【歯科医師国家試験】家庭教師・予備校の選び方4選と適切な選び方

  • 公開日:2024.04.01
  • 更新日:2024.04.01
  • 23 views
【歯科医師国家試験】家庭教師・予備校の選び方4選と適切な選び方
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験、家庭教師・予備校の選び方4選あなたは、

  • 歯科医師国家試験の家庭教師のおすすめを知りたい
  • 家庭教師と予備校(塾)の比較を知りたい
  • 歯科医師国家試験に合格したい

このようにお考えではありませんか?

結論から先にお伝えすると、歯科医師国家試験対策には、家庭教師や予備校を利用することをおすすめです。

しかし、その一方でどの家庭教師を選ぶか、どのようなサービスがあるかを見極めることは難しいですよね。

そこでこの記事では、歯科医師国家試験の現役合格を狙う歯科大生向けに

  • 歯科国試の家庭教師の選び方
  • 親御様向けの歯科国試の家庭教師を選ぶポイント
  • 現役歯科大生におすすめの家庭教師サービス

について解説します。

また、家庭教師サービスだけでなくオンライン予備校も比較検討できるようにも解説します。

この記事を最後までお読みいただき、あなたに合った家庭教師を選んでみてください

1章:家庭教師の方が集団授業よりも向いている人

家庭教師と予備校などの集団授業の一番違う点はやはりマンツーマンだというところでしょう。

そのため、学校や塾だと他の生徒が気になって質問できないという人にはお勧めです。

また、マンツーマンのため授業時間から授業内容まで生徒さんの希望がある程度通ると言えるでしょう。

なので、ただ漠然と受け身で授業を受けるよりも家庭教師にしてもらいたいことは何か、家庭教師を雇う目的は何かをはっきりさせる必要があります。

例えば、

  • 全ての範囲を満遍なく授業をしてほしい
  • 予備校の授業の復習をしてほしい
  • 問題集や過去問の分からないところを主に教えてもらいたい
  • 学校や予備校の+αとして利用したい

などの目的があると思います。目的を決めてから講師と話し合うことでスムーズなカリキュラムを組んでもらえます。

2章:家庭教師のメリット・デメリット

この章では家庭教師と塾や予備校と比べたメリット・デメリットをご紹介します。

2-1:家庭教師のメリット

  • マンツーマンで指導してもらえる
  • 通塾の必要がない
  • 時間に融通が利く
  • 自分に合ったカリキュラムを組める
  • 他の生徒を気にせず気軽に質問できる
  • 質問をすぐにできる。
  • 自分の理解度に合わせて授業を進めてもらえ自分のペースで勉強できる
  • 自分が理解しやすい言い方に変換してもらえる
  • 分からない箇所をすぐに質問でき、その場で疑問を解決できるため徹底的に理解できるまで教えてもらえる
  • 苦手な分野を見つけてもらえる
  • 講師を変更しやすい

2-2:家庭教師のデメリット

  • 予備校よりも授業料が高い
  • 競争力が養われにくいため負けず嫌いの人には向いていない
  • 自分の部屋なので気が散る

3章:歯科国試の家庭教師の選び方

この章では、歯科医師国家試験の現役合格に向けて、以下の家庭教師の選び方4つについて解説します。

  • カリキュラムの充実度
  • 家庭教師の質と講義方法
  • 受験生自身との相性
  • 現役合格者数が多い

3-1:カリキュラムの充実度

塾や予備校には無いカリキュラムが充実されているか確認することは、重要な選び方のポイントです。

マンツーマンでの指導がメインのため、以下の項目がカリキュラムに含まれているかを確認してみましょう。

  • 個別面談
  • カウンセリング
  • 個別カリキュラム
  • テスト・模擬試験

3-2:家庭教師の質と講義方法

指導する家庭教師の質や講義方法も、サービス選びの際に確認しましょう。

難関大学の卒業生や、予備校での指導歴がある講師など、サービスによって講師の質はさまざまです。

家庭教師を雇う前にどんな条件を持った講師が良いかをある程度決めておきましょう。

例えば、生徒さんの性格で選ぶのも大事ですし、講師が同じ大学の卒業生の場合、大学のカリキュラムを既に知っているという強みもあります。

歯科に関する経験が豊富な講師が在籍しているか、教え方は分かりやすいかを、一度体験を通じ確認することをおすすめします。

3-3:受験生自身との相性

マンツーマンで長時間付き合う間柄になるため、受験生と講師の相性も事前に確認することがおすすめです。

サービスのなかには、一度講師と受験生が面談で会う機会を設けているものがあります。

また、どうしても相性が合わない場合は講師交代も可能です。

相性の良い講師と、歯科医師国家試験の現役合格を目指しましょう。

3-4:現役合格者数が多い

歯科国試家庭教師の一番重要な選び方は、現役合格者数が多いサービスかどうかです。

現役合格者数が多いサービスを選択することで、あなたの努力や時間が報われるでしょう。

そしてなにより、現役合格することでの一番のメリットは、費用が今以上にかからずに済むことです。

大学卒業後に希望の進路へ行くためにも、実績を確認することをおすすめします。

4章:【親御様向け】歯科国試の家庭教師を選ぶ4つのポイント

親御様向けの歯科国試の家庭教師を選ぶポイントは、以下の4つです。

  • 費用対効果はどうか
  • 受験生自身に合った指導ができるか
  • 受験生も親も安心して利用できるか
  • サポート体制が整っているサービスか

それぞれ解説します。

4-1:費用対効果はどうか

マンツーマン指導である家庭教師サービスは、費用が多くかかるでしょう。

支払う費用に見合った効果を受験生自身が得られるかを、よく見極めることをおすすめします。

とくに受験生の目標が現役合格の場合、現役合格者数が多い家庭教師サービスを選びましょう。

多浪してしまう場合、さらに費用が上乗せでかかってしまいます。

費用だけでなく受験生自身の時間を無駄にしないために、費用対効果をしっかり考えてみましょう。

4-2:受験生自身に合った指導ができるか

家庭教師に限らず、塾や予備校でも受験生自信に合った指導を受けられるかも、選び方のポイントのひとつです。

個別指導の相性が良い受験生もいれば、団体で学習するほうが相性の良い受験生もいます。

お子様がどのような指導方法に合っているかを、無料体験や話し合いで確認してから契約しましょう。

4-3:受験生も親も安心して利用できるか

家庭教師サービスを利用する場合、受験生自身の部屋で行うため、密室になりがちでしょう。

きちんと学習や指導を受けているか不安になるかと思います。

受験生自身も親御様も、「この講師なら任せられる」と安心できるサービスを選びましょう。

サービスのなかには、親御様に向けて学習状況や指導状況を報告してくれるものもあります。

不安が消えない場合は、報告や面談が内容に含まれている家庭教師サービスを選ぶことをおすすめします。

4-4:サポート体制が整っているサービスか

受験生だけでなく親御様向けにもサポート体制が整っているサービスかを確認しましょう。

電話や面談、カウンセリングで定期的にお子様の現状を報告してもらえるようなサポートがあるとなお安心できると思います。

  • 入会前に指導無料体験があるか
  • お子様の現状の学力の分析
  • 模擬試験の結果と分析
  • 課題の進度や取り組み方

上記のような入会前だけでなく、入会後もサポート体制が整っているサービスを選択することで、家族全員が安心・納得できるでしょう。

5章:現役歯科大生におすすめの家庭教師サービス

現役歯科大生におすすめの家庭教師サービスは、以下の2つです。

  • PREP(プレップ)デンプロ
  • プロ家庭教師のウェルズ

それぞれ解説します。

5-1:PREPデンプロ

【特徴】

「PREPデンプロ」は家庭教師だけでなく、予備校や個別指導塾も運営している点が特徴的です。

指導スタイルは、以下から選択可能です。

  • 自宅での家庭教師指導
  • 自宅でのWeb授業
  • 教室での指導(秋葉原教室/上野教室)

