歯科医師国家試験 過去問題

歯科医師国家試験 衛生

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 114C-21

    我が国の公的年金制度で正しいのはどれか。3つ選べ。

    a 任意加入である。
    b 賦課方式である。
    c 社会保険方式である。
    d 主たる財源は保険料である。
    e 被保険者は65歳以上である。

    55.4%
  3. 114C-31

    重度認知症の高齢者の医療面接で適切なのはどれか。3つ選べ。

    a 幼児言葉で話す。
    b 正面から話しかける。
    c 作話があれば指摘する。
    d 表情やしぐさに注意を払う。
    e 非言語的メッセージを多用する。

    91.7%
  4. 114C-34

    地域包括支援センターを設置するのはどれか。1つ選べ。

    a 国
    b 市町村
    c 都道府県
    d 医療保険者
    e 福祉事務所

    94.2%
  5. 114C-38

    我が国でワクチン接種が行われているのはどれか。3つ選べ。

    a 水痘
    b 風疹
    c 手足口病
    d ヘルパンギーナ
    e 流行性耳下腺炎

    96.7%
  6. 114C-46

    76歳の女性。よだれが垂れることを主訴として来院した。
    最近、夫から指摘されるようになったという。
    特記すべき既往歴はない。顔面の運動障害や知覚障害は認めない。

    診察の結果、ある訓練を行うこととした。訓練前と訓練中の写真(別冊No.15)を別に示す。

    この訓練の効果を評価するのはどれか。1つ選べ。

    a RSST
    b MWST
    c 舌圧検査
    d フードテスト
    e オーラルディアドコキネシス

    訓練前と訓練中の写真

    92.4%
  7. 114C-51

    パリ協定(2015年)で正しいのはどれか。3つ選べ。

    a 参加国に開発途上国を含めた。
    b 参加国一律の目標値を設定した。
    c 温室効果ガスの削減を目標とした。
    d 経済活動よりも環境保全を重視した。
    e 再生可能エネルギーの導入を推奨した。

    28.5%
  8. 114C-81

    フッ化物応用で、洗口法が歯面塗布法よりも優れているのはどれか。3つ選べ。

    a 家庭で実施できる。
    b 乳児に適用できる。
    c 費用対効果が高い。
    d 実施頻度が少なくてすむ。
    e 健康格差を縮小する効果が高い。

    95.6%
  9. 114C-88

    ある地域の健常高齢者を対象に、現在歯数が健康寿命に及ぼす影響を調査することとした。

    この調査に適した研究方法はどれか。1つ選べ。

    a 横断研究
    b 介入研究
    c コホート研究
    d 症例対照研究
    e 生態学的研究

    63.7%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:114C-21

我が国の公的年金制度で正しいのはどれか。3つ選べ。

a 任意加入である。
b 賦課方式である。
c 社会保険方式である。
d 主たる財源は保険料である。
e 被保険者は65歳以上である。

正解:BCD
正答率:55.4%
問題番号:114C-31

重度認知症の高齢者の医療面接で適切なのはどれか。3つ選べ。

a 幼児言葉で話す。
b 正面から話しかける。
c 作話があれば指摘する。
d 表情やしぐさに注意を払う。
e 非言語的メッセージを多用する。

正解:BDE
正答率:91.7%
問題番号:114C-34

地域包括支援センターを設置するのはどれか。1つ選べ。

a 国
b 市町村
c 都道府県
d 医療保険者
e 福祉事務所

正解:B
正答率:94.2%
問題番号:114C-38

我が国でワクチン接種が行われているのはどれか。3つ選べ。

a 水痘
b 風疹
c 手足口病
d ヘルパンギーナ
e 流行性耳下腺炎

正解:ABE
正答率:96.7%
問題番号:114C-46

76歳の女性。よだれが垂れることを主訴として来院した。
最近、夫から指摘されるようになったという。
特記すべき既往歴はない。顔面の運動障害や知覚障害は認めない。

診察の結果、ある訓練を行うこととした。訓練前と訓練中の写真(別冊No.15)を別に示す。

この訓練の効果を評価するのはどれか。1つ選べ。

a RSST
b MWST
c 舌圧検査
d フードテスト
e オーラルディアドコキネシス

訓練前と訓練中の写真

正解:E
正答率:92.4%
問題番号:114C-51

パリ協定(2015年)で正しいのはどれか。3つ選べ。

a 参加国に開発途上国を含めた。
b 参加国一律の目標値を設定した。
c 温室効果ガスの削減を目標とした。
d 経済活動よりも環境保全を重視した。
e 再生可能エネルギーの導入を推奨した。

正解:ACE
正答率:28.5%
問題番号:114C-81

フッ化物応用で、洗口法が歯面塗布法よりも優れているのはどれか。3つ選べ。

a 家庭で実施できる。
b 乳児に適用できる。
c 費用対効果が高い。
d 実施頻度が少なくてすむ。
e 健康格差を縮小する効果が高い。

正解:ACE
正答率:95.6%
問題番号:114C-88

ある地域の健常高齢者を対象に、現在歯数が健康寿命に及ぼす影響を調査することとした。

この調査に適した研究方法はどれか。1つ選べ。

a 横断研究
b 介入研究
c コホート研究
d 症例対照研究
e 生態学的研究

正解:C
正答率:63.7%

Recommend
- この過去問を閲覧した方は、こちらの過去問も閲覧されてます -