【勉強効率UP】歯科医師国家試験に合格するための息抜きの取り入れ方

  • 公開日:2024.04.01
  • 更新日:2024.04.01
  • 58 views
【勉強効率UP】歯科医師国家試験に合格するための息抜きの取り入れ方
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験で息抜きが大事な理由

あなたは、

  • 歯科医師国家試験までの息抜きの方法を知りたい
  • 息抜きを習慣にして勉強の効率を上げたい

などの悩みをお持ちではありませんか?

歯科医師国家試験まで勉強ばかりだと、ストレスが溜まって息抜きしたくなりますよね。

息抜きせず疲れやストレスを溜めながら生活していると、勉強の効率も落ちてしまうため、適度に解消することが大事です。

そこでこの記事では、

  • 歯科医師国家試験の勉強期間に息抜きが大事な理由
  • 歯科医師国家試験までのおすすめの息抜き法
  • 息抜きする際のポイント

について詳しく解説します。

この記事を参考に息抜きを習慣にし、勉強効率をアップさせていきましょう。

1章:歯科医師国家試験の勉強期間に息抜きが大事な理由

短い息抜き・休憩を取るのは、能力アップのために有効だということが科学的に証明されています。

国立衛生研究所の研究によると、脳が新たなことを学ぶには「起きている間の休憩」が大きく関わっているとされています。

毎日の勉強から少し離れ、身体・精神ともに休ませることによって記憶や能力の定着が見込めます。

それでは、まずは歯科医師国家試験の勉強期間に息抜きが大事な理由から説明します。

息抜きが大事なのは、下記の理由があるからです。

  • 気持ちを切り替えないと勉強効率が落ちる
  • 勉強期間が長引くほど不安やイライラが増える
  • 精神的な疲れが溜まると、国試当日に実力を発揮できない

順番に説明します。

具体的な息抜きの方法から知りたい場合は、2章をお読みください。

1-1:気持ちを切り替えないと勉強効率が落ちる

歯科医師国家試験までの勉強期間で、息抜きが大事なのは、気持ちを切り替えないと勉強効率が落ちるからです。

多くの歯学部生や浪人生は、歯科医師国家試験までの勉強期間中は、毎日何時間も勉強する生活になると思います。

勉強量をしっかり確保することは大事です。

しかし、勉強ばかりの生活では、

  • 毎日同じ生活で勉強に飽きる
  • 運動不足で体力が落ちる、メンタルの状態も悪くなる
  • 勉強ばかりと向き合って、不安や焦りが強くなる

といった悪影響も出てきます。

これらの結果、勉強効率が落ちて、歯科医師国家試験に不合格になってしまう可能性もあります。

そのため、適度に息抜きの時間を作って、気持ちをリフレッシュしたり、体力を取り戻すことも大事なのです。

1-2:勉強期間が長引くほど不安やイライラが増える

息抜きが大事なのは、歯科医師国家試験の勉強期間が長引くほど、不安やイライラが増えることも理由の1つです。

繰り返しになりますが、勉強期間が長引くと心身に悪影響が出て精神的にも不安定になりやすいです。

例えば、

  • 集中力が続かなくなった
  • ちょっとしたミスや解けないことでイライラする
  • 家族に当たってしまう

といったことが増えていたら、精神的に不安定になっている可能性があります。

ちょっとした精神的な問題なら、息抜きしてストレスや疲れを解消することで改善することが多いです。

勉強のしすぎで精神的に不安定になることは誰にでもありますので、状態が悪化しないように息抜きの習慣を作りましょう。

1-3:精神的な疲れが溜まると、国試当日に実力を発揮できない

息抜きが大事なのは、歯科医師国家試験の当日に実力が発揮できなくなる場合もあるからです。

一般的に、歯科医師国家試験の受験勉強が長引くほど、ストレスや疲れが溜まってきます。

そのため、国試本番の直前が一番疲れているものです。

そのままの状態では、実力を最大限発揮できず、せっかくたくさん勉強してきたのに不合格になる可能性もあります。

例えば、

  • 毎日、国試のことで不安でいっぱいになっている
  • 眠りが浅くなっている
  • 疲れが溜まっている実感がある

といった場合は、息抜き・休息が必要です。

本番で最大限の実力を発揮するためには、精神的にも、肉体的にも万全の状態に持っていくことが大事です。

もしここまでの説明で該当するものがあった場合は、これから解説する息抜き法を実施することをおすすめします。

2章:歯科医師国家試験までのおすすめの息抜き法

歯科医師国家試験までの勉強期間で、おすすめの息抜き法は下記のものです。

  • こまめに外出したり体を動かす
  • 勉強仲間をつくって不安も共有する
  • 勉強の環境を変える

順番に解説します。

2-1:こまめに外出したり体を動かす

歯科医師国家試験の勉強期間中の息抜きとして、一番おすすめしたいのが、こまめに外出したり、体を動かすことです。

なぜなら、外出していつもの勉強部屋と環境を変えたり、体を動かして血流をよくすることが、何よりリフレッシュになるからです。

より具体的には、

  • 毎日〇時は散歩する
  • 週に〇回は運動をする

といった習慣を作ることをおすすめします。

具体的な時間や回数は、自分の生活に合わせて考えてみてください。

ただし「気が向いたときにやる」などではなく、定期的に行うように習慣化した方がいいです。

気分次第にすると、外出や運動が面倒になり、結局やらなくなったり回数が減ってしまう可能性があるからです。

定期的にこまめに行って、心身の疲れを溜めないのがポイントです。

2-2:勉強仲間をつくって不安も共有する

歯科医師国家試験の受験勉強期間は、勉強仲間を作ることもおすすめします。

仲間がいることで、

  • 休憩中の雑談で息抜きができる
  • 隙間時間などに一緒に外出してリフレッシュできる

といったメリットがあります。

一人で勉強していると、どうしても孤独感が強くなったり、知らず知らずのうちに非効率な勉強をしてしまい、ストレスが溜まりやすいです。

仲間がいるだけでも孤独感が和らぎますし、お互いに苦手分野をカバーしあって勉強効率を高めることも可能です。

仲間がいれば、語呂合わせや連想ゲームなどで息抜きがてら勉強をすることもできるでしょう。

もちろん、仲間選びを間違うと「勉強量が減る」「遊んでしまう」といったことになるデメリットもありますが、仲間選びを間違わなければ、合格へと一歩近づけます。

勉強効率のためにも、息抜きのためにも、勉強仲間を作ることをオススメします。

2-3:勉強の環境を変える

勉強期間中の息抜きのために、時々勉強の環境を変えることもオススメします。

いつも同じ環境で勉強していると、メリハリがつかず勉強効率が落ちたり、ストレスが溜まりやすいです。

そのため、

  • カフェなどの店で勉強する
  • 予備校の自習室や大学の図書館で勉強する

というように、定期的に環境を変えて勉強するようにしてみてください。

また、自分の勉強部屋にいることが長いなら、こまめに掃除をして勉強の環境をよい状態で維持することもオススメします。

掃除をして視界に入る情報を減らすことで、勉強により集中できるようになるからです。

ここまで、歯科医師国家試験の勉強期間中の息抜きの方法を解説してきました。

これらの方法に加えて、ポイントを守って息抜きを取り入れることで、より勉強効率を最大化できます。

これから、そのポイントを解説します。

3章:歯科医師国家試験の勉強期間で息抜きする際のポイント

勉強期間で息抜きする場合は、下記のポイントを守ることをおすすめします。

  • 時間を区切って休む
  • 息抜きの際には勉強からしっかり離れる
  • 勉強効率を上げるため、という目的を忘れない

これらのポイントを守ることで、勉強効率を最大化し、毎日メリハリをつけて過ごせます。

順番に解説します。

3-1:時間を区切って休む

勉強期間の息抜きとして、時間を区切って休むことが大事です。

例えば「1時間勉強したら5分休む」というように、明確に時間を区切って休みましょう。

時間を決めないと、

  • ダラダラと休み続けてしまう
  • 「疲れたら休む」と考えて、休みが多すぎたり、少なすぎたりしてしまう

といったことになりやすいからです。

時間を区切ることで、しっかり休んですぐに勉強に戻るという習慣を身につけられますし、集中力も高められます。

3-2:息抜きの際には勉強からしっかり離れる

息抜きの際には、勉強からしっかり離れることも大事です。

例えば、

  • 休憩中も机の前でスマホをいじるだけ
  • 休憩中に、次の勉強の準備をしたり、これまでの勉強を反省したりする

といったことをしてしまうと、結局頭が休まらずに息抜きになりません。

休憩時間にスマホを見ることは、実は脳をあまり休ませていることにはなりません。

たくさんの精神的なエネルギーが消費されています。

息抜きが十分にできないと、疲れやストレスが解消されず勉強効率が落ちてしまいます。

そのため、休憩中は、

  • できるだけスマホを使わない息抜きをする
  • 立ち上がって部屋の外に出て新鮮な空気を吸う
  • 体を軽く動かす、ストレッチをする
  • 勉強のことを考えない

といったことを行うことをおすすめします。

3-3:勉強効率を上げるため、という目的を忘れない

息抜きは、勉強の効率を上げるために行うという目的を忘れないことも大事です。

例えば、

  • 現実逃避のために、頻繁に息抜き・休息を取り入れる
  • 息抜きして遊ぶことに意識が行きすぎている

といった場合は、歯科医師国家試験の勉強と向き合えておらず、息抜きが目的になってしまっています。

このような後ろ向きな態度では、国試に合格できない可能性が高いです。

そのため、息抜きはあくまでも生活にメリハリをつけ、疲れを溜めないようにすることで、勉強効率を上げるために行うものであることをしっかり意識しておきましょう。

今回の記事では、歯科医師国家試験の勉強における息抜きの方法をお伝えしました。

もしあなたが、

  • 歯科医師国家試験に合格する自信がない
  • 国試の対策が間に合わない
  • 勉強法が分からない

といった悩みがあるなら、当サイトを運営する「60日合格塾」にご相談ください。

「60日合格塾」は、歯科医師国家試験専門のオンライン塾です。

無料でLINEから相談できますので、お気軽にご利用ください。

まとめ:歯科医師国家試験までの息抜きは習慣に取り入れよう

息抜きの方法について、参考になりましたか?

最後にこの記事の内容をまとめます。

勉強期間中に息抜きをすべき理由は、下記の通りです。

  • 気持ちを切り替えないと勉強効率が落ちる
  • 勉強期間が長引くほど不安やイライラが増える
  • 精神的な疲れが溜まると、国試当日に実力を発揮できない

おすすめの息抜きの方法は下記のものです。

  • こまめに外出したり体を動かす
  • 勉強仲間をつくって不安も共有する
  • 勉強の環境を変える

息抜きをする際は、下記のポイントを守るとより勉強効率を上げられます。

  • 時間を区切って休む
  • 息抜きの際には勉強からしっかり離れる
  • 勉強効率を上げるため、という目的を忘れない

ぜひ今日から試して、少しずつ生活を変えてみてください。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア