【歯科医師国家試験の偏差値】どれくらい取れば合格圏内?

  • 公開日:2023.12.04
  • 更新日:2023.12.04
  • 550 views
【歯科医師国家試験の偏差値】どれくらい取れば合格圏内?
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験の偏差値の注意点

あなたは、

  • 模試でどの程度の偏差値なら歯科医師国家試験合格圏内なのか知りたい
  • 歯科医師国家試験の今後の偏差値の推移予測が知りたい
  • 合格圏内の偏差値にするための勉強方法を知りたい

このようにお考えではありませんか?

自分の学力が歯科国試に合格するレベルに達しているのか不安になることもありますよね。

実は、偏差値はその試験の難易度や受験者の学力により変わるので、絶対に合格する偏差値は試験後にしか分かりません。

しかし、過去の傾向から合格圏内の偏差値を予測することはできます。

この記事では、

  • 1章では、歯科医師国家試験の偏差値の注意点
  • 2章では、歯科医師国家試験の合格安全圏の偏差値
  • 3章では、歯科医師国家試験の模試の偏差値が低かった場合の対処方法
  • 4章では、歯科医師国家試験の偏差値の将来予測
  • 5章では、「60日合格塾」のご紹介

について説明します。

この記事を読んで、合格圏内偏差値を正しく理解し、来年度の歯科国試に絶対に合格できるよう勉強しましょう。

目次

  1. 1章:歯科医師国家試験の偏差値の注意点
    1. 1-1:偏差値の考え方の注意点
    2. 1-2:受験者の質や試験の難易度により偏差値は毎年変動する
  2. 2章:歯科医師国家試験の合格安全圏の偏差値は55程度
    1. 2-1:模試で55程度の偏差値が取れれば合格圏内
    2. 2-2:第1〜2回の模試では偏差値が低くても挽回できる
    3. 2-3:最後の模試で偏差値45でもまだ間に合う
  3. 3章:歯科医師国家試験の模試の偏差値が低かった場合の対処方法
    1. 3-1:自分の勉強法・勉強計画を見直す
    2. 3-2:模試や大学の成績などの指標をフル活用する
    3. 3-3:国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
    4. 3-4:必要に応じて予備校・塾に通う
  4.  4章:歯科医師国家試験の偏差値の将来予測
    1. 4-1:歯科医師過剰問題は続いている
    2. 4-2:歯学部の定員削減もあまり進んでいない
    3. 4-3:歯科医師国家試験の偏差値は今後も上がっていくと考えられる
  5. 5章:偏差値が低くて不安な場合は「60日合格塾」に相談を!
    1. 5-1:「60日合格塾」の特徴
      1. 5-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト
      2. 5-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム
      3. 5-1-3:完全オンライン全国対応可能
    2. 5-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を
      1. 5-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています
      2. 5-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能
      3. 5-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  6. まとめ:歯科医師国家試験の偏差値は上がっていくと予測されるためしっかりと対策を!

1章:歯科医師国家試験の偏差値の注意点

まず、偏差値について正しく理解することが必要です。

この章では、

  • 偏差値の考え方の注意点
  • 受験者の質や試験の難易度により偏差値は毎年変動する

について説明します。

1-1:偏差値の考え方の注意点

偏差値とは、試験の結果において相対的な位置を表したもので、平均点を取ると偏差値50に相当します。

つまり、その試験を受ける母集団や試験の難易度によって同じ人が受けても偏差値は変わってくるということです。

偏差値は絶対的なものではなく相対的なものであり、受ける試験によっても偏差値に差が出ることを念頭に置いておきましょう。

1-2:受験者の質や試験の難易度により偏差値は毎年変動する

1-1でお伝えした通り、偏差値は試験の難易度や母集団のレベルで変動します。

そのため、歯科国試ではどのくらいの偏差値があれば合格できるかという絶対的な答えはありません。

しかし、最近の歯科医師国家試験の合格率は65%前後で推移しており、同じ医療系である医師国家試験の合格率90%前後と比較すると、歯科医師国家試験の方が難易度は高く、母集団における合格圏内の偏差値は高くなると考えられます。

2章:歯科医師国家試験の合格安全圏の偏差値は55程度

歯科医師国家試験の合格安全圏偏差値は55

2-1:模試で55程度の偏差値が取れれば合格圏内

大手予備校主催の歯科国試全国模試は3回あり、8月、10月、12月に開催されます。

我々の経験上の合格安全圏内は、全国偏差値55以上です。

直前模試の偏差値が55なら、ほぼ合格します。

本番直前3回目の模試の成績が歯科国試合格率に最も関連しており、全国偏差値55以上だとほとんど合格します。

直前模試の偏差値55以上でも不合格の方は、必修1点足りなかった、緊張のあまり実力を発揮できなかったなど、当日メンタル面で不調となった場合が多いです。

2-2:第1〜2回の模試では偏差値が低くても挽回できる

2回目までの模試で偏差値55以上であっても、油断は禁物です。

2回目までの模試は、受験生の大半が勉強が進んでいない現役生のため、模試の平均点が低くなりがちです。

現役生の偏差値は低く、勉強が進んでいる浪人生の偏差値は高くなります。

経験上、1回目の模試で偏差値30~40の方は、3回目までに偏差値45~50ぐらいまで上がると合格のチャンスが出て、半分ぐらいの確率で本番合格します。

2-3:最後の模試で偏差値45でもまだ間に合う

これも経験から言えることですが、模試1回目から3回目まで順調に成績が上がる方は、3回目で偏差値45以上取れると本番で十分戦え合格する可能性があります。

3章:歯科医師国家試験の模試の偏差値が低かった場合の対処方法

歯科医師国家試験の模試の偏差値が低かった場合の対処方法

1章では偏差値の注意点、2章では歯科医師国家試験合格圏内の模試の偏差値は55以上と説明しました。

この章では、模試の偏差値が55未満の場合の対策について説明します。

その対策は以下の4つです。

  • 自分の勉強法・勉強計画を見直す
  • 模試や大学の成績などの指標をフル活用する
  • 国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
  • 必要に応じて予備校・塾に通う

ひとつずつ説明していきます。

3-1:自分の勉強法・勉強計画を見直す

 歯科国試に合格するためには、効率的な勉強方法を知り「勉強の質を上げる」ことが非常に重要です。

その効率的な勉強法とは、

  • 勉強時間と勉強の仕方を見直す
  • 予備校や、個別指導塾を上手く活用する
  • 適切なテキストを選ぶ
  • 国試本番を意識した勉強法を行う

の4つに大別されます。

これらの効率的な勉強法については、コチラの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【歯科医師国家試験】効率的な勉強法、科目・分野別のおすすめ勉強法

なお、勉強方法以上に重要なのが、勉強計画です。

毎日の勉強計画だけでなく、試験本番までの日数を逆算し、歯科国試の出題傾向や合格基準から重点的に勉強する範囲を分析して適切な勉強方針を立てることが必要です。

3-2:模試や大学の成績などの指標をフル活用する

 模試や大学の試験は、初見の問題を時間内に解く練習として、また本番さながらの雰囲気の中で問題を解く練習としてとても良い機会です。

しかし、模試の結果表や大学の成績表を見て、なんとなく自分の得意分野、苦手分野が把握できた気になっている人は注意が必要です。

模試当日を思い出しながら、正解した問題が理解して解いたのか、偶然に解いたのか、自問自答しながら分析することが必要です。

つまり、偏差値を上げるためには「模試や大学の試験結果」から得られる情報を余すことなく活用することが求められます。

例えば、模試の結果で活用すべきポイントには、以下のようなものがあります。

  • 領域別・科目別の全国平均と自分の成績との比較
  • 全国平均正答率が80%以上の問題の復習
  • ケアレスミスの発生箇所・原因の特定
  • 模試解説書の活用

全国平均正答率が高い問題(容易な問題)を落としていた場合には、今後は落とさないように必ず復習することが大切です。

さらに、重複マークや未記入、マーキング不良が起きている場合は、本番で同じミスをしないように、再発防止策を考えてください。

また、模試解説書は必ず読み込んでください。

そうすることで、各問題の正解・不正解だけでなく、各選択肢の解説を読んで、知識がどれくらい定着しているかを把握することができます。

模試や大学の試験結果は、見るべきポイントを決めた上で自分の立ち位置を確認し、復習の材料として有効活用しましょう。

3-3:国試のプロから客観的なアドバイスを受ける

 現時点で合格までに自分に足りないものは何か?それを知るためには、「歯科国試のプロから客観的なアドバイスを受ける」ことがおすすめです。

ぜひ、身近な大学の先生や先輩、予備校の講師などの第三者に、「どこの予備校に通ったか」「何のテキストを使ったか」などの手法的な事ではなく、「合格できる人の勉強姿勢や受験期間の過ごし方などの習慣」を聞いて自分のものにすることをおすすめします。

3-4:必要に応じて予備校・塾に通う

ここまで歯科国試に合格するためにできることについてお伝えしてきましたが、実は「勉強方法の見直し」「模試の活用」「プロのアドバイス」これらの全てのサポートが受けられるのが歯科国試の予備校や塾です。

他にも予備校や塾に通うメリットとして

  • 国試だけに特化した指導を受けられる
  • 学習計画を管理してくれる
  • 勉強に集中する環境が整っている
  • プロに学習相談ができる
  • 試験にかかわる最新情報を得られる

などがあります。

また、予備校や塾に通っていると、チューターや講師が学習の相談に乗ってくれます。

つまずいた問題があっても、一人で悩まずにその都度解決していけるため、学習効率も上げられます。

もし、ひとりで学習していけるか不安があったり、歯科国試のプロのサポートを受けたかったりする場合には、予備校や塾を活用することをおすすめします。

また、入塾を迷っている場合には、それぞれの予備校・塾で行われている無料相談などを利用してみるのもおすすめです。

予備校や塾に通うメリット・デメリットに関しては、コチラの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ一度ご覧ください。

【歯科医師国家試験】予備校・塾は必要?不必要?タイプ別診断も!

 4章:歯科医師国家試験の偏差値の将来予測

歯科医師国家試験の偏差値の将来予測

模試での合格圏内偏差値は55以上で、受験者の質や試験の難易度により毎年変動するとお伝えしました。

この章では、以下3つの視点をもとに今後の合格圏内偏差値を予測していきます。

  • 歯科医師過剰問題は続いている
  • 歯学部の定員削減もあまり進んでいない
  • 歯科国試の偏差値は今後も上がっていくと考えられる

それではひとつずつ説明していきます。

4-1:歯科医師過剰問題は続いている

「全国の歯科医院の数はコンビニの数より多い」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

昭和40年代から50年代にかけて、歯科医師の不足が叫ばれ多くの歯学部が新設された結果、今度は歯科医師過剰の状態となってしまったのです。

最近では、国からも歯科医師を減らすような動きが見られるようになりました。

実際に、歯科国試の合格者数も2013年の第106回から2014年の第107回にかけて、突如として約2,400名から約2,000名に減らされました。最新の第116回までは約2,000名と横ばいとなっています。

日本歯科医師会がまとめた資料「歯科医師需給問題の経緯と今後への見解」(2014年)では、年間新規参入歯科医師数は1,500名程度を上限とすることが望ましいとあり、今後合格者数はさらに削減されるかもしれません。

4-2:歯学部の定員削減もあまり進んでいない

歯学部の入学定員も国から削減の方針が打ち出されていますが、こちらは各大学の経営状況の悪化も相まって、微減傾向にはあるものの定員自体はさほど変わっていないようです。

つまり、全国の大学の歯学部の定員はさほど変わっていない一方で、歯科国試の合格者数は削減されているのが現状です。

4-3:歯科医師国家試験の偏差値は今後も上がっていくと考えられる

歯科国試は資格試験であるにも関わらず、合格者数が絞られていることもあり、選抜試験の要素を持たざるを得ない状況となっています。

総じて、過去の歯科国試よりも今後の歯科国試の方が難易度は上がり、合格圏内偏差値も上昇していくと考えられます。

5章:偏差値が低くて不安な場合は「60日合格塾」に相談を!

 ここまで1章から4章を読んで、例えばこんな疑問やお悩みはありませんか?

「一発合格を目指したいけれど、歯科国試を意識した勉強法って具体的にはどんなものだろう?」

「効率的な学習方法についてアドバイスが欲しい!」

「予備校を利用してみたいけど通うのが大変そう…」

そのような方向けに当メディアが運営する「60日合格塾」についてのご紹介です

5-1:「60日合格塾」の特徴

「一発合格を目指したいけれど、国試を意識した勉強法って具体的にはどんなものだろう?」

→当塾では国家試験に対応した完全オリジナルテキストを使用し、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して知識をインプットしていくことができます。

無料のオンライン相談では、このインプット方法についてもお伝えしていくので、コツを掴めばご自身でテキストを作成することも可能です。

「効率的な学習方法についてアドバイスが欲しい」

→当塾の無料の体験講義ではzoomでの模擬講義に加え

  • アウトプット指導
  • 学習カウンセリング

も行います。

あなたの現在の学力や強み弱みを診断し、最適な学習方法のアドバイスも行っていきます。

また、一年間の学習計画の立て方についても無料で相談に乗りますので、今の学習方法に迷いがある方はぜひ一度ご相談ください。

「予備校を利用してみたいけど通うのが大変そう…」

→当塾はオンライン型の講義なので、予備校に通う必要はありません。

動画講義だけでなくプロ講師との1対1のzoomでの講義があり、集中力を持続させます。

もしあなたが予備校選びや勉強法に不安や迷いを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

ここからは、当塾の特徴と推奨する学習方法と無料相談で可能なことについて、さらに詳しく説明していきます。

5-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで、60日合格塾では大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

一般的なテキスト

このインプット方法は、当塾に通わなくても自らの力で作ることでも実現可能ですので、無料面談ではその方法の紹介もさせていただきます。

5-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

実は、学習を進める際にはインプットだけでなく、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

1つの科目の問題に対して、さまざまな方向から知識をアウトプットしながら解く

無料相談の中では、このようなアウトプットメインの講義形式を実際に体験して頂くことも可能です 

5-1-3:完全オンライン全国対応可能

当塾は、面談〜入塾〜受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

5-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

 予備校探しのお悩み、歯科国試に向けての勉強法、自分なりに学習しているが漠然とした不安がある、など「60日合格塾」になんでもご相談ください。

5-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

5-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能

実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

5-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は、「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、こちらのフォームからお申し込みいただければ、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:歯科医師国家試験の偏差値は上がっていくと予測されるためしっかりと対策を!

最後に、この記事でお伝えした内容をまとめます。

歯科医師国家試験の偏差値の注意点

  • 偏差値は相対位置
  • 平均点は偏差値50
  • 受験者の質や試験の難易度により偏差値は毎年変動する

歯科医師国家試験の合格安全圏の偏差値は55程度

  • 模試で55程度の偏差値が取れれば合格圏内
  • 第1〜2回の模試で偏差値が低くても挽回できる
  • 最後の模試で偏差値45でもまだ間に合う

歯科医師国家試験の模試の偏差値が低かった場合の対処方法

  • 自分の勉強法・勉強計画を見直す
  • 模試や大学の成績などの指標をフル活用する
  • 国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
  • 必要に応じて予備校・塾に通う

歯科医師国家試験の偏差値は、今後も上がっていく

もしも、この記事を読んでも歯科国試合格に向けた学習計画の立て方や予備校・塾選びにご不安やお悩みがある場合は、

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、歯科医師国家試験合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア