歯科医師国家試験 過去問題

歯科医師国家試験 歯科矯正学

問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:115A-58

23歳の女性。顔のゆがみを主訴として来院した。
診断をした結果、外科的矯正治療を行うこととした。
初診時の顔面写真(別冊No.19A)、口腔内写真(別冊No.19B)及びエックス線画像(別冊No.19C)を別に示す。セファロ分柝の結果を図に示す。

セファロ分柝の結果

術前矯正治療で行うのはどれか。2つ選べ。

a 叢生の改善
b 臼歯部交叉咬合の改善
c 上下顎歯列正中線の一致
d Angle I級の大臼歯関係の確立
e 上下顎歯列弓形態の不調和の改善

初診時の顔面写真、口腔内写真

エックス線画像

正解:AE
正答率:87.9%
問題番号:115A-67

矯正歯科治療中の口腔内写真(別冊No.23)を別に示す。

上顎側切歯の根尖部遠心側歯根膜に生じるのはどれか。2つ選べ。

a 血流障害
b 硝子様変性
c 穿下性骨吸収
d 歯根膜線維の伸展
e 類セメント質の形成

矯正歯科治療中の口腔内写真

正解:DE
正答率:73.1%
問題番号:115A-76

骨格性Ⅱ級を示すのはどれか。1つ選べ。

a 唇顎口蓋裂
h Apert症候群
c Crouzon症候群
d Robinシークエンス
e Beckwith-Wiedemann 症候群

正解:D
正答率:98.1%

Recommend
- この過去問を閲覧した方は、こちらの過去問も閲覧されてます -