歯科医師国家試験 過去問題

チーム医療

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 111B-1

    口唇裂・ 口蓋裂のチーム医療で正しいのはどれか。1つ選べ。

    a 治療方針は執刀医が決定する。
    b 医療の経済的効率化を目的とする。
    c 成長に合わせた包括的治療を行う。
    d 各職種が独自に治療目標を設定する。
    e 構成メンバーは医師と歯科医師に限られる。

    99.9%
  3. 112C-5

    チーム医療の目的はどれか。1つ選べ。

    a 仕事量の平均化
    b 先進医療の提供
    c 診療コストの削減
    d 診療プロセスの標準化
    e 患者の多様なニーズへの対応

    74.3%
  4. 113A-12

    かかりつけ歯科医が積極的にかかわるべきなのはどれか。1つ選べ。

    a 先進医療の実施
    b 夜間診療の実施
    c 紹介患者の受け入れ
    d 臨床研修歯科医の指導
    e 地域包括ケアシステムへの参画

    96.2%
  5. 113A-3

    介護支援専門員の業務はどれか。1つ選べ。

    a 栄養指導
    b 身体介護
    c 食事介護の指導
    d 生活保護認定の申請
    e 介護サービス計画の作成

    96.5%
  6. 114D-10

    栄養支援チーム<NST>について正しいのはどれか。1つ選べ。

    a 診療科毎に組織する。
    b 職種別に記録を作成する。
    c 管理栄養士を指示体制の長とする。
    d 原疾患の合併症予防を目的に含む。
    e 参加者は医療従事者に限定される。

    90.3%
  7. 115A-10

    チーム医療で正しいのはどれか。1つ選べ。

    a 治療内容の簡素化
    b 先進医療機器の使用
    c 多数のクリニカルパスの使用
    d 同一人数にそろえた専門職種
    e 職種間のシームレスな(切れ目のない)連携

    99.1%
  8. 115D-11

    チーム医療を円滑に推進するのはどれか。1つ選べ。

    a 年功序列の尊重
    b 他職種の役割の把握
    c 職種独自の略語の使用
    d 職種間の上下関係の周知
    e 個々の構成員の目標の優先

    99.8%
  9. 116B-9

    要介護高齢者の自宅療養において、身体介護や家事援助介護サービスを主業務とする職種はどれか。1つ選べ。

    a 看護師
    b 保健師
    c 訪問介護員
    d 介護支援専門員
    e 医療ソーシャルワーカー

    94.8%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111B-1

口唇裂・ 口蓋裂のチーム医療で正しいのはどれか。1つ選べ。

a 治療方針は執刀医が決定する。
b 医療の経済的効率化を目的とする。
c 成長に合わせた包括的治療を行う。
d 各職種が独自に治療目標を設定する。
e 構成メンバーは医師と歯科医師に限られる。

正解:C
正答率:99.9%
問題番号:112C-5

チーム医療の目的はどれか。1つ選べ。

a 仕事量の平均化
b 先進医療の提供
c 診療コストの削減
d 診療プロセスの標準化
e 患者の多様なニーズへの対応

正解:E
正答率:74.3%
問題番号:113A-12

かかりつけ歯科医が積極的にかかわるべきなのはどれか。1つ選べ。

a 先進医療の実施
b 夜間診療の実施
c 紹介患者の受け入れ
d 臨床研修歯科医の指導
e 地域包括ケアシステムへの参画

正解:E
正答率:96.2%
問題番号:113A-3

介護支援専門員の業務はどれか。1つ選べ。

a 栄養指導
b 身体介護
c 食事介護の指導
d 生活保護認定の申請
e 介護サービス計画の作成

正解:E
正答率:96.5%
問題番号:114D-10

栄養支援チーム<NST>について正しいのはどれか。1つ選べ。

a 診療科毎に組織する。
b 職種別に記録を作成する。
c 管理栄養士を指示体制の長とする。
d 原疾患の合併症予防を目的に含む。
e 参加者は医療従事者に限定される。

正解:D
正答率:90.3%
問題番号:115A-10

チーム医療で正しいのはどれか。1つ選べ。

a 治療内容の簡素化
b 先進医療機器の使用
c 多数のクリニカルパスの使用
d 同一人数にそろえた専門職種
e 職種間のシームレスな(切れ目のない)連携

正解:E
正答率:99.1%
問題番号:115D-11

チーム医療を円滑に推進するのはどれか。1つ選べ。

a 年功序列の尊重
b 他職種の役割の把握
c 職種独自の略語の使用
d 職種間の上下関係の周知
e 個々の構成員の目標の優先

正解:B
正答率:99.8%
問題番号:116B-9

要介護高齢者の自宅療養において、身体介護や家事援助介護サービスを主業務とする職種はどれか。1つ選べ。

a 看護師
b 保健師
c 訪問介護員
d 介護支援専門員
e 医療ソーシャルワーカー

正解:C
正答率:94.8%