 振盪
b 歯冠破折
c 側方脱臼
d 垂直性歯根破折
e 咬合痛を伴う亜脱臼

正解:CE
正答率:63.2%
問題番号:113C-76

3歳の女児。歯の変色を主訴として来院した。
1か月前に顔面を強打し徐々に上顎右側乳中切歯の色が変わってきたという。
q"の動揺は生理的範囲であり打診痛はない。
歯髄電気診に生活反応を示した。

初診時の口腔内写真(別冊No.28A)とエックス線画像(別冊No.28B)を別に示す。
適切な対応はどれか。1つ選べ。

a 経過観察
b 歯髄鎮静法
c 生活歯髄切断
d 抜髄
e 感染根管治療

口腔内写真とエックス線画像

正解:A
正答率:65.9%
問題番号:113D-60

4歳の女児。上顎乳前歯部の外傷を主訴として来院した。
昨夜転倒し強打したという。
q¤qの動揺度は3度で接触痛がある。
初診時の口腔内写真(別冊No.15A) とエックス線画像(別冊No.15B)を別に示す。

q¤qに対して行うべき処置はどれか。1つ選べ。

a 整復固定
b コンポジットレジン修復
c 生活歯髄切断
d 抜髄
e 抜歯

口腔内写真とエックス線画像

正解:E
正答率:93.2%
問題番号:114A-44

乳歯外傷の特徴はどれか。1つ選べ。

a 上顎より下顎に多い。
b 男児より女児に多い。
c 転倒より衝突が多い。
d 破折より脱臼が多い。
e 2歳児より5歳児に多い。

正解:D
正答率:94.1%
問題番号:114B-49

スポーツマウスガードを装着する患者への説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

a 水中に保管する。
b 使用後は煮沸消毒する。
c 定期的に診察を受ける。
d 硬めの歯ブラシで清掃する。
e 試合のみならず練習中も使用する。

正解:CE
正答率:95.3%
問題番号:114C-78

4歳の女児。下顎左側乳中切歯の変色を主訴として来院した。
1年前に-vを受傷し、3か月前から変色してきたという。
歯髄電気診で生活反応を示した。

初診時の口腔内写真(別冊No.35A)とエックス線画像(別冊No.35B)を別に示す。

-vの所見で正しいのはどれか。1つ選べ。

a 骨性癒着
b 歯根破折
c 歯根彎曲
d 内部吸収
e 歯髄腔狭窄

口腔内写真とエックス線画像

正解:E
正答率:92.1%
問題番号:114D-61

4歳の男児。下顎乳前歯部の自発痛と咬合痛を主訴として来院した。昨晩に転倒し、机に同部を強打して自発痛と咬合痛が生じてきたという。

初診時の口腔内写真(別冊No.19A)とエックス線画像(別冊No.19B)を別に示す。wv.vwに対して行うべき処置はどれか。1つ選べ。

a wv.vwの固定
b wv.vの固定、-wの抜髄
c wv.vの抜歯、-wの抜髄
d v.vの抜歯、w.wの抜髄
e wv.vwの抜歯

口腔内写真とエックス線画像

正解:C
正答率:77.8%
問題番号:115A-30

乳歯外傷による後継永久歯への影響として考えられるのはどれか。4つ選べ。

a 萌出遅延
b 歯根形成不全
c 歯根内部吸収
d 歯胚発育停止
e 萌出位置異常

正解:ABDE
正答率:88.9%
問題番号:115A-63

9歳の男児。転倒により上顎前歯部に外傷を受け30分後に来院した。
破折片や脱臼歯を探したが見つからなかったという。
A"に冷水痛と接触痛を認めるが、自発痛はない。
初診時の口腔内写真(別冊No.20A、B)とエックス線画像(別冊No.20C )を別に示す。

A"の歯髄処置とその後の処置の組合せで適切なのはどれか。1つ選べ。

A"の歯髄処置        その後の処置
a 直接覆髄─────────Q$ARブリッジ装着
b 抜髄───────────Q$ARブリッジ装着
c 間接覆髄─────────A"コンポジットレジン修復後、#A義歯装着
d 直接覆髄─────────A"コンポジットレジン修復後、#A義歯装着
e 抜髄───────────A"硬質レジン前装冠装着後、#A義歯装着

 

口腔内写真とエックス線画像

正解:D
正答率:80.3%
問題番号:115A-85

外傷を受けた小児の口腔内写真(別冊No.31A)、脱落した歯の写真(別冊No.31B )及び処置後の口腔内写真(別冊No.31C)を別に示す。

今後生じる可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

a 骨性癒着
b 内部吸収
c 歯髄腔の狭窄
d 歯髄の石灰変性
e セメント質の肥厚

小児の口腔内写真、脱落した歯の写真、及び処置後の口腔内写真

正解:A
正答率:91.1%
問題番号:115D-67

スポーツマウスガードの製作で適切なのはどれか。1つ選べ。

a 硬口蓋をすべて覆う。
b 咬合を10mm挙上する。
c 咬合採得は咬頭嵌合位で行う。
d 咬合面は第二小臼歯まで覆う。
e 唇頰側辺縁は歯頸部に設定する。

正解:C
正答率:78.7%