【歯科医師国家試験】仙台の予備校おすすめ4選と予備校を選ぶコツ

  • 公開日:2023.09.18
  • 更新日:2023.09.18
  • 77 views
【歯科医師国家試験】仙台の予備校おすすめ4選と予備校を選ぶコツ
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

仙台エリアで受講可能な歯科国試予備校は?選び方も徹底解説!

あなたは、

  • 仙台エリアにある歯科国試予備校を知りたい
  • 仙台エリアにある歯科国試予備校は自分に合っているか知りたい
  • オンラインでの受講が可能か知りたい

とお考えではありませんか?

結論としては、仙台エリアで受講できる予備校は4つあります。

しかし、それぞれ予備校の特徴を調べ、その予備校は自分に合っているかを見極めることは大変ですよね。

この記事を読むことで、それらの予備校の特長を知り、選び方のポイントを知れます。

具体的には、1章では仙台エリアの4つの予備校の特長、2章では予備校選びのポイント、3章では完全オンライン型で全国どこでも受講可能な「60日合格塾」についてそれぞれ解説します。

この記事を読んで、あなた自身に最適な予備校を選びましょう。

1章:仙台エリアの歯科国試対策予備校は4種類

仙台地区で受講できる歯科国試対策予備校は4つ

この章では、仙台エリアで受講できる4つの歯科国試対策予備校について解説します。

  • 弘中塾
  • さいとう歯道塾
  • デンタル国進
  • 日本医師薬研修協会

それぞれについて解説します。

1-1:弘中塾

動画講義を用いたセミオーダーコースから、塾長の直接指導、出張講義、家庭教師など多様なコースが展開されています。

費用は230万円~780万円まで幅があり、コースや時間数により異なります。

卒試対策部(現役生)

  • 週4時間:230万円
  • 週8時間:460万円
  • 週10時間:550万円

国試対策部

  • 週4時間:310万円
  • 週8時間:620万円
  • 週10時間:780万円

地方での受講をする場合は、別途出張費も必要です。

各地域への出張費用は以下のとおりです。

  • 北海道(札幌市内):80,000円
  • 東北(郡山、仙台、盛岡、秋田の各市内):25,000円~42,000円

弘中塾は、オンデマンド動画講義によるモバイル弘中塾も展開しています。

質の高い国試対策講義を24時間いつでも 、自宅・電車内といった場所を問わず個人のペースや特性に合わせて学習できます。

モバイル弘中塾には、3つの特長があります。

①いつでもどこでも何回でも視聴可能

1講義は平均10程度で、スキマ時間を使った繰り返し学習が可能です。

②効率的学習サポート機能

倍速機能・メモ機能・演習問題機能が搭載され、効率的に学習可能です。

③個別の弱点克服課題

「解説ノート」作成・レポート課題・弘中添削指導を通して弱点克服ができます。

モバイル弘中塾の費用に関しては、資料請求でもらえる資料に掲載されています。

1-2:さいとう歯道塾

大手予備校では難しい個人の悩み、弱点、質問への対応や、在宅学習で難しい自己管理や情報不足を補う独自の指導法(さいとう式)による、「少人数教育」「個別指導」を組み合わせたコースが展開されています。

「個別指導」に関しては、オンラインでの指導も行なっています。

仙台・東北地区からの受講も可能です。

【費用】

個別指導のみ受講する場合は

1対1の指導:19,250円/時間(税込)

です。

もし、本科コースを受講する場合は、割引価格で受講可能です。

【こんな人におすすめ】

  • ある程度カリキュラムに沿って勉強したいが、大手予備校の進度についていく自信がない人
  • 自分の理解度に合わせて学習を進めていきたい人
  • 講師に沢山質問できる環境が良い人

にとっては、さいとう歯道塾を選ぶことは、大手予備校にはないメリットがあるといえるでしょう。

1-3:デンタル国進

デンタル国進の特徴は、完全個別・個室指導を全国の校舎(横浜、名古屋、西岐阜、大阪摂津富田、大阪牧野、岡山、大宮)で受けられるほか、遠方の場合はオンラインでの個別指導も可能です。