また、すべての講師が歯科医師資格を持っているため、歯科国試にまつわる全科目を指導してくれます。

【主なカリキュラムの内容】

カリキュラムは受験生ごとにオーダーメイドで決められますが、「歯科医師コース」の場合の主なカリキュラムは、以下のとおりです。

  • 歯科医師国家試験対策
  • 歯科大学卒業試験対策
  • CBT対策
  • 定期試験対策
  • 定期試験・卒業試験過去問対策

【利用開始までの流れ】

利用開始までの流れは、以下のとおりです。

  • 入塾申し込み:問い合わせた受験生や親御様に、電話・メールで授業方針などの説明
  • カウンセリング:受験生の現状の学力、カリキュラム作成のための面談
  • 入金確認後に授業開始:自宅での遠隔授業、家庭教師指導、教室授業から希望のスタイルで実施

【費用】

どのコースも入塾料金は33,000円(税込)一律固定ですが、選択するコースや受講スタイルにより変動します。

コースごとの授業料は以下のとおりです。

  • 歯科医師国家試験対策:33,000円(税込)/1時間
  • 大学卒業試験対策:33,000円(税込)/1時間
  • CBT対策:27,500円(税込)/1時間
  • 定期試験対策:22,000円(税込)/1時間

【この家庭教師が向く人】

  • 歯科医師資格を持った講師から学びたい人
  • オーダーメイドのカリキュラムで学びたい人

PREPデンプロの詳細は、公式HPをご覧ください。

5-2:プロ家庭教師のウェルズ

【特徴】

「プロ家庭教師のウェルズ」は、御茶ノ水ウェルズグループ運営の家庭教師サービスです。

家庭教師と担任の二人担当制で、受験生の指導をしています。

状況により、相談のうえで家庭教師を交代することも可能です。

歯科国試対策の場合は、「歯学部受験対策専門家庭教師センター」を設けているため、こちらで専門の家庭教師サービスを受けられます。

【主なカリキュラムの内容】

オーダーメイドカリキュラムのため、実際の相談内容に応じたサポートを受けられます。

主なサポートの内容は、以下のとおりです。

  • 歯科医師国家試験対策
  • 歯科大学卒業試験対策
  • 共用(CBT・オスキー)対策
  • 定期試験対策
  • 定期試験・卒業試験過去問対策
  • 補習対策
  • 留学サポート

【利用開始までの流れ】

歯学部受験対策専門家庭教師センターを利用する場合、開始までの流れは以下のとおりです。

  • 問い合わせ:電話・メールで相談
  • 打ち合わせ:学習状況や予算で提案
  • 家庭教師の選考・紹介
  • 家庭教師と面談・体験指導
  • 契約・入会
  • 学習指導開始

【費用】

入会金は27,500円(税込)です。

月額の料金体系は「完全月謝制」となっており、受講料は月謝以外の費用はかかりません。

しかし、家庭教師派遣の際の交通費は、実費分のみ別途発生するようです。

週1日/月4回、各120分指導してもらう場合の月額費用は、52,800円(税込)です。

【この家庭教師が向く人】

  • 自宅で集中して学びたい人
  • 高品質のオーダーメイドカリキュラムで学びたい人

プロ家庭教師のウェルズの詳細は、公式HPをご覧ください。

6章:家庭教師だけでなく、オンライン予備校もおすすめ

自宅での学習も良いですが、家庭教師だけでなくオンライン予備校もおすすめです。

とくに現役合格を狙う受験生は、通学しながら受験対策をしなければなりません

タイムパフォーマンスを意識した、効率良い学習を目指したいでしょう。

家庭教師サービスは数が少ないこともあり、オンライン予備校もあわせて検討してみてください。

この章では、2つのオンライン予備校を解説します。

  • DENTAL ARENA(デンタルアリーナ)
  • 60日合格塾

6-1:DENTAL ARENA

【特徴】

「DENTAL ARENA」は、歯科医師国家試験突破のための、以下の技術の習得を訴求ポイントとしています。

  • 必要な知識
  • 格上とも渡り合える戦術
  • 最後まで戦い抜く精神力

「闘技場」をイメージして開設され、歯科国試合格のために洗練された指導方針を採用しています。

【主なカリキュラムの内容】

DENTAL ARENAの主なカリキュラム内容は、以下のとおりです。

  • オリジナルテキスト
  • 臨床講義・問題
  • 外部講師による合格体験講話
  • 試験過去問

【利用開始までの流れ】

受講開始までの流れは、以下のとおりです。

  • 問い合わせ:公式サイトのお問い合わせフォーム
  • 無料相談
  • 書類選考
  • 面談
  • 学習指導開始

【費用】

入会金は一律450,000万円(税別)ですが、受講費用は、全3コースごとに異なります。

  • スタンダード指導講座:120,000円(税別)/1ヶ月
  • ペースメーカー指導講座:50,000円(税別)/1ヶ月
  • CBT対策講座:40,000円(税別)/1ヶ月

【この予備校が向く人】

  • Zoomを利用し自宅で学びたい人
  • 少人数制のグループで学びたい人

DENTAL ARENAの詳細は、公式HPをご覧ください。

6-2:麻布デンタルスクールの個別指導

予備校最大手の麻布デンタルスクールの個別指導です。

オンラインでも対面でも可能です。

予備校最大手ともあって長年の指導ノウハウ、オリジナルテキスト共に信頼できるものとなっています。また模擬試験も開催しているので試験結果の講評なども聞くことができます。

利用開始までの流れですが、公式HPから初回カウンセリング予約ができます。

公式HPをご覧ください。

【費用】

44000円(税込)/1回2時間

6-3:60日合格塾

【特徴】

「60日合格塾」は、弊社が運営しているオンライン予備校です。

60日で歯科国試を合格できることをコンセプトとしており、現役の歯科医師が塾長として運営しています。

マンツーマンでのオンライン形式の個別指導塾です。

【主なカリキュラムの内容】

60日合格塾は、効率良いインプットとアウトプットに焦点を置いたカリキュラムを組んでいます。

当塾は、合格に必要な学習内容だけに特化し、余計な講義や知識の詰め込みを削ることで、予備校・塾で行われているムダを徹底的に省いた60日合格メソッドを作り上げました。

  • 各分野の60%の知識だけを、最小限のインプットで押さえる(1枚1単元のオリジナルテキスト+講義動画)
  • 徹底したアウトプットで、覚えた知識を引き出す力を鍛える(オンライン上で日報の提出、定期的な音声・動画でのチェック)
  • 残り40%の知識は消去法などの論理的な解法を身に付けて対応する
  • 質問はオンラインツールを通していつでも可能講師ができるだけ早く質問に解答

最小限の勉強時間・最低限の努力で合格ラインを超えることを目標にしています。

また、利用開始までの流れや費用などの詳細については、お問い合わせ後に明示されます。

60日合格塾の詳細は、公式HPをご覧ください。

まとめ:歯科国試現役合格に向けて、家庭教師だけでなく予備校選びも有力

結論としては、歯科医師国家試験の現役合格を狙うためには家庭教師だけでなく予備校選びも有力です。

通学しながら歯科国試対策をすることは、非常に大変でしょう。

時間や費用を無駄にしないために、以下の項目をポイントに講師を選んでみてください。

  • カリキュラムの充実度
  • 家庭教師の質と講義方法
  • 受験生自身との相性
  • 現役合格者数

また、親御様向けの家庭教師を選ぶポイントは、以下のとおりです。

  • 費用対効果はどうか
  • 受験生自身に合った指導ができるか
  • 受験生も親も安心して利用できるか
  • サポート体制が整っているサービスか

もしこの記事を読んでも、歯科医師国家試験の現役合格のための家庭教師選びに不安が場合、

  • たった60日で歯科国試に合格できる
  • 現役歯科医師が塾長でさまざまな相談が可能

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください。

60日合格塾の詳細をさらに知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

この記事の内容を参考に、歯科国試現役合格を目指しましょう

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア