予備校選びの不安を解消!歯科医師国家試験予備校の合格率について

  • 公開日:2023.06.26
  • 更新日:2024.02.01
  • 116 views
予備校選びの不安を解消!歯科医師国家試験予備校の合格率について
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験の予備校の合格率は?

これから来年度の歯科医師国家試験に向けて予備校選びをしようと考えているあなたは、

「予備校によって合格率に違いがあるのだろうか?」

「少しでも合格率の高い予備校に入りたい!」

「気になっている予備校の合格率が知りたい!」

といった疑問や気持ちがあるのではないでしょうか。

予備校によって合格率に違いがあるのなら、少しでも合格率の高い予備校に入りたいと誰でも思いますよね。

 

また、予備校選びには様々なポイントがありますが、その中でも予備校の合格率は多くの受験生にとって気になるポイントではないでしょうか。

実際、当メディアを運営する60日合格塾に寄せられた相談の中でも、「予備校を決める際に、合格率で選ぶべきか、講義や講師で選ぶべきか、はたまた授業料か、で悩んでいたら親子ともに疲弊してしまった」という経験をされた方がいました。

しかし、結論からいうと、合格率を気にして予備校選びをするのは全くおすすめできません。

では、なぜ合格率で予備校を選ばない方がいいのか?

この記事ではその理由について解説するとともに、あなたが来年度の歯科医師国家試験合格に向けて適切な予備校を選べるように

  • 予備校選びにおける合格率・合格実績の重要性
  • 予備校の合格率に関する情報の少なさとその理由
  • 予備校・塾を合格率で選ぶのがNGな理由
  • 合格率以外の予備校・塾選びで大事なポイント

について解説していきます。

あなたがこの記事を読めば、予備校選びの際に合格率を気にしない方がいい理由が分かり、来年度の歯科医師国家試験合格に向けて自分に合った適切な予備校の選び方が分かるようになるでしょう。

ぜひ、この記事を読んで、歯科医師国家試験合格への第一歩を踏み出しましょう。

また、4章では完全オンライン塾「60日合格塾」についても案内しておりますのでぜひ、最後まで目を通してみてください。

1章:歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこと

 あなたが歯科医師国家試験の予備校の合格率について知りたいと考えた時に、まず知っておくべきことがあります。

それは「そもそも歯科医師国家試験受験業界では、多くの予備校や塾が合格率を公表していない」ということです。

この理由については、詳しくは1-2でお伝えしていきます。

多くの予備校や塾が合格率を公表していない、その一方で、多くの受験生や親御様は、予備校選びの際に合格率を気にしています。

これは「実際に自分たちが貴重なお金と時間を掛けるのだから、一番合格に近づける予備校を選びたい」という至極当然な気持ちからくるものでしょう。

しかし、実際には合格率を公表している予備校や塾は少ないため、しっかりした情報がない中、「ここの予備校は合格率が高いらしい…」という噂程度の情報で予備校を決めてしまう方もいます。

こうなると、本来自分が入るべきでない予備校・塾に入ってしまい、思うように結果が出なかったり、最悪の場合は途中で辞めてしまうなど、貴重なお金と時間を無駄にしてしまうミスマッチが起こる可能性も高くなります。

1-1:予備校選びにおける合格率・合格実績の重要性

 結論から言えば、予備校・塾選びにおいて、予備校や塾が公表している「合格率」や「合格実績」を基に比較することは、おすすめできません。

なぜなら、以下の2点の理由から予備校選びの指標としては当てにならないためです。

  • そもそも合格率を公表している予備校が少ない
  • 「合格率」や「合格実績」の基準が予備校ごとに異なる

「合格率」や「合格実績」の基準が予備校ごとに異なる、とは例えば、合格率を割り出す際に母数となる人数に含める対象者を

  • 入塾者全体
  • 入塾者の内最後まで出席を継続した人だけ

のどちらにするかでも大きく合格率は変わるということです。

また、合格者数のカウントの際に「大学への出張講義や短期講習を受けただけの人」も含めてカウントした場合にも、見かけの総数は大きくなるでしょう。

このように、「合格率」「合格実績」のカウント方法は予備校ごとに大きく異なるため、この数字だけを見て一律で予備校を比較することは困難です。

1-2:予備校の合格率に関する情報の少なさとその理由

 先ほどお伝えしたように、そもそも歯科医師国家試験受験業界では多くの予備校や塾が合格率を公表していません。

この理由は、歯科医師国家試験受験業界に限らず、受験業界一般の予備校・塾にとって、合格率や合格実績を公表することはメリットよりもデメリットが大きいためです。

【メリット】

合格率・合格実績を公表することで、それを魅力に感じた入塾希望者が増える可能性がある

【デメリット】

  • 合格率・合格実績につられて受かる可能性の低い生徒まで入塾した結果、翌年の合格率が下がる
  • 予備校ごとに合格者のカウントの基準が異なるため、正確な数字を出しても他の予備校と整合性が取れない可能性がある
  • カウントの方法などを変えて合格者数を多く見せていることが発覚した際に失う信用が大きい
  • そもそも合格率・合格実績を見る側も疑っている場合が多い

このように、合格率や合格実績を公表することのデメリットが大きいため、合格実績を公表しないことが業界全体で暗黙のルールになっているともいえる状況なのです。

そのため、合格率・合格実績を公表する代わりに、実際の合格者の声を載せることで合格実績をアピールしている予備校もあります。

2章:予備校・塾を合格率で選ぶのがNGな理由

予備校・塾を合格率で選ぶのがNGな理由

ここまで1章では、歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこととして予備校選びにおいて合格率・合格実績は重要ではないこととその理由についてお伝えしてきました。

次に、この2章では予備校・塾を合格率で選ぶことをおすすめしない理由についてさらに掘り下げていきます。

また、稀ですが予備校・塾を選ぶ際に合格率を参考にしてもよいケースについてもお伝えしていきます。

では、それぞれ解説していきます。

2-1:予備校・塾を比較する基準として不適切

 合格率や合格実績は予備校選びの指標としては当てにならないと1章でお伝えしてきました。

これは、以下の2点の理由からでした。

  • そもそも合格率を公表している予備校が少ない
  • 「合格率」や「合格実績」の基準が予備校ごとに異なる

これ以外にも、予備校選びの指標として合格率を参考にしない方が良い理由があります。

それは、その予備校・塾ごとにターゲットとしている生徒の層が違い、その層の違いによって合格率は変わってくるからです。

例えばその予備校・塾が「優秀な受験生だけを受け持つ方針」であれば、そもそも成績の良い生徒が集まり合格率も高い傾向にあるはずです。

一方で「成績の悪い人を合格に導くことを得意としている予備校や塾」の場合、成績下位者が集まる可能性が高く、元々の成績のままでは受からなかったはずの生徒の内、半数が合格できたとしても、結果として合格率は50%となってしまいます。

このように、予備校や塾の内情を知らずに、表に出る合格率だけで予備校を選ぶのは非常に難しいため、合格率や合格実績だけを比較して、

「この予備校は合格率が高いから入りたい!」

「この塾は合格実績が少ないからやめておこう」

などと考えてしまうと、本当に自分に合う予備校・塾が選べない可能性があります。

2-2:成績別の合格率は参考になることも

 ここまで、合格率は予備校を選びの参考にはならないとお伝えしてきましたが、稀なケースですが合格率を参考にしても良い場合があります。

それは、予備校や塾が 「入塾時にこれぐらいの成績だった人がどれだけ合格したか」 などの情報を公表している場合です。

例えば、

  • ○○大学の成績下位者でも合格率が80%
  • 6年生の夏の模試で合格圏外だった人の80%が合格

など具体的な入塾時の成績と合格率が分かれば、自分がそれに当てはまっている場合は参考にしても良いでしょう。

また、その際にその予備校・塾の方針を確認し自分が合格するイメージが持てるのであれば、入塾の参考になるかもしれません。

3章:合格率以外の予備校・塾選びで大事なポイント

合格率以外の予備校・塾選びで大事なポイント

ここまで1章では、歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこととして予備校選びにおいて合格率・合格実績は重要ではないこととその理由について、2章では予備校・塾を合格率で選ぶことをおすすめしない理由についてお伝えしてきました。

では、予備校や塾選びの際に合格率以外の何を手掛かりにして選べばよいのでしょうか?

この3章では、合格率以外の予備校・塾選びで大事なポイントについてお伝えしていきます。

3-1:最も重要なのは予備校・塾との相性

 ここまで予備校選びの際に合格率は気にしない方がよい理由について解説してきました。

では予備校選びの際に最も重要なことは何かというと、それは「ご自身と予備校・塾との相性」です。

相性が良い塾に入り、講師と二人三脚で国家試験に向かっていければそれが合格への大きな原動力となります。

逆に合わない予備校や塾に入ってしまい「なんとなく合わない」と感じつつ漫然と勉強を続けてしまうと、国家試験までの貴重な勉強時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

もしあなたが既に予備校や塾に入っていて「なんとなく講師と合わない」「講義についていけない」と感じている場合には、その疑問や不安をそのままにせず、講師やチューターに相談したり、それでも解決しない場合には早めに他の予備校や塾も検討したり体験に行ってみることをおすすめします。

もちろん、一度入った予備校・塾を辞めて違うところに移るとなると、短期的に見れば余計な授業料や費用が掛かってしまうでしょう。

しかし、国試に不合格となり翌年も浪人することになった場合には、学費や教材費、生活費(一人暮らしの場合は家賃も)を含めると、総額でおよそ200万~1,000万円近くの費用が再び必要となってしまいます。

そのため、もしあなたがすでに予備校や塾に通っており、講師と相性が悪いと感じた際には、ぜひ一度、受験のプロに相談してみてください。

当メディア「歯科国試ドットコム」を運営するオンライン個別指導塾「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

こちらのLINEからお気軽に相談ください。

3-2:判断基準となる3つのポイント

合格率以外の予備校・塾選びで大事なポイント

では、これから予備校・塾選びをする際や予備校を変えようと考えた時には、自分に合うかどうかをどのように判断すればよいのでしょうか。

ここでは、自分に合う予備校・塾を選ぶ際の判断基準についてお伝えしていきます。

予備校・塾選びの判断基準として以下の3つが挙げられます。

  • 講師の質
  • カリキュラムの充実度
  • 学習環境・サポート体制

では、それぞれ解説していきます。

3-1-1:講師の質

 まず、予備校・塾選びの判断基準として挙げられるのが「講師の質」です。

実際に指導を行う講師の質が確保されているかどうかは、国家試験に向けた学習を効率よく進めていくためにも重要です。

そのため、

  • 講師は担当制
  • 講師の質は高いか(実績のあるプロかどうか)
  • 正社員か副業(アルバイト)か

など、きちんと確認しておくことをおすすめします。

例えば、副業やアルバイトの講師の場合、受験の内情に精通していなかったり、その講師の都合によって予定が変更になったりするリスクがあります。

また、講義以外の時間でどのようなサポートを行ってくれるかも重要です。

例えば、

  • 日々の学習進捗を分析してくれる
  • メールやチャットで質問にはすぐ答えてくれる

などのサポートがある予備校や塾だとより安心と言えるでしょう。

また、大手予備校では、実績のある講師や業界で有名な講師など、その講師の指導の特徴や実績が公表されている場合もあります。

そのため、講師の指導法や実績などを確認出来る場合には、それらを確認した上で「この人の講義を受けたい!」と思えるかどうかも予備校選びの際の重要な要素のひとつです。

3-1-2:カリキュラムの充実度

 次に、予備校・塾選びの判断基準として挙げられるのが「カリキュラムの充実度」です。

予備校や塾の学習カリキュラムは、あなたの現在の学力と照らし合わせて過不足のないカリキュラムであることが理想です。

カリキュラムの

  • レベルが高すぎる
  • 量が多すぎる

場合には勉強に追いつけず、学習効率が下がってしまう可能性があります。

逆にカリキュラムの

  • レベルが低すぎる
  • 量が少なすぎる

場合では、なかなか成績が上がらない可能性もあります。

また、試験範囲をただ網羅しているだけだったり、ただ一方通行的に教えられるような講義形式よりも、あなたのアウトプットをきちんと見て学習の進捗を判断してくれるようなカリキュラムの方がおすすめです。

なぜなら、歯科医師国家試験に向けた学習で最も重要なことは、知識を定着させるためのアウトプットだからです。

歯科医師国家試験の勉強法については、コチラの記事でも詳しく解説していますので、勉強法に悩まれている方はぜひ一度ご覧ください。

【歯科医師国家試験】効率的な勉強法、科目・分野別のおすすめ勉強法

3-1-3:学習環境・サポート体制

 最後に、予備校・塾選びの判断基準として挙げられるのが「学習環境やサポート体制」です。

予備校や塾を利用することでどのような学習環境を得られるのか、また受けたいサポートがあればその体制が整っているのか、は確認しておきたいポイントです。

学習環境とは、例えば以下のようなものです。

  • 気兼ねなく質問ができるか
  • 質問にはすぐ答えてくれる
  • (自習室がある場合)集中できる環境

また、ほとんどの予備校や塾で講師やチューターなどに質問は可能ですが、

  • 相談は予約制なのか
  • メールや電話、LINEなどで気軽に相談できるのか

などご自身が利用したい方法で質問可能かは確認しておくことをおすすめします。

また、大手予備校では研修マッチングや国試出願のサポートなどを行っているところもあり、このようなサポートを受けたい場合にはサポート体制が整っているかを確認しておきましょう。

4章:オンライン個別指導塾「60日合格塾」のご紹介

 ここまで1、2、3章を読んで、例えばこんな気持ちはありませんか?

「合格率が高いと聞いて大手予備校に入ってしまったけど、本当に自分に合う予備校なのか分からなくなってしまった…」

「合格率は参考にならないことは分かったので、いろんな予備校や塾を比較してみたい!

そのような方向けに、当メディアを運営する「60日合格塾」についてのご紹介です。

4-1:60日合格塾の特徴

 「合格率が高いと聞いて大手予備校に入ってしまったけど、本当に自分に合う予備校なのか分からなくなってしまった…」

→当塾の無料の体験講義では、zoomでの模擬講義に加え

  • アウトプット指導
  • 学習カウンセリング

も行います。

あなたの現在の学力や強み弱みを診断し、最適な学習方法のアドバイスも行っていきます。

あなたには大手予備校が合うのか?当塾の学習方法がおすすめなのか?無料で相談に乗りますので、今の学習方法に迷いがある方はぜひ一度ご相談ください。

「合格率は参考にならないことは分かったので、いろんな予備校や塾を比較してみたい!」

→当塾はオンライン型の講義で予備校に通う必要なし。

動画講義だけでなくプロ講師との1対1のzoomでの講義があり、集中力を持続させます。

当塾があなたに合っているかどうか、予備校選びに迷っている方は、ぜひ一度無料の体験講義を受講し、比較材料にしてみてください。

また、現在の成績で合格できるのか?今の勉強方法であっているのか?

歯科医師国家試験に関する疑問やお悩みは、受験のプロである当塾に何でもご相談ください。

当塾に入塾しなくても、もちろん相談費用は無料です。

もしあなたが勉強法や予備校選びに不安や迷いを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

ここからは、当塾の特徴と推奨する学習方法と無料相談で可能なことについて、さらに詳しく説明していきます。

4-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

 60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで、60日合格塾では大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

一般的なテキスト

このインプット方法は当塾に通わなくても自らの力で作ることでも実現可能ですので、無料面談ではその方法の紹介もさせていただきます。

4-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

 実は、学習を進める際にはインプットだけでなく、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

1つの科目の問題に対して、さまざまな方向から知識をアウトプットしながら解く

無料相談の中では、このようなアウトプットメインの講義形式を実際に体験して頂くことも可能です。

4-1-3:完全オンライン 全国対応可能

 当塾は、面談〜入塾〜受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

4-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

 予備校探しのお悩み、歯科医師国家試験に向けての勉強法、自分なりに学習しているが漠然とした不安がある、など「60日合格塾」になんでもご相談ください。

4-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

 塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

4-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

 実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

4-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、こちらのフォームからお申し込みいただければ、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:歯科医師国家試験予備校を選ぶ際には合格率ではなく自分との相性を確認する!

 歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこと

  • 予備校選びにおける合格率・合格実績の重要性は低い
  • 予備校の合格率に関する情報の少なさとその理由
    • 合格率や合格実績を公表することのデメリットが大きいため

 

予備校・塾を合格率で選ぶのがNGな理由

  • 予備校・塾を比較する基準として不適切
    • そもそも合格率を公表している予備校が少ない
    • 「合格率」や「合格実績」の基準が予備校ごとに異なる
    • 予備校ごとにターゲット層が異なる
  • 成績別の合格率は参考になることもあり

 

合格率以外の予備校・塾選びで大事なポイント

  • 最も重要なのは予備校・塾との相性
  • 判断基準となる3つのポイント
    • 講師の質
    • カリキュラムの充実度
    • 学習環境・サポート体制

もしも、この記事を読んでも歯科医師国家試験合格に向けた学習計画の立て方や予備校選びにご不安やお悩みがある場合は、

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、歯科医師国家試験合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア