歯科医師国家試験 過去問題

矯正力による生体反応

問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:109D-34

8歳の女児。下顎右側中切歯の咬合時の違和感を主訴として来院した。
数日前から食事中に気になるようになったという。
I*に軽度の動揺が認められる。

初診時の口腔内写真(別冊No.34A)とエックス線写真(別冊No.34B)を別に示す。
原因として考えられるのはどれか。1つ選べ。

a 外傷性咬合
b 母指吸引癖
c 根尖性歯周炎
d 歯ブラシの誤用
e 小帯の付着異常

口腔内写真(別冊No.34A)

エックス線写真(別冊No.34B)

正解:A
正答率:98.8%
問題番号:110D-9

8歳の男児。咬み合わせの違和感を主訴として来院した。初診時の切端咬合位と咬頭嵌合位の口腔内写真(別冊No.9)を別に示す。
下顎中切歯に生じやすいのはどれか。2つ選べ。

a 陥入
b 動揺
c 捻転
d 変色
e 唇側傾斜

切端咬合位と咬頭嵌合位の口腔内写真

正解:BE
正答率:86.8%
問題番号:114C-23

矯正歯科治療における歯根吸収のリスクファクターはどれか。3つ選べ。

a 歯の圧下
b ジグリング
c 過大な矯正力
d バンドの緩み
e 口腔衛生状態の不良

正解:ABC
正答率:66.5%
問題番号:115A-67

矯正歯科治療中の口腔内写真(別冊No.23)を別に示す。

上顎側切歯の根尖部遠心側歯根膜に生じるのはどれか。2つ選べ。

a 血流障害
b 硝子様変性
c 穿下性骨吸収
d 歯根膜線維の伸展
e 類セメント質の形成

矯正歯科治療中の口腔内写真

正解:DE
正答率:73.1%