仙台・東北地区からの受講も可能です。

費用については、Webには記載されていないため、電話で問い合わせる必要があります。

1-4:日本医師薬研修協会

【特徴】

日本医師薬研修協会は、創立41年の実績があり歴史のある大手予備校です。

教科書や国試対策テキストも販売していることも特徴です。

国家試験の出願サポートなども受けることができ、学習に集中できる環境が整っています。

ID-LEARNINGというインターネット上のクラウドを利用したオンデマンド配信で、歯科医師国家試験対策講座を受講できます。

自宅でのPC受講や、Wi-Fi使用によるタブレットやスマホで受講可能です。

自分のスケジュールに合わせて、効率よく受験勉強できます。

費用は

受講料:132万円(税込

です。

特典として、歯科国試解説書「Complete+EXシリーズ」第112回〜第116回までを受け取れます。

2章: 歯科国試対策の予備校・塾選びのポイントを紹介

歯科国試対策の予備校・塾選びのポイント

この章では、歯科国試対策の予備校・塾選びポイントを解説します。

ポイントは、以下の6つです。

  • 受講形式(通学orオンライン)を決める
  • 授業料は総額で比較する
  • 教材や講師の質で比較する
  • 受講生のフォローが十分かどうか
  • 合格実績を確認する
  • 予備校・塾との相性が良いこと

それぞれ解説していきます。

2-1:受講形式(通学orオンライン)を決める

仙台・東北地区にいながら予備校・塾で国試対策を行うには、オンライン型が現実的です。

歯科医師国家試験の予備校・塾の受講形式は、通学型とオンライン型に分けられます。

  • 通学型の予備校・塾には毎日通って勉強する習慣がつく
  • 周りに受講生がいるのでモチベーションを保ちやすい

という特徴があります。

仙台・東北地区の予備校・塾は、通学型に対応しているものはありません。

「新幹線や高速バスを使って通学」

「下宿を借りて通学する」

ことも可能ですが、負担は大きいです。

通学時間をかけるほどのメリットがあるかどうかは、よく検討する必要があります。

また、オンライン型では、臨場感に欠けるのではないかという相談を受けることがありますが、これも通学型とほぼ変わりないと考えています。

例えば、集団指導の講義をオンラインもしくは録画で受講した場合は、一方向の講義となりやすく臨場感に欠けるため眠くなるなど明らかなデメリットがあります。

一方個別指導では、Zoom等のオンライン上とはいえ、1対1の双方向の授業のため気が抜けません。

いつ質問されるかわからないため集中力が途切れることはないですし、常に先生の顔が画面に映っていることで見方によっては通学型の個別指導よりも緊張感があるとも言えます。

予備校や塾を選ぶ際は、どちらの授業スタイルが自分に合うのかをよく検討することが大切ですが、得られる効果に大きな差がなく勉強時間が確保しやすい点から見れば、通学時間が節約できるオンライン型のほうがおすすめと言えるでしょう。

2-2:授業料は総額で比較する

予備校・塾の講義形式には、集団指導と個別指導がありますが、多くの場合、講義形式によって費用体系が変わります。

集団指導では、一年間など一定期間ごとに料金が設定される料金体系が一般的です。

一見費用が高く見える場合もありますが、その中に模試の費用や春季・夏季・直前講習の費用などが含まれている場合も多く、総額でみるとリーズナブルな価格設定になっている場合もあります。

個別指導では、「1コマあたり◯万円~」などの料金体系が一般的です。

比較的安価に見えるかもしれませんが、国試の出題範囲すべてを教わろうとすると、かなり高額になる可能性があります。

全範囲を網羅するのに、どのくらいのコマ数が必要なのか、年間で受講すると総額がいくらになるかなどを事前に計算しておくことが重要です。

加えて、授業料と別にテキストや参考書を、自分で購入する必要がある場合があります。

授業料以外にかかる費用についても、明確にしておくことが大切です。

2-3:教材や講師の質で比較して選ぶ

教材や講師の質をしっかり確認することも、非常に重要なポイントです。

集団指導と個別指導の確認ポイントは、以下のとおりです。

■集団指導の講師の質の確認ポイント

  • 実績のあるプロかどうか
  • 担当講義はわかりやすい

■個別指導の講師の質の確認ポイント

  • 実績のあるプロかどうか
  • 講師の得意分野はどこか
  • 自分と相性が良さそう

集団指導では分業制としていることが多く、分かりやすい講師と分かりにくい講師で、科目ごとに当たり外れがある点に注意が必要です。

指導実績があり講義がわかりやすい「当たり」の講師に出会えれば、成績の伸びが期待できる一方、自分に合わない・講義が分かりにくい「ハズレ」の講師だと、成績を伸ばすことが難しくなります。

また個別指導では1対1の授業となるため、講義の質は良くも悪くも講師に左右されやすい特徴があります。

個別指導では、分野ごとに講義を受ける場合が多いため、講師の得意分野を確認しておくとより学習効率が良くなります。

そのほか、講師の指導方法や性格面などが、自分にとって相性が良さそうか確認できるとより安心です。

また、教材の質も重要です。

自分にとってわかりやすい内容であるかどうかが重要です。

試験範囲は非常に膨大なので、すべてを網羅しているのが良い教材とはいえません。

あくまで、合格につながる教材であることが重要です。

2-4:受講生のフォロー体制が十分かどうか?

歯科医師国家試験は範囲が広いため、自分で学習計画を立てたり進捗状況を確認したりするのに苦労します。

また試験勉強開始後も、疑問点や学習上の悩みが出てきます。

これらの悩みに対するフォロー環境があるかどうかは、非常に重要です。

歯科医師国家試験対策は、長丁場でストレスのかかることです。

疑問点を残さず解消し、納得しながら学習を進めていくことが大事です。

講師やチューターへの相談や、チャットでの相談・質問が可能かも確認しましょう。

2-5:合格実績も確認する

合格実績は、その予備校の指導法が正しいことの裏付けにもなります。

合格実績が高いほど、質のよい講座の可能性が高く、安心して受講できます。

しかし、合格実績を公開していない予備校もあるので、一つの参考程度に考えるとよいでしょう。

2-6:予備校・塾との相性が良いことが最も重要

この予備校・塾が良い!と思って入っても、「なんとなく講師と合わない」「講義についていけない」と感じる場合もあります。

そのような時には、その疑問や不安をそのままにせず、すぐに講師やチューターに相談しましょう。

それでも解決しない場合は、早めに他の予備校や塾を検討したり体験授業を受けたりすることをおすすめします。

なぜなら、なんとなく合わないと感じつつ漫然と勉強を続けることで、国家試験までの貴重な時間を無駄にしてしまうからです。

一度入った予備校や塾を辞めて別のところに移る場合、短期的に見れば余計な授業料や費用が掛かってしまうため、ためらう気持ちもわかります。

しかし、もし国試に不合格となり翌年も浪人することになった場合、学費や教材費、生活費(一人暮らしの場合は家賃も)を含めると、莫大な費用が必要となってしまいます。

ですので、もしあなたが通う予備校や塾と相性が悪いと感じた際には、ぜひ一度、受験のプロに相談してみてください。

当メディア「歯科国試.com」を運営するオンライン個別指導塾「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

3章:完全オンライン型「60日合格塾」のご紹介

完全オンライン型の「60日間合格塾」もおすすめ

この章では、完全オンライン型「60日合格塾」について紹介します。

完全オンライン型なので、仙台・東北地区からの受講も可能です。

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

それぞれ解説していきます。

3-1:60日合格塾の特徴

「大手予備校は遠くて通うのは辛いけど、配信コースの動画講義だけでは集中力が続くか分からない」
→当塾は完全オンライン型の講義で予備校に通う必要なし。

動画講義だけでなくプロ講師との1対1のzoomでの講義があり、集中力を持続させます。

「個別指導塾で計画を立てて学習するのは難しそう。でも年間カリキュラムが決まっている集団講義についていけるのかは自信がない」


→あなたの学力に合ったオリジナルカリキュラムを組み、学習の進捗に応じて講師と相談の上、その都度計画を改善していきます。

また、一年間の学習計画の立て方についても無料で相談に乗ります。

「結局自分に合っているのはどの予備校なのか分からない」


→このようなお悩みでも無料で相談可能。

現在の成績で来年本当に受かるのか?

今の勉強方法であっているのか?

歯科医師国家試験に関する疑問やお悩みは、何でも相談ください。

当塾に入塾しなくても、もちろん相談費用は無料です。

もしあなたが予備校選びや勉強法に不安や迷いを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

3-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので、知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで、60日合格塾では大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

3-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

実は、学習を進める際にはインプットだけでなく、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

3-1-3:完全オンライン 全国対応可能

当塾は、面談~入塾~受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

3-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

予備校探しのお悩み、歯科医師国家試験に向けての勉強法、自分なりに学習しているが漠然とした不安がある、など「60日合格塾」になんでもご相談ください。

3–2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

3-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

3–2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は、「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:仙台エリアの歯科国試対策予備校は4種類。オンライン型も検討に入れよう

仙台エリアで受講できる歯科国試対策予備校は

  • 弘中塾
  • さいとう歯道塾
  • デンタル国進
  • 日本医師薬研修協会

の4つです。

予備校・塾を選びにあたっては

  • 通学の負担が少なく無理なく受講できるか
  • 1年間通してトータルでどのぐらい費用がかかるか
  • 自分に合った講師・教材であるか
  • 悩みや疑問点を解消する体制が整っているか
  • 合格実績がしっかりしているか
  • 予備校・塾と自分の相性は合っているか

を知ることが大切です。

これらのことを頭に入れて、あなたに最適な予備校を選びましょう。

また完全オンライン型の「60日合格塾」も歯科国家試験対策に有効です。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア