【歯科医師国家試験】受からない人の3つの特徴と一発合格するための方法

  • 公開日:2023.07.19
  • 更新日:2024.02.01
  • 668 views
【歯科医師国家試験】受からない人の3つの特徴と一発合格するための方法
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験に受からない人の特徴

あなたは、

  • 歯科医師国家試験に受からない人の特徴を知りたい
  • 受からない人は具体的にどんな勉強・生活をしていたのかを知りたい
  • 受からない人と受かる人の違いを知りたい

とお考えになったことはありませんか?

結論から言えば、

歯科医師国家試験に受からない人たちには3つの共通点があり、一発合格するための方法も存在します。

しかし、

どうすれば受からない人の特徴を回避し、

一発合格するための方法を身につければ良いかわかりませんよね。

この記事を読むことで、歯科医師国家試験に受からない人たちを反面教師として一発合格するための方法を身につけられます。

具体的には、1章で歯科医師国家試験に受からない人の3つの特徴、2章で歯科国試は受験回数が増えるほど「受からない」リスクが高まる、3章で「受からない人」から「受かる人」になるためにすべきこと、4章で「60日合格塾」について解説しています。

この記事を読んで、受からない人の特徴を避けて、一発合格を勝ち取りましょう。

1章: 歯科医師国家試験に受からない人の3つの共通点

歯科医師国家試験に受からない人の3つの特徴として

  • 勉強の質が低い
  • 負け癖がついている、自信がない
  • 継続した努力の不足

3つがあげられます。

1つずつ解説しています。

1-1:勉強の質が低い

受からない人に共通する特徴の1つ目として、「勉強の質が低い」ことが挙げられます。

この「勉強の質」こそが、もっとも合否に直結するとも言えます。

しかし、受からない受験生の多くは、

時間に追われ、「勉強の質」を見直そうとしない

劣る勉強の質を「量」でカバーしようとする

質が低いので頭に残らず時間だけがかかってしまう

といった負のサイクルに入ってしまっている傾向にあります。

以下では、そのような質の低い勉強の具体的な例を挙げていきます。

1-1-1:暗記中心の勉強法

テキストを大切なところとそれ以外とを取捨選択することなく、ひたすら書いて暗記しようとしたりしていませんか?

これまで大学の定期試験を、暗記や一夜漬けで乗り越えてきた生徒は、その癖が抜けないまま同じやり方で国家試験に挑んで失敗することが多いです。

もちろん、歯科医師国家試験の6割近くの問題は、知識を暗記していなければ正解できないことが多いため、「覚える」こと自体は欠かせない行為です。

しかし、合否を分けるような問題については、暗記だけでは対応できないように出題側が対策を凝らしているため、注意が必要なのです。

暗記した内容が意図することや、使い方を含めて理解していなければ、暗記したことは国試本番で水の泡となってしまいます。

したがって、暗記中心インプット型の勉強ではなく、その知識の使い方にフォーカスした「アウトプット中心の勉強」でなければならないのです。

1-1-2:過去問を有効活用できていない

受験生であれば誰もが取り組んでいることの一つに、「過去問」がありますよね。

この過去問ですが、ただ単に解いて答え合わせをして解説を読むだけでは全く意味がありません。

答えを丸暗記していれば、ほとんど同じような問題に当たれば正解できる可能性はありますが、当然、国試の出題側はそのような偶然性で解いてしまう受験生を排除しようとしてきます。

過去問というものは、問題一つを解くにあたって、

  • 問題文と写真から適切な解釈をする
  • 選択肢の正誤の根拠を検討・検証する
  • 関連する知識を引き出す
  • 改変を想定してイメージする
  • 国試本番での思考方法を訓練する

これらの作業を行うことができる極めて優れた教材です。

それらを全て意識しながら取り組んで、初めて自分のものとして活かすことができるのです。

1-1-3:計画的に勉強できていない

落ちる人に共通することは、勉強を行き当たりばったりで進めていることです。

受験勉強における「計画」というものをしっかりと把握していますか?

これは、毎日の勉強計画だけでなく、試験本番までの日数を考慮して、国家試験の出題傾向や出題基準を把握した上で適切な勉強方針が立てられているか、ということです。

したがって、

「この科目はどちらかと言えば得意だから後回しにしよう」「今回の模試ではこの科目の出来が悪かったから集中的に勉強しよう」

などと、正しく分析をしないまま「何となく」で勉強計画を立てている人は要注意です。

国試で問われるポイントと自分の苦手や得意を適切に把握し、「ここまで分かるようになったら次に進む」という自分の中の判断基準を持ってはじめて、効率的な勉強ができるようになります。

1-2:負け癖がついている、自信がない

負け癖がついている、自信がない理由として、次の3つがあげられます。

  • 他責志向がある
  • 周りの情報に惑わされやすい
  • 歯科医師になるという意志が足りていない

それぞれ解説していきます。

1-2-1:他責志向がある

「自責思考」「他責思考」という言葉は、勉強に限らず色々なシーンでよく扱われる言葉ですが、

一般的に、何か物事が起きた時に

  • 自分のせいだと捉える=自責思考
  • 他人や環境のせいだと捉える=他責思考

のことを指します。

受験生にとって、この「他責思考」は非常に危険です。

例えば、日々の勉強の中で、

「この科目はちゃんと教えてもらってないから分からない」

「模試の成績が良くなかったのは変な問題ばかり出たから」

「自分が勉強のやる気が湧かないのは、周りの人や環境のせいだ」

などといった考えが浮かぶことはありませんか?

受験勉強で上手くいかなかった際に、自分の改善点よりも先に、他人や環境の良くないところばかりを探してしまう人は、学力が上がらないだけでなく、その時間の分だけ周りから大きく遅れを取ってしまうのです。

このように「他責思考」は、自分の欠点を見て見ぬふりをしてしまうメンタルの弱さの表れともいえます。

また、仮に自責思考であっても、自己否定ばかりを繰り返す人は注意が必要です。

自分の行動を改善できるのは、「できるようになるためには自分をどうするべきか?」と自己を肯定的に捉えた時だけなのです。

1-2-2:周りの情報に惑わされやすい

受験生は、大学や予備校の先生、周りの受験生やインターネットから得られる様々な情報に日々触れています。

例えば、

「この時期に模試順位が◯位ないと厳しいよ」

「必修は運も絡むからそこまで対策しなくていい」

「とにかく何回も書いて暗記した方がいいよ」

などという情報やアドバイスがそれに当たります。

マインドが低く、メンタルが弱い人は、周りの受験生の言葉に惑わされたり、自分に合わないアドバイスを鵜呑みにしたりする傾向が見られます。

もちろん、自分に足りていない情報などを積極的に取りに行く姿勢は重要ですが、その情報の取捨選択ができず、結果として自分の軸がブレてしまうことになっては元も子もありません。

合格するために必要なことは、確実に自分に合った情報だけを信頼できる情報源から得て、それだけを信じて取り組んでいくことです

1-2-3:歯科医師になるという意志が足りていない

落ちる人がよく言う口癖として、

「そこまでして歯科医師になりたくない」

「親に言われたから仕方なく勉強している」

「自分は本気度が足らないからどうせ落ちる」

などと、自分が歯科医師を目指すことそのものを否定するような言葉が挙げられます。

これは、本当にそのように思っているケースもありますが、大抵は目の前の辛い状況から逃げるために、自分が落ちた時の言い訳として思いこんでいることがほとんどです。

ですが、一度歯科医師国家試験を受けると決めたならば腹を括って取り組まないと、本気で歯科医師を目指している他の受験生に追いつくことは難しいでしょう。

したがって、頭の中でこのような考えが浮かびそうであれば、グッとこらえて目の前の勉強だけを必死に取り組んでみてください。

仮にもし、本当に歯科医師を目指したくないのであれば、ライセンスを取得してから堂々と別の道に進みましょう。

1-3:継続した努力の不足

継続した努力が不足する理由として、次の2つがあげられます。

  • 勉強を習慣化できていない
  • モチベーションが保てていない

それぞれ解説していきます。

1-3-1:勉強を習慣化できていない

勉強の習慣化などで挫折しやすいのが、一気に全てを変えてしまおうとする完璧主義的な傾向です。

何事も「100か0」や「白か黒」で考える完璧主義的な傾向が強いと、学校行事や通院などでいつもの時間に勉強ができなくなったときに「自分に習慣化は無理だ!」と、今まで積み上げてきた努力を投げ出しやすい傾向があります。

また、習慣化には、「勉強などの行動や思考を無意識的に繰り返せる状態」という定義があります。

ですから、毎日机に向かう時間がバラバラだと、習慣化は難しいです。

勉強が嫌い、全く楽しめないという場合も、「早く机から離れたい」という思いが強すぎて、習慣化は難しいです。

1-3-2:モチベーションが保てていない

「何のために頑張っているのか?」がわからない状態では、モチベーションを上げることは難しいです。

自分の部屋で勉強していても「いつの間にかスマホやゲーム、漫画などに手が伸びている」ということがある人も多いのではないでしょうか。

多くの人は、勉強に向き合うことだけでも大変です。

その上、誘惑にも打ち勝つ必要がある環境で勉強していては、モチベーションが上がっていくことはありません。

目標を持っていてもモチベーションが上がらない人もいます。

そのような人の多くは、目標が高すぎる、あるいは遠すぎる人です。

目標が高すぎたり遠すぎたりすると、今自分が取り組んだことで目標に近づいたという実感がイメージしづらくなります。

これはよく受験勉強の時に起こりやすいと言われています。

合格をするという目標を立てるのは良いことですが、受験合格という目標だけでは結果が出るまでの時間が長すぎて、それまで勉強のモチベーションを維持し続けることが難しいのです。

また、目標を高く設定しすぎても思うように結果が出ず「頑張っても無理」という思いに苛まれ、モチベーションの維持が難しくなってしまいます。

人は「今これだけのことができている」「これだけのことをやってきた」ということが目に見えてわかることで、達成感や自信、自己肯定感を持てます。

しかし、勉強のモチベーションが上がらない人の中には、これまで勉強で積み上げてきたものを可視化できていない人が多くいます。

自分がやってきたことを可視化できていなければ、モチベーションを維持するのは難しいということを理解する必要があります。

2章:歯科国試は受験回数が増えるほど「受からない」リスクが高まる

歯科国試は受験回数が増えるほど「受からないリスク」が高まる

厚生労働省で行われている「歯科医師の需給問題に関するワーキンググループ」の資料では、受験可能回数(卒業経過年)が増加するほど合格率が低下する傾向にあることが示唆されています。

109回歯科医師国家試験では、受験可能回数が1回での合格率、すなわち新卒合格率は72.9%でした。

受験可能回数が2回、つまり1浪の場合は62.7%2浪になると52.3%と合格率は減少していき、4浪になると合格できるのは4人に1人もいないという状態になります。

つまり、受からない受験生はとことん受かりません。

受かる受験生は現役で合格することが多いですが、浪人を重ねれば重ねるほど受かりにくくなるのが現状です。

歯学部に入学し、6年間(場合によってはそれ以上)の年数を歯科医学を修めるために費やし、勉強・実習を乗り越えて学士(歯学)を取得してもなお、歯科医師として働くことができない学生が多くいます。

現在の歯科医師国家試験は必修問題と一般問題、臨床実地問題に分かれており、必修問題の出来が少しでも悪いと一発で不合格になります。

大学の試験では成績良好だった学生が、国試で不合格になることがあるのはそのためです。

1浪は仕方がないにしても、遅くとも2浪目までに勝負を決めないと厳しい戦いになることがデータから容易に予想されます。

現実に、3浪以上の受験生の数は、109回歯科医師国家試験の時点で342人です。

厚生労働省の歯科医師の需給問題に関するワーキンググループの資料では、多浪生への対応について、「早い時期に違う方向を考えさせることが必要」とし、「質の供給を保つために受験回数制限も合理性があれば行う」としています。

ある大学では実際に、歯学部入学後の低学年のうちに、歯科医師としての適正を欠く学生は他大学の受験を勧めるなどの対策を行っているそうです。

歯科医師法第十一条で規定されている通り、歯科医師国家試験は受験資格を得るだけでも相当なコストがかかります。

サラリーマンが、働きながら受験できるような資格ではありません。

歯学部は実質的に歯科医師を養成するための専門学校のような様相を呈しており、歯学部を卒業しても歯科医師になれなければ、他の分野にはつぶしが効きません。

しかし、歯科医師国家試験に合格することができない多浪生が多くいることは、あまりにも残酷な現状です。

厚生労働省を始めとする関係機関には、早めの対策が期待されます。

3章:「受からない人」から「受かる人」になるためにすべきこと

「受からない人」から「受かる人」になるためにすべきこと

この章では、

「受からない人」から「受かる人」になるためにすべきことを

  • 自分の勉強法・勉強計画を見直す
  • 模試や大学の成績などの指標をフル活用する
  • 国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
  • 必要に応じて予備校・塾に通う

の4つに分けて解説しています。

3-1:自分の勉強法・勉強計画を見直す

歯科医師国家試験の一発合格を目指すためには、効率的な勉強法を知り「勉強の質を上げる」ことが非常に重要です。

その効率的な勉強法とは、

  1. 勉強時間・勉強の仕方を見直す
  2. 予備校・個別指導塾を上手く活用する
  3. 適切なテキストを選ぶ
  4. 国試本番を意識した勉強法を行う

の4つに大別されます。

受験勉強において「計画」というものをしっかりと把握することは、非常に重要です。

毎日の勉強計画だけでなく、試験本番までの日数を考慮して、国家試験の出題傾向や出題基準を把握した上で適切な勉強方針が立てられているか、ということが非常に重要になります。

3-2:模試や大学の成績などの指標をフル活用する

模試や大学の試験は、初見の問題を時間内に解く練習として、また実際に本番さながらの雰囲気の中で問題を解く練習としてとても良い機会です。

一発合格を目指すためには、「模試や大学の試験結果」から得られる情報を余すことなく活用することが求められます。

模試の結果で活用すべきポイントには、以下のようなものがあります。

  • 領域別・科目別の全国平均と自分の成績との比較
  • 全国平均正答率が80%以上の問題の復習
  • ケアレスミスの発生箇所・原因の特定
  • 模試解説書の活用

領域A・Bは相対基準が採用されていますので、自分の相対的な立ち位置を把握しておくことが重要です。

全国平均正答率が高い問題(易問)を落としていた場合には、今後は落とさないように必ず復習することが大切です。

重複マークや未記入、マーキング不良が起きている場合は、本番でも同じケアレスミスをしてしまう可能性があります。

歯科国試は、医療人を選抜する試験です。

ケアレスミスを連発する人を落とす傾向になるので、しっかりと対策しましょう。

また、模試解説書は、必ず読み込むことをおすすめします。

そうすることで、各問題の正解・不正解だけでなく、各選択肢の解説を読んで、知識がどれくらい定着しているかを把握できるからです。

3-3:国試のプロから客観的なアドバイスを受ける

現時点で合格までに自分に足りないものは何か?

それを知るためには、「国試のプロから客観的なアドバイスを受ける」ことがおすすめです。

ぜひ、身近な大学の先生や先輩、予備校の講師などに積極的に「どのような考え方や姿勢を持って受験生活を過ごしていたか」を聞いて、自分のものにすることをおすすめします。

合格できる人の勉強姿勢や受験期間の過ごし方を知り、それに近づくことが一発合格への大きな一歩です。

3-4:必要に応じて予備校・塾に通う

「勉強方法の見直し」「模試の活用」「プロのアドバイス」これらの全てのサポートが受けられるのが、歯科医師国家試験の予備校や塾です。

他にも予備校や塾に通うメリットとして

  • 国試だけに特化した指導を受けられる
  • 学習計画を管理してくれる
  • 勉強に集中する環境が整っている
  • プロに学習相談ができる
  • 試験にかかわる最新情報を得られる

などがあります。

ひとりで学習していけるか不安があったり、国家試験のプロのサポートを受けたい場合には、予備校や塾を活用することをおすすめします。

入塾を迷っている場合には、それぞれの予備校・塾で行われている無料相談などを利用してみるのもおすすめです。

4章:「受からない不安」が強い人は「60日合格塾」に無料相談を

難しい歯科国試でも【60日間あれば合格】できる

4-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで60日合格塾では、大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

4-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

学習を進める際にはインプットだけでなく、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

4-3:完全オンライン 全国対応可能

「60日合格塾」では、面談〜入塾〜受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

4-4:無料個別相談はいつでも受付中

「60日合格塾」では無料個別相談をいつでも受付中です。

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

また、親御様の相談も可能です。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

「電話・メール・LINE・Zoom」など各種方法に対応しています。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、こちらのフォームからお申し込みいただければ、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:歯科国試に受からない人の特徴と今すぐすべきこと

結論として、歯科医師国家試験に受からない人たちには、共通する特徴があります。

しかし、それらは今すぐ対策を行うことができます。

歯科医師国家試験に受からない人の3つの特徴として

  • 勉強の質が低い
  • メンタル面の弱さ
  • 継続した努力の不足

ということがあげられます。

歯科医師国家試験は、受験回数が増えるほど「受からない」リスクが高まるといわれています。

歯科医師国家試験に「受からない人」から、「受かる人」になるためにすべきことは

  • 自分の勉強法・勉強計画を見直す
  • 模試や大学の成績などの指標をフル活用する
  • 国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
  • 必要に応じて予備校・塾に通う

ということがあげられます。

これらを自分自身で計画し、実行することは難しいため、塾・予備校を活用することが有効です。

「60日合格塾」では

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

といった特徴があり、歯科国試合格を全力でサポートします。

無料相談も行っているので、お気軽に相談してみてください。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア