【親向け】子どもが歯科医師国家試験に浪人した不安への対処法3選

  • 公開日:2024.01.24
  • 更新日:2024.01.24
  • 61 views
【親向け】子どもが歯科医師国家試験に浪人した不安への対処法3選
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科国試に子どもが浪人したとき親が感じる不安

あなたは、

  • 子供が浪人していることに対して、どう接したら良いか分からず不安
  • 浪人している子供の予備校をどうしたら良いか不安
  • 子供に対してどのようなサポートをしたら良いか不安

このようにお考えではありませんか?

来年の試験では、合格するために親として、しっかり子供をサポートしていきたいですよね。

しかし

  • どんな態度で子供に接すればよいのか
  • どんなことができるのか
  • 具体的にどうしたらよいのか

など、心の整理をするには時間がかかります。

なぜなら、来年の歯科国試にお子さんが、自信を持ってトライする未来が見えていないからです。

来年お子さんが余裕を持って歯科国試に挑戦できるように、できるだけ早く気持ちを切り替えていきましょう。

この記事を読むことで、「浪人して歯科国試を目指す子供に対する態度」や「具体的な予備校の選び方」、「具体的な子供へのサポート」などが学べます。

この記事では、

1章では、歯科国試試験で子どもが浪人したとき、親が感じる不安

2章では、子どもが歯科国試試験で浪人にしたときに親が意識するべきこと

3章では、「60日合格塾」について

解説します。

この記事を読んで、来年の歯科国試試験に合格する体制を整えていきましょう。

1章:歯科国試試験に子どもが浪人したとき、親が感じる不安 

目標としてきた歯科国試に合格できなかったショックは、お子さんはもちろん親御さんも大変に大きいでしょう。

そして、来年も挑戦するために浪人すると決めても、必ず合格するという保証もありません。

不安になるのは当たり前です。

ここで、気持ちを切り替えるためにも、まずはその不安の正体を見極めましょう。

1-1:勉強面に対する不安

1番の大きな不安は、今年1年間浪人して来年歯科国試試験を受けても、絶対に受かるという保証がないことです。

お子さんも不安に思っている部分でしょう。

「もう浪人できない」という思いから現役生のときよりも、プレッシャーを感じながら勉強することになるため、大きな不安を感じるのは当然のことです。

しかし、浪人して自主性を持って勉強し続けることは難しいでしょう。

不安ばかりに捉えられていては、上手くいくものもいかなくなります。

勉強のプレッシャーから不安を覚えるなら、そのプレッシャーを跳ね返すような、しっかりとした1年間の計画を立てることをオススメします。

まずは、親が不安を払拭して、普段通りの愛情のこもった声かけをすることを始めましょう。

1-2:今までの経験(浪人・留年)や制度面に対する不安

浪人するということは、世間的には無職と捉えられることがあります。

しかし、最近では浪人して、第一志望の大学を目指す人や、医師や歯科医師、司法試験を目指して浪人する人が大勢います。

そのため、気にするだけ時間の無駄なので、無職と捉えられても気にする必要はありません。

また、浪人して歯科国試試験を受験すると、現役で受験するよりと不利と言われています。

なぜ不利になるのかいえば、学生時代の臨床実習から時間が経ち、活きた知識が薄れてしまうからです。

臨床に関する問題の対策をしっかりと立てて、何でも答えられるよう学ぶスケジュールを立てて学習するのみです。

1-3:メンタル面・周囲の状況に対する不安

科国試試験に落ちて、お子さん自身は非常に強い不安を感じているでしょう。

そうではないことを、親御さんのほうがよくご存知ですよね。

メンタルが強くない子だから「大丈夫だろうか」などと不安になっているのなら、お子さんをよく観察してみましょう。

ショックを受けているのはわかりますが、どれほどダメージを受けているかどうかは、気をつけて見ていれば分かります。

また、1年後の状況が想像もできず、前向きに考えられないため、心から笑えないかもしれません。

先に、親がそこから抜け出しましょう。

お子さんが気にしていなくても、親御さんがそのような不安に陥っていれば、お子さんのメンタルに影響します。

親は子供を信じて見守り、有形無形のサポートをすることしかできません。

「長い人生のほんの1年間、若いうちに自分の人生を見つめ直す良い時間をもらったのだから、良い経験になるよ」

と伝えるくらいでちょうど良いくらいです。

浪人して良かったとは言えませんが、お金で買えない経験ができれば、それは必ず将来に実を結びます。

2章:子どもが歯科国試で浪人にしたときに親が意識するべきこと

子どもが歯科国試で浪人した場合に意識するべきこと

不安が先に立つのはわかりますが、不安を前面に押し出しては、お子さんもその先に集中できません。

ここは冷静に、親としてどのような態度をとるべきかを考えましょう。

2-1:平常心を保つ

ご両親が大きな気持ちでお子さんを見守っている家庭では、気持ちに余裕を持って受験に臨めるケースが多い傾向にあります。

思っていることは、知らないうちに周りに伝わります。

親がいつまでも不安な気持ちを抱いていると、いつの間にかお子さんも不安になってしまいます。

とはいえ、その時々で不安が覚えるなど、受験が近づくと平常心でいるのは難しいことです。

その場合は、お子さんに「感情的に接しない」ことを意識するだけでも効果があります。

2-2:具体的な行動でサポートをする

「つい言い過ぎて、子どもに嫌がられてしまった」そんな親御さんも多いですよね。

受験生にとって、家族のサポートは大きな励みになります。

しかし、何気ない一言が受験生にとってはプレッシャーになるなど、イライラする原因になることもあります。

「言葉」をかけるのも大切ですが、もっと効果的なのは「行動」のサポートです。

たとえば好きなものを買ってきたり、好きなものを作ったり…家族でなければできない、行動のサポートがあります。

可能な範囲で、サポートをしていきましょう。

2-2-1:費用面で十分なサポートをする

最も大きなサポートは、受験料や入学金などの費用についてのサポートです。

そこを十分に理解して、お子さんが不安にならないようにサポートしていきましょう。

たとえば、「お金に関する愚痴を言わない」などは、本当に重要なサポートといえます。

しかし、お子さんにとって、家庭の経済状況を理解しておくことは必要なので、そこはきちんと説明したうえで親の負担を伝えます。

また、現在の負担とどこまでの費用を出せるのかは、大人の年齢に到達しているお子さんにきちんと伝えることをおすすめします。

2-2-2:学習環境を整えてあげる

学習環境を整えるのも、立派なサポートです。

お子さんが勉強する部屋を、より学習しやすい環境に整えるなどしましょう。

家の中で大きなテレビの大きな音を立てないようにするなど、お子さんの学習環境に気を配っていると、些細なことでもその気遣いはお子さんの力となります。

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるだけでも、快適に勉強することができます。

家電やグッズを、できる範囲で用意するのもオススメです。

塾や予備校に通う場合の送迎やお弁当作りも、お子さんのサポートにつながります。

また、入学願書を取り寄せたり、受験料の払込みをしたりする手続きのサポートもあります。

受験直前の追い込み時期は、気忙しいものなのでお子さんにとってはありがたいサポートですね。

2-2-3:健康面・メンタル面のサポートをする

来年の歯科国試試験に合格するためには、お子さん自身の健康が1番重要です。

バランスの整った美味しい食事の用意は、何物にも変えがたいサポートといえます。

予備校から帰って食べる「温かい食事が勉強の励みになった」という声は多く上がっています。

さらに、歯科国試試験が実施される季節は、感染症も流行しやすい季節です。

家族やお子さんが感染症にかからないよう、普段以上に健康に気をつけるようにしましょう。

マスクや加湿器を用意したり、生物(なまもの)を避けたり、調理器具の消毒を徹底するなどといった、体調を崩さないようなサポートが必要です。

この時期は運動不足になりがちな受験生に、手軽にできる体操やストレッチを、一緒にやってみるのも気晴らしも兼ねたサポートになります。

2-3:誰よりも子供の「合格」を信じてあげる

人間は、周りに期待されると大きな成果を出せる生き物です。

一方で、周りが「どうせダメ」と思っていると、本当にそうなります。

前者を「ピグマリオン効果」、後者を「ゴーレム効果」と呼びます。

お子さんを信じることが、しっかり伝わって合格への追い風となるはずです。

マイナスの効果が働かないように、最後までお子さんを信じて結果を待ちましょう。

3章:不安な気持ちが収まらない場合は「60日合格塾」に相談を

子供の要領が悪くて不安な場合は「60日合格塾」に相談を

歯科国試試験に合格するためには、受験生本人にも努力が必要ですが、適切な勉強法や勉強計画を元にした実行が欠かせません。

さらに、そこにプロのアドバイスが加わることによって、より確実なゴールが見えてきます。

予備校探しに迷いのある方や、歯科国試試験に向けての勉強法も、一所懸命に学習しているけれど不安が拭えない方もいますよね。

受験勉強について悩みを感じている方は、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

3-1:国家試験のプロが親身になって解決策を提示

「60日合格塾」は、歯科医師試験対策を一番の目標に掲げており、多浪生にも完全対応しています。

ここでは当塾で行っている国試対策について説明していきます。

また、当塾の特徴や推奨する学習方法の他、無料相談で可能なことについても詳しく説明していきます。

・1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元につき1枚のオリジナルテキストを使ってインプットする方法を採用しています。

勉強といえば分厚いテキストを1ページずつ勉強して行くのが当たり前ですが、それでは知識の繋がりを意識することが難しくなります。

そこで、60日合格塾では大きな1枚のテキストを使用して、基礎的な核となる知識から枝葉を広げるように体系化して、関連づけながら学習していきます。

このインプット方法は、やり方さえわかれば自らの力で作ることもできるので、無料面談ではその方法の紹介もさせていただきます。

・アウトプット中心の個別カリキュラム

より知識を定着させるには、インプットだけでは限界があります。

それには、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても効果的です。

60日合格塾では、日々の勉強や講師との講義の中で、徹底的なアウトプットを推奨しています。

「覚えた知識を使いこなす力・知識を使い考える力」を身につけ、国試本番に対応できる力を蓄えていきます。

1つの問題に対して、さまざまなアプローチで知識をアウトプットしながら解いていくことで、このような力が養われます。

無料相談の中でも、このようなアウトプットを中心とした講義形式を、実際に体験して頂くこともできます。

3-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能

「60日合格塾」に寄せられるご相談は、実に、親御さんが3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に対応していますので、何かと気忙しい親御さんのご都合に合わせて受付をしています。

もちろん、お子様本人からのお問合せや、親子揃っての三者面談も受け付けているので、ちょっとでも迷っていることがあれば相談してみましょう。

3-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

60日合格塾では、LINEでの相談を推奨しています。

LINEでは、スピーディーにかつ真摯に、塾長をはじめとした国試のプロが相談に対応しています。

またLINEでは、「模試の解説・国試予想問題・メンタルの保ち方」などの受験生活に活用できる様々な情報や動画を、定期的に配信しています。

ぜひ下記のリンクからLINE友だち登録をしてみてください。

まとめ:歯科医師国家試験で子どもが浪人した不安への対処法

この記事の内容をまとめます。

歯科国試に子どもが浪人したとき、親が感じる不安としては、

  • 勉強面に対する不安
  • 今までの経験(浪人・留年)や制度面に対する不安
  • メンタル面・周囲の状況に対する不安

 などがありました。

そして、子どもが歯科国試で浪人にしたときに親が意識するべきこととして、

  • 平常心を保つ 
  • 具体的な行動でサポートをする
  • 誰よりも子供の「合格」を信じてあげる

この3つを提案しています。

また、具体的な行動でサポートするために、

  • 費用面で十分なサポートをする
  • 学習環境を整えてあげる
  • 健康面・メンタル面のサポートをする

ことを挙げました。

それでも、不安な気持ちが収まらない場合は、「60日合格塾」に相談をすることをオススメしています。

「60日合格塾」では

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

などを真摯にいるので、ぜひ相談してみましょう。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア