歯科医師国家試験 過去問題

消毒・滅菌と感染対策

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 111D-15

    結核菌に有効で、皮膚に適用できる消毒薬はどれか。1つ選べ。

    a グルタラール
    b ポビドンヨード
    c 塩化ベンゼトニウム
    d 塩化ベンザルコニウム
    e グルコン酸クロルヘキシジン

    87.9%
  3. 112B-1

    手指の消毒に使用できる逆性石けんはどれか。1つ選べ。

    a クレゾール
    b グルタラール
    c ホルムアルデヒド
    d 次亜塩素酸ナトリウム
    e ベンザルコニウム塩化物

    54.0%
  4. 114B-13

    芽胞形成性細菌と結核菌の両方に有効なのはどれか。1つ選べ。

    a グルタラール
    b 消毒用エタノール
    c 消毒用フェノール
    d クレゾール石けん液
    e クロルヘキシジングルコン酸塩液

    98.1%
  5. 115A-16

    滅菌・消毒のSpaulding分類で高水準消毒に用いられるのはどれか。1つ選べ。

    a 高圧蒸気
    b グルタラール
    c 両性界面活性剤
    d エチレンオキサイドガス
    e ベンザルコニウム塩化物

    81.5%
  6. 115C-9

    ウイルスを殺滅できないのはどれか。1つ選べ。

    a ガス滅菌
    b 乾熱滅菌
    c 濾過滅菌
    d 高圧蒸気滅菌
    e ガンマ線による滅菌

    82.6%
  7. 116A-5

    治療にあたり高圧蒸気滅菌が必要なのはどれか。2つ選べ。

    a 咬合床
    b スケーラー
    c ハンドピース
    d フェイスシールド
    e ガッタパーチャポイント

    98.2%
  8. 116D-3

    創傷処置時の洗浄に用いるのはどれか。1つ選べ。

    a エタノール
    b オキシドール
    c ポビドンヨード
    d 滅菌生理食塩液
    e ベンザルコニウム塩化物

    87.0%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111D-15

結核菌に有効で、皮膚に適用できる消毒薬はどれか。1つ選べ。

a グルタラール
b ポビドンヨード
c 塩化ベンゼトニウム
d 塩化ベンザルコニウム
e グルコン酸クロルヘキシジン

正解:B
正答率:87.9%
問題番号:112B-1

手指の消毒に使用できる逆性石けんはどれか。1つ選べ。

a クレゾール
b グルタラール
c ホルムアルデヒド
d 次亜塩素酸ナトリウム
e ベンザルコニウム塩化物

正解:E
正答率:54.0%
問題番号:114B-13

芽胞形成性細菌と結核菌の両方に有効なのはどれか。1つ選べ。

a グルタラール
b 消毒用エタノール
c 消毒用フェノール
d クレゾール石けん液
e クロルヘキシジングルコン酸塩液

正解:A
正答率:98.1%
問題番号:115A-16

滅菌・消毒のSpaulding分類で高水準消毒に用いられるのはどれか。1つ選べ。

a 高圧蒸気
b グルタラール
c 両性界面活性剤
d エチレンオキサイドガス
e ベンザルコニウム塩化物

正解:B
正答率:81.5%
問題番号:115C-9

ウイルスを殺滅できないのはどれか。1つ選べ。

a ガス滅菌
b 乾熱滅菌
c 濾過滅菌
d 高圧蒸気滅菌
e ガンマ線による滅菌

正解:C
正答率:82.6%
問題番号:116A-5

治療にあたり高圧蒸気滅菌が必要なのはどれか。2つ選べ。

a 咬合床
b スケーラー
c ハンドピース
d フェイスシールド
e ガッタパーチャポイント

正解:BC
正答率:98.2%
問題番号:116D-3

創傷処置時の洗浄に用いるのはどれか。1つ選べ。

a エタノール
b オキシドール
c ポビドンヨード
d 滅菌生理食塩液
e ベンザルコニウム塩化物

正解:D
正答率:87.0%