【大阪エリア】おすすめの歯科医師国家試験対策予備校の一覧

  • 公開日:2023.10.12
  • 更新日:2023.10.12
  • 203 views
【大阪エリア】おすすめの歯科医師国家試験対策予備校の一覧
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

大阪エリアで受講可能な歯科国試予備校は?選び方も徹底解説

あなたは、

  • 大阪エリアにある歯科国試予備校を知りたい
  • 大阪エリアにある歯科国試予備校は自分に合っているか知りたい
  • オンラインでの受講が可能か知りたい

とお考えではありませんか?

結論、大阪エリアで受講できる予備校は、5つあります。

しかし、それぞれ予備校の特徴を調べ、その予備校は自分に合っているかを見極めることは大変ですよね。

この記事を読むことで、それらの予備校の特徴を知り、選び方のポイントを知れます。

1章では大阪エリアの5つの予備校の特徴

2章では予備校選びのポイント

3章では完全オンライン型で全国どこでも受講可能な「60日合格塾」

についてそれぞれ解説します。

この記事を読んで、効率よく歯科国試対策を行なっていきましょう。

1章:大阪エリアの歯科国試対策予備校は5種類

大阪地区で受講できる歯科国試対策予備校は5つ

1-1:ドクターズセミナー

ドクターズセミナーは、大阪府豊中市にある歯科医師国家試験対策予備校です。

通学と配信コースの区別がなく、入塾すればどちらも受講できます。

併用しても別途費用はかかりません。

  • 切れ目のない系統的講義

Dr.’sセミナーは、週の時間割にしたがって毎週すべての科目の講義を繰り返します。

そして、基礎から応用や臨床へ、生理→薬理→口腔外科→麻酔と系統的に教えます。

Dr.'sセミナーでは、1科目を1人の講師が毎週、通年教える切れ目ない講義で、講師本人にいつでも直接質問して疑問点をすぐ解消することができます。

  • 講師への質問とiPad視聴で疑問を自信に変える

講義終了後には、講師へ質問ができます。

ドクターズセミナーの講師は、わかるまで徹底的に質問に答えてくれます。

また、当日の講義や過去の見逃した講義もiPadで視聴できます。

繰り返し視聴して復習・内容の確認ができます。

受験サポートもきめ細かいです。

個人面談を複数回行ってくれたり、臨床研修参加登録・願書記入説明会をサポートしてくれたりしてくれます。

【アクセス】

地下鉄御堂筋線(北大阪急行)緑地公園駅下車、西改札口を出てエレベータで三階。(改札と駅ビルは直結)

  • 新大阪より7分
  • 梅田(大阪・北新地)より14分
  • 難波より20分
  • 千里中央より6分

遠方から通学の場合は、近郊のマンション・アパートの相談も可能です。

1-2:MEI塾

  • 少人数制、個別指導

MEI塾では、3-4人の少人数制もしくは個別指導を中心に指導してくれます。

また、立地は都市部より離れており、遊び心を刺激する誘惑の少ない場所で、勉強に打ち込むことができます。

自宅での学習が難しい場合には、富田林市に下宿を用意してくれます。

歯科医師国家試験対策はもとより、その前段階の生活態度や学習態度の指導に重点を置き、「勉強する」ための生活基盤作りを徹底します。

  • 安心の管理システム

ご希望に応じて、日々の起床から電話で予定を確認するシステムを導入しています。

「朝、起きられない」ということが、受験勉強の大きな障害になっている浪人生は少なくないです。

そういった生活習慣の改善については、家族からの注意は逆効果に働くこともあります。

担当者がその部分から関わりサポートします。

さらに、「本当に勉強をしているのか?」と不安な親御さまに向けて、学習中の動画を配信することも行なっています、

  • 「合格は無理」といわれたが、チャレンジしたい

テストの点数が伸び悩み、大手塾から「合格は無理」と言われた方もサポートしてくれます。

生活態度や学習態度を改めるところから指導してくれます。

生活習慣や学習態度の改善がなければ、試験勉強そのものに取り組むことは困難です。

「まずはそこから改善する」という気持ちを共有し、一からサポートします。

多浪生も大歓迎です。

歯科医師国家試験を完全にあきらめてしまう前の、最後のチャレンジをお手伝いいたします。

・歯科医院の見学・研修

塾長は、歯科医院経営者でもあります。

随時歯科医院の見学や実技研修ができます。

実際に歯科医が働く現場を訪れると、「歯科医になる」という目標を改めて明確に持つことができ、学習をするモチベーションにもつながります。

また、OSCE(実技)が苦手だという場合にも、徹底した研修ができます。

浪人生だけでなく、現役生の学内試験対策としても活用できます。

  • 授業時間・授業料について

塾長の「浪人生の最後のチャレンジを応援したい」という思いから立ち上げた塾です。

そのため、特定のカリキュラムがなく、すべてカウンセリングののちに指導内容を決めています。

そのため、一律の授業料というものがありません。

利益度外視の運営ですが、ご相談のうえ経費分の実費について頂戴する方針です。

親御さまとのカウンセリング時に、必要な授業や対策をご相談し、かかる費用について算出させていただきます。

《 一例 》
21,000円(3〜4人)/ 1時間×個別時間

1-3:デンタック

「現役生は留年しないで、卒業し、国試に合格すること」「既卒生は1年で国試に合格すること」を目的に、塾生ひとりひとりにカスタマイズしたフルオーダーの講義が個室・マンツーマンで行われています。

教材は生徒一人ひとりに合わせ、講師がオリジナルプリントを作成しています。

愛知学院や朝日大学を始めとして、各大学に合わせた教材も使用されています。

通学は、大阪・名古屋・岐阜・東京・の全国4校&関東・中部・関西・岩手に8教室開設されています。

遠方からの通学のための、土・日のみのコースもあります。

  • 1年次は、13,200円(税込)/60分
  • 浪人生は、22,000円(税込)/60分

1年次から6年次は、学年によって違います。

また、大手予備校の通学コースと同程度の受講料で、合格可能な国試対策カリキュラムも組んでいるようです。

1-4:日本医歯薬研修協会

【特徴】

日本医師薬研修協会は、創立41年の実績があり、DES歯学スクール、麻布デンタルアカデミーに続く大手予備校です。

教科書や国試対策テキストも販売していることも特徴です。

また、国家試験の出願サポートなども受けることができ、学習に集中できる環境が整っています。

【アクセス】

大阪校は、

JR東西線「北新地駅」から徒歩3分

JR「大阪駅」から徒歩5分

地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」徒歩1分

アクセスも良好です。

【費用】

受講料は、132万円~374万円と幅があり、選択コースや、集団授業に追加する個別指導のコマ数によって変動します。

  • ベーシック(本科)コース:220万円(大阪校 税込)
  • ゴールドコース :272万円(大阪校 税込)
  • プラチナコース :374万円(大阪校 税込)
  • オンラインコース:132万円(税込)

また、

大阪校新特別コース:165万円(税込)

※本コースにID-LEARNING(オンライン)受講は含まれません

講義その他は、ベーシックコースと同じものになります。

大阪校限定 本科一年コース受講料 特別割引

30万円割引(今年3月に歯科大学をご卒業。昨年度、他予備校の本科一年コースの受講された方。)

割引後受講料:187万円(税込)

ゴールドコース

  • ベーシック+60分×年30回の個別指導)
  • 年3回の三者面談

プラチナコース

  • ベーシック+60分×年100回の個別指導)
  • 年3回の三者面談

本科コースの料金には、夏季・直前・必修講座や模擬試験3回分の料金も含まれています。

また、ベーシックコースを選んだり個別指導付きのコースであっても、希望により以下の料金で追加の個別指導を受けることができます。

  • 個別指導

22,000円 / 60分(本科受講生)

33,000円 / 90分(本科生以外)

【こんな人におすすめ】

  • 10か月間ベテラン講師陣の講義で基礎からしっかりと学習したい人
  • 自分の分からないところや集団講義の遅れを、その都度個別指導で取り戻していきたい人

にとっては、おすすめの学習環境が整っているといえるでしょう。

【注意点】

個別指導を追加していくとやや割高になりますが、自分の分からないところや集団講義の遅れをその都度取り戻していきたい人にとっては、ゴールドコースやプラチナコースも選択肢のひとつになるのではないでしょうか。

1-5:デンタル国進

デンタル国進の特徴は、完全個別・個室指導を全国の校舎(横浜、名古屋、西岐阜、大阪摂津富田、大阪牧野、岡山、大宮)で受けられるほか、遠方の場合はオンラインでの個別指導も可能です。

費用については、Webには記載されていないため、電話での問合せが必要となります。

2章: 歯科国試対策の予備校・塾選びのポイントを紹介

歯科国試対策の予備校・塾選びのポイント

この章では、歯科国試対策の予備校・塾選びポイントを解説します。

ポイントは以下の6つです。

  • 受講形式(通学orオンライン)を決める
  • 授業料は総額で比較する
  • 教材や講師の質で比較する
  • 受講生のフォローが十分かどうか
  • 合格実績を確認する
  • 予備校・塾との相性が良いこと

それぞれ解説していきます。

2-1:受講形式(通学orオンライン)を決める

歯科医師国家試験の予備校・塾の受講形式は、通学型とオンライン型に分けられます。

  • 通学型の予備校・塾には毎日通って勉強する習慣がつく
  • 周りに受講生がいるのでモチベーションを保ちやすい

という特徴があります。

対面で講師とコミュニケーションを取れるので、ちょっとしたことでも質問しやすいというメリットもあります。

また、オンライン型では、臨場感に欠けるのではないかという相談を受けることがありますが、これも通学型とほぼ変わりないと考えられます。

例えば、集団指導の講義をオンラインもしくは録画で受講した場合は、一方向の講義となりやすく臨場感に欠けるため眠くなるなど明らかなデメリットがあります。

一方、個別指導ではZoom等のオンライン上とはいえ、1対1の双方向の授業のため気が抜けません。

いつ質問されるかわからないため集中力が途切れることはないですし、常に先生の顔が画面に映っていることで、見方によっては通学型の個別指導よりも緊張感があるとも言えます。

予備校や塾を選ぶ際は、どのような授業スタイルが自分に合うのかをよく検討することが大切です。

2-2:授業料は総額で比較する

予備校・塾の講義形式には、集団指導と個別指導がありますが、多くの場合、講義形式によって費用体系が変わります。

集団指導では、一年間など一定期間ごとに料金が設定される料金体系が一般的です。

一見費用が高く見える場合もありますが、その中に模試の費用や春季・夏季・直前講習の費用などが含まれている場合も多く、総額でみるとリーズナブルな価格設定になっている場合もあります。

個別指導では、「1コマあたり◯万円~」などの料金体系が一般的です。

比較的安価に見えるかもしれませんが、国試の出題範囲すべてを教わろうとすると、かなり高額になる可能性があります。

全範囲を網羅するのに、どのくらいのコマ数が必要なのか、年間で受講すると総額がいくらになるかなどを事前に計算しておくことが重要です。

加えて、授業料と別にテキストや参考書を自分で購入する必要がある場合があります。

授業料以外にかかる費用についても、明確にしておくことが大切です。

2-3:教材や講師の質で比較して選ぶ

教材や講師の質を、しっかり確認することも非常に重要なポイントです。

集団指導と個別指導の確認ポイントは、以下のとおりです。

■集団指導の講師の質の確認ポイント

  • 実績のあるプロかどうか
  • 担当講義はわかりやすい

■個別指導の講師の質の確認ポイント

  • 実績のあるプロかどうか
  • 講師の得意分野はどこか
  • 自分と相性が良さそう

集団指導では分業制としていることが多く、分かりやすい講師と分かりにくい講師で科目ごとに当たり外れがある点に注意が必要です。

指導実績があり講義がわかりやすい「当たり」の講師に出会えれば、成績の伸びが期待できる一方、自分に合わない・講義が分かりにくい「ハズレ」の講師だと、成績を伸ばすことが難しくなります。

また個別指導では1対1の授業となるため、講義の質は良くも悪くも講師に左右されやすい特徴があります。

個別指導では分野ごとに講義を受ける場合が多いため、講師の得意分野を確認しておくとより学習効率が良くなります。

そのほか、講師の指導方法や性格面などが、自分にとって相性が良さそうか確認できるとより安心です。

また、教材の質も重要です。

自分にとってわかりやすい内容であるかどうかが重要です。

試験範囲は非常に膨大なので、すべてを網羅しているのが良い教材とはいえません。

あくまで、合格につながる教材であることが重要です。

2-4:受講生のフォロー体制が十分かどうか?

歯科医師国家試験は範囲が広いため、自分で学習計画を立てたり進捗状況を確認したりするのに苦労します。

また試験勉強開始後も、疑問点や学習上の悩みが出てきます。

これらの悩みに対するフォロー環境があるかどうかは、非常に重要です。

歯科医師国家試験対策は長丁場でストレスのかかることです。

疑問点を残さず解消し、納得しながら学習を進めていくことが大事です。

講師やチューターへの相談や、チャットでの相談・質問が可能かも確認しましょう。

2-5:合格実績も確認する

合格実績は、その予備校の指導法が正しいことの裏付けにもなります。

合格実績が高いほど、質のよい講座の可能性が高く、安心して受講できます。

しかし、合格実績を公開していない予備校もあるので一つの参考程度に考えるとよいでしょう。

2-6:予備校・塾との相性が良いことが最も重要

この予備校・塾が良い!と思って入っても、「なんとなく講師と合わない」「講義についていけない」と感じる場合もあります。

そのような時には、その疑問や不安をそのままにせず、すぐに講師やチューターに相談しましょう。

それでも解決しない場合は、早めに他の予備校や塾を検討したり、体験授業を受けたりすることをおすすめします。

なぜなら、なんとなく合わないと感じつつ漫然と勉強を続けることで、国家試験までの貴重な時間を無駄にしてしまうからです。

一度入った予備校や塾を辞めて別のところに移る場合、短期的に見れば余計な授業料や費用が掛かってしまうため、ためらう気持ちもわかります。

しかし、もし国試に不合格となり翌年も浪人することになった場合、学費や教材費、生活費(一人暮らしの場合は家賃も)を含めると、莫大な費用が必要となってしまいます。

ですので、もしあなたが通う予備校や塾と相性が悪いと感じた際には、ぜひ一度、受験のプロに相談してみてください。

当メディア「歯科国試ドットコム」を運営するオンライン個別指導塾「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

3章:完全オンライン型「60日合格塾」のご紹介

完全オンライン型の60日合格塾もおすすめ

この章では、完全オンライン型【60日合格塾】について紹介します。

完全オンライン型なので、大阪・関西地区からの受講も可能です。

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

それぞれ解説していきます。

3-1:60日合格塾の特徴

「大手予備校は遠くて通うのは辛いけど、配信コースの動画講義だけでは集中力が続くか分からない」


→当塾は完全オンライン型の講義で予備校に通う必要なし。

動画講義だけでなくプロ講師との1対1のzoomでの講義があり、集中力を持続させます。

「個別指導塾で計画を立てて学習するのは難しそう。でも年間カリキュラムが決まっている集団講義についていけるのかは自信がない」


→あなたの学力に合ったオリジナルカリキュラムを組み、学習の進捗に応じて講師と相談の上、その都度計画を改善していきます。

また、一年間の学習計画の立て方についても無料で相談に乗ります。

「結局自分に合っているのはどの予備校なのか分からない」


→このようなお悩みでも無料で相談可能。

現在の成績で来年本当に受かるのか?

今の勉強方法であっているのか?

歯科医師国家試験に関する疑問やお悩みは何でも相談ください。

当塾に入塾しなくても、もちろん相談費用は無料です。

もしあなたが予備校選びや勉強法に不安や迷いを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

3-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで、60日合格塾では、大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

3-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

実は、学習を進める際には、インプットだけでなくアウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

3-1-3:完全オンライン 全国対応可能

当塾は、面談~入塾~受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

3-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

予備校探しのお悩み、歯科医師国家試験に向けての勉強法、自分なりに学習しているが漠然とした不安がある、など「60日合格塾」になんでもご相談ください。

3-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

3-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

3-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:大阪エリアの歯科国試対策予備校は5種類。オンライン型も検討に入れよう

大阪エリアで受講できる歯科国試対策予備校は

  • ドクターズセミナー
  • MEI塾
  • デンタック
  • 日本医歯薬研修協会
  • デンタル国進

の5つです。

予備校・塾を選びにあたっては

  • 通学の負担が少なく無理なく受講できるか
  • 1年間通してトータルでどのぐらい費用がかかるか
  • 自分に合った講師・教材であるか
  • 悩みや疑問点を解消する体制が整っているか
  • 合格実績がしっかりしているか
  • 予備校・塾と自分の相性は合っているか

を知ること重要です。

また完全オンライン型の「60日合格塾」も歯科医師国家試験対策に有効です。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

これらのことを頭にいれ、効率よく歯科医師国家試験対策を行ないましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア