歯科医師国家試験 過去問題

齲蝕の予防・管理

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 111D-57

    低値で齲蝕ハイリスクと判定するのはどれか。2つ選べ。

    a DMF歯数
    b 唾液分泌量
    c ショ糖摂取頻度
    d フッ化物応用頻度
    e プラーク細菌の酸産生量

    97.5%
  3. 113A-77

    歯のフッ素症の特徴はどれか。2つ選べ。

    a 齲蝕抵抗性が高い。
    b 左右側同名歯に発症する。
    c 象牙質の形成不全である。
    d フッ化物の急性中毒である。
    e 永久歯に比べて乳歯に発症しやすい。

    59.1%
  4. 113D-89

    ある小学校で集団フッ化物洗口を実施するため、2%NaF溶液を希釈して600mLのフッ化物洗口液(F濃度:225 ppm)を作製することとした。
    2%NaF溶液の必要量を求めよ。

    ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

    解答
     ① ②
     0 0
     1 1
     2 2
     3 3
     4 4
     5 5
     6 6
     7 7
     8 8
     9 9

    36.1%
  5. 114C-81

    フッ化物応用で、洗口法が歯面塗布法よりも優れているのはどれか。3つ選べ。

    a 家庭で実施できる。
    b 乳児に適用できる。
    c 費用対効果が高い。
    d 実施頻度が少なくてすむ。
    e 健康格差を縮小する効果が高い。

    95.6%
  6. 115B-69

    成人に対するフッ化物配合歯磨剤の使用に関する指導内容で適切なのはどれか。2つ選べ。

    a フッ化物濃度が高いものを選ぶ。
    b 使用量は刷毛部上に米粒大とする。
    c ブラッシング途中で複数回吐出する。
    d ブラッシング終了時に多めに洗口する。
    e ブラッシング直後は飲食しない。

     

    73.8%
  7. 116D-78

    水道水フロリデーションの齲蝕予防機序はどれか。3つ選べ。

    a 結晶性の向上
    b 再石灰化の促進
    c 唾液緩衝能の向上
    d フッ化カルシウムの生成
    e フルオロアパタイトの生成

    46.8%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111D-57

低値で齲蝕ハイリスクと判定するのはどれか。2つ選べ。

a DMF歯数
b 唾液分泌量
c ショ糖摂取頻度
d フッ化物応用頻度
e プラーク細菌の酸産生量

正解:BD
正答率:97.5%
問題番号:113A-77

歯のフッ素症の特徴はどれか。2つ選べ。

a 齲蝕抵抗性が高い。
b 左右側同名歯に発症する。
c 象牙質の形成不全である。
d フッ化物の急性中毒である。
e 永久歯に比べて乳歯に発症しやすい。

正解:AB
正答率:59.1%
問題番号:113D-89

ある小学校で集団フッ化物洗口を実施するため、2%NaF溶液を希釈して600mLのフッ化物洗口液(F濃度:225 ppm)を作製することとした。
2%NaF溶液の必要量を求めよ。

ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

解答
 ① ②
 0 0
 1 1
 2 2
 3 3
 4 4
 5 5
 6 6
 7 7
 8 8
 9 9

正解:15
正答率:36.1%
問題番号:114C-81

フッ化物応用で、洗口法が歯面塗布法よりも優れているのはどれか。3つ選べ。

a 家庭で実施できる。
b 乳児に適用できる。
c 費用対効果が高い。
d 実施頻度が少なくてすむ。
e 健康格差を縮小する効果が高い。

正解:ACE
正答率:95.6%
問題番号:115B-69

成人に対するフッ化物配合歯磨剤の使用に関する指導内容で適切なのはどれか。2つ選べ。

a フッ化物濃度が高いものを選ぶ。
b 使用量は刷毛部上に米粒大とする。
c ブラッシング途中で複数回吐出する。
d ブラッシング終了時に多めに洗口する。
e ブラッシング直後は飲食しない。

 

正解:AE
正答率:73.8%
問題番号:116D-78

水道水フロリデーションの齲蝕予防機序はどれか。3つ選べ。

a 結晶性の向上
b 再石灰化の促進
c 唾液緩衝能の向上
d フッ化カルシウムの生成
e フルオロアパタイトの生成

正解:ABE
正答率:46.8%