歯科医師国家試験 過去問題

形態的検査

問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:112D-77

10歳の女児。前歯の歯並びが悪いことを主訴として来院した。
Arch length discrepancyは上顎で-14 mm、下顎で-8 mmであった。
今後、マルチブラケット装置による矯正治療を行うこととした。
初診時の顔面写真(別冊No.24A)と口腔内写真(別冊No.24B)を別に示す。
セファロ分析の結果を図に示す。

セファロ分析

本格矯正治療の方針を決定するために必要な検査はどれか。3つ選べ。

a 顎関節エックス線撮影
b 咬合法エックス線撮影
c 手根骨エックス線撮影
d パノラマエックス線撮影
e 側面頭部エックス線規格撮影

顔面写真と口腔内写真

正解:CDE
正答率:90.5%
問題番号:114B-48

セファロ分析の距離計測項目のうち、蝶篩骨軟骨結合の成長が最も関与するのはどれか。1つ選べ。

a N-S
b S-Ba
c N-Me
d Go-Me
e ANS-PNS

正解:A
正答率:83.6%
問題番号:115B-33

PAR Indexを用いて行うのはどれか。2つ選べ。

a 顔面非対称の評価
b 審美感覚の数値化
c 矯正歯科治療の成果の判定
d 不正咬合の重症度の数値化
e 上下顎骨の近遠心的関係の評価

正解:CD
正答率:19.6%