【歯科医師国家試験】個別指導塾のメリット・デメリットと選ぶ際のポイント

  • 公開日:2023.06.12
  • 更新日:2023.07.12
  • 68 views
【歯科医師国家試験】個別指導塾のメリット・デメリットと選ぶ際のポイント
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験の合格を目指しているあなたは、

「予備校や塾は考えているけど集団指導はどうも性格に合わない

集団指導と個別指導の塾の違いを知りたい」

個別指導塾が合っているのはどんな人?

などとお考えではありませんか?

歯科医師国家試験には数多くの予備校や塾があり、

  • 予備校の集団授業コース
  • 予備校の個別授業コース
  • 個別指導塾(通学型)
  • 個別指導塾(オンライン型)
  • 家庭教師

など、授業スタイルも様々です。

受験生にとって予備校や塾は強力なサポートが受けられる場所ですが、実はその選び方が何よりも重要です。

なぜなら、自分に合わない予備校や塾を選んでしまうと、成果につながりにくい上、時間もお金も無駄になってしまう可能性があるからです。

実際に当メディアが運営する60日合格塾に寄せられた相談でも

「友達と一緒に集団授業の大手予備校に通ったけれど、授業のペースについていけずに辞めてしまった」

「大学が忙しいので個別指導塾に入ることを考えているが、講師との相性が合うか不安」

という声が寄せられています。

現在の予備校や塾は多様化してきており、ますますそれぞれの違いがわかりにくくなっています。

大手予備校では広く広告を出しているところもあり比較的情報を得やすいですが、個別指導塾では情報が少なく判断するのが難しいのが現状です。

そこでこの記事では、

  • 個別指導塾のメリット・デメリット
  • 個別指導塾に通うべき人の特徴
  • 失敗しない個別指導塾選びのポイント

について詳しく解説します。

この記事を読むことで、個別指導塾の特徴と選び方が分かり、よりあなたに合った塾を選ぶことができるでしょう。

また、それでもどうしても不安だという方向けに、4章では無料相談サポートについても案内しておりますのでぜひ、最後まで目を通してみてください。

1章:個別指導塾のメリット・デメリットを知ろう

自分には個別指導塾が合っているのか判断するためには、まず個別指導塾の特徴とメリット・デメリットについて知ることが必要です。

そこで1章では、

  • 歯科国試における個別指導塾の特徴
  • 個別指導塾に通うメリット
  • 個別指導塾に通うデメリット

について解説していきます。

1-1:歯科国試における個別指導塾の特徴

 個別指導塾は、個人に合わせた効率の良い学習が可能となる点が特徴です。

ご存じのとおり、歯科医師国家試験の出題範囲は膨大です。

大学であっても予備校・塾であっても、授業内の時間だけで全ての知識を補完することは非常に難しいと言えます。

そこで、他の受験生と差をつけるために最も重要となるのが自己学習の時間です。

自己学習では必ず分からないところが出てきますが、限られた受験生活の中では、いかに時間を掛けずにそれらを解決し次に進めるかがカギとなってきます。

また、自己学習では客観的な視点が得づらいこともあり、苦手や弱点の発見とその解決が遅れてしまいがちです。

加えて、成果の出にくい「自分なりの勉強方法」を延々と続けてしまうリスクもあります。

そんなとき、大きな助けとなるのが個別指導塾です。

講師は多くの受験生を指導してきた経験をもとに苦手分野を素早く指摘することができます。

また、疑問点を解決するための適切なアドバイスをすることができます

個別指導を受けることで、自分の弱点や解決法をより早く見つけることができ、自分に特化したより効率の良い勉強方法を取り入れることができるのです。

1-2:個別指導塾に通うメリット

では、次に個別指導塾に通うメリットについて解説していきます。

個別指導塾に通うメリットは以下の3つです。

  • 自分に合った適切な指導を受けられる
  • 自分の理解度に合わせた学習カリキュラムを設計してもらえる
  • 自分の都合に合わせた講義日時を選べる

1-1でもお伝えしたように、個別指導塾では1対1の講義形式で自分に合った適切な指導を受けられる点が最大のメリットと言えます。

また多くの個別指導塾では、指導を受けられるだけでなく、生徒個人に合わせたオリジナルのカリキュラムを組んでくれたり、模試の復習なども含めた年間の学習計画を管理してくれます。

これにより、国家試験で必要な範囲を余すことなく学習することが出きるのです。

つまり、しっかりと講義についていくことで合格への最短距離を進むことができるとも言えるでしょう。

さらに、自分の都合に合わせた講義時間を選べるのも大きなメリットです。

たとえば、個別のオンライン講義などでは、教室型の講義では難しい早朝や夜間の講義に対応しているケースがあります。

日中にまとまった時間が取りにくい場合でも利用しやすい授業スタイルと言えるでしょう。

1-3:個別指導塾に通うデメリット

では、次に個別指導塾に通うデメリットについて解説していきます。

個別指導塾に通うデメリットは以下の3つです。

  • 講師の質や相性に大きく左右される
  • 自ら主体的に学習を進める必要がある
  • 分析する力や質問する力が必要となる

 

・講師の質や相性に大きく左右される

個別指導塾のデメリットとして、講師の質や相性に大きく左右されてしまうことが挙げられます。

個別指導塾は1対1の授業となる分、講師との相性が学習成果に大きく影響します。

在籍講師が1名だけだったり、担当交代ができない塾では注意が必要です。

このデメリットを避けるために、塾を選ぶ際には無料相談を利用して講師の雰囲気を確認したり、講師交代が可能か確認しておくことがおすすめです。

 

・自ら主体的に学習を進める必要がある

次に、1日中講義を受けるのではなく、自ら主体的に学習を進める必要があることも挙げられます。

いつどの勉強をするか計画を立てる習慣がない場合は少し慣れが必要でしょう。

 

・分析する力や質問する力が必要となる

個別指導塾では、質問形式で講義が進むことが多いため、自分の分からないところを分析する力や、それらを適切な言葉で質問する力が必要となります。

質問によって講師のアドバイスも変わってくるため、どこがなぜ分からないのか、きちんと講師に伝えられるかが学習効率に影響してきます。

2章:個別指導塾に通うべき人の特徴

1章では個別指導塾の特徴とそのメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

次に2章では、個別指導塾に通うべき人の特徴について解説していきます。

個別指導塾に通うべき人の特徴は、以下の4つです。

  • 自力で勉強計画を立てられない
  • 周りに質問ができる人がいない
  • 自分のペースで勉強したい
  • 苦手科目がはっきりしている

個別指導塾に通うべき人の特徴

では、ひとつずつ解説していきます。

2-1:自力で勉強計画を立てられない

まず、歯科医師国家試験対策として個別指導塾を利用した方が良い人の特徴として「自分で勉強計画を立てられない」ことが挙げられます。

これは、単に毎日の勉強計画を立てることだけを指すのではありません。

より大切なのは、試験本番までの日数を考慮して、国家試験の出題傾向や出題基準を把握した上で適切な勉強方針が立てられているか、ということです。

「この科目は得意だからまた明日にしよう」

「今回の模試ではこの科目の得点が低かったから集中的に勉強しよう」

などと、何となくその日の流れで勉強計画を立てている人は特に注意が必要です。

勉強計画を立てるためには、まず正しく分析することが何より大切です。

国試で問われるポイントと自分の弱点をきちんと把握することによって、これからこなすべき勉強範囲と量が見えてくるからです。

その上で、「ここまで分かるようになったら次に進む」という基準を自分の中に持って振り返りながら勉強することで、より効率的に学習を進めることができるようになります。

逆に言えば、このような、「分析・自己学習・振り返り・振り返りに基づく勉強計画の改善」が自分でしっかり出来ている人は、個別指導塾なしでも国家試験合格に近づける人だと言えます。

一方で、この学習計画の立て方や自己分析、国家試験の出題傾向の把握などに少しでも不安がある人は個別指導塾を活用し、国家試験までの学習計画やカリキュラムを組んでもらうことをおすすめします。

当メディアを運営する「60日合格塾」では無料のオンライン相談を受け付けており、その中で学習方法のアドバイスなども行っています。

学習計画の立て方に不安がある方はぜひ一度ご相談ください。

【60日合格塾】

2-2:周りに質問ができる人がいない

 歯科医師国家試験対策として個別指導塾を利用した方が良い人の2つ目の特徴として「周りに質問できる人がいない」ことが挙げられます。

受験勉強を進める中では誰でも、どうしてもわからない分野が出てきたり、勉強方法に行き詰まるなどの悩みを感じることがあります。

もし今あなたが大学や予備校に通っている場合、そのようなときは講師や周りの友人を頼ることができるでしょう。

しかし、自宅で自己学習しているなど周りに質問できる人がいない場合、すべて自力で解決する必要があります。

そうすると、いつまでも悩みが解決しなかったり、解決までに時間がかかってしまう可能性があります。

親や兄弟など家族に歯科医師がいる場合も質問できる人がいない状況に近いと言えます。

なぜなら、彼らは現在の受験状況を知っているわけではないからです。

歯科医師国家試験を受けてから一定の時間が経つことで知識が抜け落ちることもありますし、当時と現在では出題傾向も変わっています。

質問することで逆にあなたが混乱してしまう可能性があるのです。

限られた受験期間の中で、解決方法を探すことに時間をかけるのは大きなロスとなります。

それよりも、個別指導塾のようにプロのアドバイスをもとに疑問を次々と解決できる環境のほうが効率良く勉強できると言えるでしょう。

2-3:自分のペースで勉強したい

歯科医師国家試験対策として予備校や塾を利用した方が良い人の特徴として「自分のペースで勉強したい」ことが挙げられます。

そもそも大学の講義が忙しい人や、浪人生で仕事と両立している人では、まとまった勉強時間が取りにくい場合も多いです。

限られたスケジュールを有効活用するためには、柔軟にカリキュラムを組むことができる個別指導塾がおすすめです。

また、大学や、大学受験時に通った予備校などでこんな経験はないでしょうか。

  • 人間関係を気にしてしまう
  • 周りにつられてやる気がなくなってしまう
  • 逆に周りのガツガツした雰囲気についていけない

そう感じることが多い人は、周囲に人がいないほうが自分のペースを作りやすい可能性があります。

個別指導塾では、講師とマンツーマンで落ち着いて勉強することができます。

周りの状況でペースを乱されやすい人にはおすすめの環境と言えるでしょう。

2-4:苦手科目がはっきりしている

また、「苦手科目がはっきりしている」人も個別指導塾が向いていると言えます。

なぜなら、個別指導塾では自分の学力や理解度に合わせた学習カリキュラム設計が可能だからです。

多くの大学や集団指導型の予備校では、広い出題範囲を均等に学べるよう講義が組まれています。

この学習スタイルは一見良いように思えますが、ひとつの科目に割ける時間が限られるため、よく理解できないまま講義が進んでしまったり、自分の苦手科目を重点的に学習できないというデメリットがあります。

一方、個別指導塾では、生徒ごとに別々の学習科目や学習時間を設定することができます。

深く理解できるまで時間をかけて復習したり、苦手科目を重点的に選択することが可能となるのです。

苦手科目がはっきりしている人ほど、個別指導塾の学習スタイルは効果的と言えるでしょう。

3章:失敗しない個別指導塾選びのポイント

3章では、あなたに本当にあった個別指導塾を選んでもらうために失敗しない個別指導塾選びのポイントについて解説していきます。

失敗しない個別指導塾選びのポイントには、以下の4つが挙げられます。

  • 受講形式(通学 or オンライン)を決める
  • 講師の質をしっかりと確認する
  • 授業料は総費用で比較する
  • 一番需要なのは予備校・塾との相性

また、こちらのチェックリストもぜひ参考にしてみてください。

個別指導塾を選ぶ際のチェックリスト

では、ひとつずつ解説していきます。

3-1:受講形式(通学orオンライン)を決める

まず、失敗しない予備校・塾選びのポイントとして「自分に合った受講形式を決める」ことが挙げられます。

歯科医師国家試験の個別指導塾の受講形式は通学型オンライン型に分けられます。

通学型の個別指導は、

  • 実際に先生と顔を合わせるかどうか
  • 手元を見てもらえるかどうか

という特徴がありますが、通学時間をかけるほどのメリットがあるかどうかはよく検討する必要があります。

また、オンライン型では臨場感に欠けるのではないか、という相談を受けることがありますが、これも通学型とほぼ変わりないと考えています。

例えば、集団指導の講義をオンラインもしくは録画で受講した場合は、一方向の講義となりやすく臨場感に欠け、眠くなるなど明らかなデメリットがあります。

一方、個別指導ではZoom等のオンライン上とはいえ、1対1の双方向の授業となり気が抜けません。

いつ質問されるかわからないため、集中力が欠けることはないですし、常に先生の顔が画面に映っていることで、通学型の個別指導よりも緊張感があるという見方もできます。

塾を選ぶ際はどちらの授業スタイルが自分に合うのかをよく検討することが大切ですが、得られる効果に大きな差がなく勉強時間が確保しやすい点から見れば、通学時間が節約できる分オンライン型のほうがおすすめと言えるでしょう。

3-2:講師の質をしっかりと確認する

次に、失敗しない個別指導塾選びのポイントとして「講師の質をしっかりと確認する」ことが挙げられます。

個別指導では1対1の授業となるため、良くも悪くも講師に左右されます。

そのため、

  • 講師は担当制か
  • 講師の質は高いか(実績のあるプロかどうか)
  • 正社員か副業(アルバイト)か

などをきちんと確認しておくことが大切となります。

例えば、副業やアルバイトの講師の場合、受験の内情に精通していなかったり、その講師の都合によって予定が変更になったりするリスクがあります。

また、講義以外の時間でどのようなサポートを行ってくれるかも重要です。

例えば、

  • 日々の学習進捗を分析してくれる
  • メールやチャットで質問にはすぐ答えてくれる

などのサポートがある塾だとより安心と言えるでしょう。

3-3:授業料は総費用で比較する

次に、失敗しない個別指導塾選びのポイントとして「授業料は総費用で比較する」点が挙げられます。

個別指導では「1コマあたり◯万円〜」などの料金体系が一般的です。

比較的安価に見えるかもしれませんが、国試の出題範囲すべてを講義で教わろうとすると、かなり高額になる可能性があります。

ですので、自分にはどのくらいのコマ数が必要なのか、年間で受講すると総額がいくらになるかなどを事前に計算しておくことが重要です。

加えて、塾によってはテキストや参考書を自分で購入する必要がある場合があります。

授業料以外にかかる費用についても明確にしておくことが大切です。

3-4:一番重要なのは個別指導塾との相性

ここまで失敗しない個別指導塾選びのポイントを解説してきましたが、最も重要なことはご自身と個別指導塾との相性です。

この個別指導塾が良い!と思って入塾しても「なんとなく講師と合わない」「講義についていけない」と感じる場合もあります。

そのような時には、その疑問や不安をそのままにせず、すぐに講師やチューターに相談しましょう。

それでも解決しない場合は、早めに他の予備校や塾を検討したり体験授業を受けてみることをおすすめします。

なぜなら、なんとなく合わないと感じつつ漫然と勉強を続けることで、国家試験までの貴重な勉強時間を無駄にしてしまうからです。

たしかに一度入った個別指導塾を辞めて違うところに移るとなると、短期的に見れば余計な授業料や費用が掛かってしまうため、ためらう気持ちもわかります。

しかし、もし国試に不合格となり翌年も浪人することになった場合、学費や教材費、生活費(一人暮らしの場合は家賃も)を含めると、総額でおよそ1,000万円近くの費用が再び必要となってしまいます。

そのため、もしあなたが通う個別指導塾と相性が悪いと感じた際には、ぜひ一度、受験のプロに相談してみてください。

当メディア「歯科国試ドットコム」を運営するオンライン個別指導塾「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

こちらのLINEから気軽に相談ください。

4章:オンライン個別指導塾「60日合格塾」のご紹介

 ここまで1章、2章、3章を読んで、例えばこんな疑問やお悩みはありませんか?

「個別指導塾のメリット・デメリットは分かったけれど、自分に合っているかよくわからない」

「個別指導塾や講師の雰囲気がわからなくて不安」

「自分には個別指導塾が向いてそうだけど、どの塾が自分に合うのか分からない」

そのような方向けに、当メディアが運営する「60日合格塾」についてのご紹介です。

4-1:60日合格塾の特徴

 「60日合格塾」は歯科医師国家試験対策に特化したオンライン型の個別指導塾です。

この章では、当塾の特徴と推奨する学習方法と無料相談で可能なことについて説明していきます。

4-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで、60日合格塾では大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

一般的なテキスト

このインプット方法は当塾に通わなくても自らの力で作ることでも実現可能ですので、無料面談ではその方法の紹介もさせていただきます。

4-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

実は、学習を進める際にはインプットだけでなく、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

1つの科目の問題に対して、さまざまな方向から知識をアウトプットしながら解く

無料相談の中では、このようなアウトプットメインの講義形式を実際に体験して頂くことも可能です。

4-1-3:完全オンライン 全国対応可能

当塾は、面談〜入塾〜受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

4-2:塾探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

もしあなたが、

  • どの塾を選べばよいかわからない
  • 歯科医師国家試験に向けての勉強法で迷っている
  • 自分なりに学習しているが漠然とした不安がある

など、受験勉強について悩みを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

4-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

4-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

 実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

4-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

 もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、お申し込みいただければ、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:こんな人は歯科医師国家試験で個別指導塾に通うべき!

今回の記事の内容をまとめます。

歯科医師国家試験対策で個別指導塾を選ぶときの注意点として以下の3つについて解説しました。

  • 歯科国試における個別指導塾の特徴
  • 個別指導塾に通うメリット
  • 個別指導塾に通うデメリット

また、個別指導塾に通うべき人の特徴は以下の3つでした。

  • 自力で勉強計画を立てられない
  • 周りに質問できる人がいない
  • 自分のペースで勉強したい

失敗しない個別指導塾選びのポイントについては、

  • 受講形式(通学 orオンライン)を決める
  • 講師の質をしっかりと確認する
  • 授業料は総費用で比較する
  • 一番重要なのは予備校・塾との相性

について解説しました。

もし、この記事を読んでも個別指導塾選びにご不安やお悩みがある場合は、

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、自分に合う予備校・塾選びを進めていきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア