【歯科医師国家試験】現役生の失敗しない予備校選びのポイントを解説

  • 公開日:2023.09.18
  • 更新日:2023.09.18
  • 117 views
【歯科医師国家試験】現役生の失敗しない予備校選びのポイントを解説
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

現役生の失敗しない予備校選びのポイント

あなたは、

  • 現役生向けの歯科国試予備校について知りたい
  • 自分にあった歯科国試予備校を知りたい
  • 自分が歯科国試予備校に通うべきか知りたい

などとお考えではありませんか?

もし、予備校に通ったほうがよいなら、早めに予備校探しを始めたいですよね。

例えば、同級生が予備校へ通い始めたと聞けば、「自分も通った方がいいのかも」と考えてしまうのは当たり前です。

しかし、人によって勉強に必要な時間は違います。

そのため、今学校の勉強が足りているのか、教科書だけで間に合っているのか、という判断がつかず迷う方もいらっしゃると思います。

また、現役で通学しながら予備校へ行くのが、正しい選択なのかは判断も難しいところがあります。

なぜなら、予備校に行ったからといって、必ずしも歯科国試合格するとは限らないからです。

卒業試験と歯科国試の両方を意識した勉強を、両立して行う必要があるうえに、予備校での勉強もこなしていくのは大きな負担がかかりますよね。

この記事を読むことで、「現役生向けの歯科国試予備校について」「自分にあった歯科国試予備校」そして「自分が歯科国試予備校に通うべきか」が分かります。

この記事では、

1章では、「現役生向け」の歯科国家試験対策予備校の選び方を、2章では歯科国試対策で予備校を利用するべき現役生の特徴、3章では歯科国試対策の予備校・塾は大まかに³3種類あることを、4章では「親御様向け」の予備校・塾選びの判断軸について解説していきます。

この記事を読んで、適切な予備校選びの参考にしましょう。

目次

  1. 1章:【現役生向け】歯科国家試験対策予備校の選び方
    1. 1-1:実績(信頼度)を具体的に確認する
    2. 1-2:授業料(費用)を具体的に確認する
    3. 1-3:口コミ・評判
    4. 1-4:講師の質も考慮する
    5. 1-5:自宅から通学可能かも考慮する
  2. 2章:歯科国試対策で予備校を利用するべき現役生の特徴 
    1. 2-1:1人で勉強するのが苦手な人
    2. 2-2:努力型の勉強でうまくいかなかった人
    3. 2-3:精神的なサポートが必要な人
    4. 2-4:働きながら試験対策する必要がある人
  3. 3章:歯科国試対策の予備校・塾は大まかに3種類
    1. 3-1: 大手予備校
      1. 3-1-1:合格者の絶対数が多い
      2. 3-1-2:有名講師による講義を受けられる
      3. 3-1-3:学習環境・サポート体制が充実している
    2. 3-2: 中堅予備校
      1. 3-2-1:アットホームな雰囲気が特徴
      2. 3-2-2:各大学や地域ごとに特化した指導方針
    3. 3-3:個別指導塾
      1. 3-3-1:個々の生徒の理解度に合わせてくれる
      2. 3-3-2:講義日時の自由度が高い
      3. 3-3-3: 講師との相性が良いと合格の可能性が高まる
  4. 4章:【親御様向け】予備校・塾選びの判断軸
    1. 4-1:費用面以外の判断軸を持つ
    2. 4-2:大事なのは受験生自身に合った指導
    3. 4-3:親が安心できるかも重要なポイント
    4. 4-4:予備校選びに迷ったらぜひ相談を
      1. 4-4-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています
      2. 4-4-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です
      3. 4-4-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  5. まとめ:現役生は歯科医師国家試験対策予備校を効果的に活用しよう

1章:【現役生向け】歯科国家試験対策予備校の選び方

5つのポイントで予備校を選ぼう

歯科国試予備校を選ぶ際には、いくつかチェックしたいポイントがあります。

人によって外せないポイントは違うので、あくまでも自分に合った予備校を探すという判断基準で選びましょう。

ポイントは、以下の5です。

  • 実績(信頼度)を具体的に確認する
  • 授業料(費用)を具体的に確認する
  • 口コミ・評判
  • 講師の質も考慮する
  • 自宅から通学可能かも考慮する

1-1:実績(信頼度)を具体的に確認する

予備校を選ぶ際に最も気になる点は、合格実績です。

必ずしも知名度の高い予備校に実績があると限りませんが、知名度が高いということはそれだけ人気があるということにもなります。

誰しも聞いたことがない予備校より、よく知られている予備校のほうに安心感が持てます。

できれば1度は親子で足を運び、その予備校の雰囲気や実際の授業風景を見学することをおすすめします。

無料説明会や授業のトライアルなどがあれば、実際に参加してみるのも良いでしょう。

また、予備校の合格率が知りたい場合は、きちんとした数字を予備校側に確認するのがおすすめです。

ある程度知名度がある予備校でしたら、間違いなく合格実績を持っているので、失礼のない程度にヒアリングしてみてください。

実際に自分で足を運ぶことで、得られるものがあります。

1-2:授業料(費用)を具体的に確認する

選択するコースによって金額が変わるので、実際に予備校の費用をチェックする必要があります。

費用の点で高いと思っても、なぜ高いのか納得できる内容であれば検討する価値はあります。

サポート内容は予備校によって違いますが、「自分に合ったサポートが受けられるのか」という点を重視して検討してみましょう。

1-3:口コミ・評判

個人個人の学力や学習状況は違うとはいえ、インターネットの口コミや評判は、その予備校を評価するうえで重要です。

利用者の声は、具体的なものほど参考になります。

「実際に通ってみてどうだったのか?」などのレビューや、「合格できた理由」などもチェックしてみましょう。

ここで気になるのが、他の予備校に乗り換えたという話です。

見かけたときは「乗り換えたきっかけ」を見てみると参考になります。

自分とできるだけ同じような悩みを抱えている人の声を、自分に当てはめ予備校の良し悪しを判断するようにしたいですね。

そのため、予備校選びに迷ったら、インターネットやSNSで実際の利用者のレビューを探してみるのも1つの判断方法です。

1-4:講師の質も考慮する

他にも予備校選びの大切なポイントを挙げるとすれば、講師との「相性」が重要です。

勉強の仕方や学校方針の他にも、講師の教え方や雰囲気などは人によって感じ方が違います。

最初は実際に受講している人の口コミや評判から情報を得て、次に自分で実際に「見て」「感じた」ことを判断の基準にしてください。

「ここならついていける」と信頼できる予備校を選ぶようにしましょう。

学校見学や各校が開催している体験講座に、参加してみるのもおすすめです

合格率が高い予備校に通い、講義の内容が充実していても、本人に学力が身に付かなければ、予備校に通う意味はありません。

例えば、

  • 内容をわかりやすく教えてくれる
  • 試験の傾向に沿って的確にまとめて講義してくれる

といった、基礎的な部分の質が高い講師のいる予備校を選ぶようにしましょう。

1-5:自宅から通学可能かも考慮する

予備校を決める際は「通学」するか「オンライン」にするのかの2択になります。

これは、どちらが個人の状況に向いているかによります。

■通学する場合

予備校までの「距離」は、選択の際に大きな決め手となります。

そのため、移動時間がストレスにならない範囲の予備校を選択することが重要です。

  • 通える距離なのか?
  • 近くに学生寮や提携マンションがあるのか?
  • 通学にかかる時間は?
  • 交通手段は?

など、通うためにはいくつか条件があります。

■オンラインの場合

予備校は、主に東京・大阪・福岡などの大都市にあります。

実家から地方の歯学部に通っている人は大勢いますが、地方の人の場合はオンライン授業やe-ラーニングがおすすめです。

質問する機会もちゃんと設けられているので、積極的に活用したいところですね。

中には移動時間がストレスとなり、疲弊してしまう人もいます。

一方で移動時間がなくて便利だと思いきや、孤独に耐えられないタイプの人には厳しいですよね。

「自分がどちらに向くのか」を、見極めて選ぶようにしましょう。

2章:歯科国試対策で予備校を利用するべき現役生の特徴 

ここで、歯科国試対策の予備校を、利用したほうがよいタイプの人を解説していきます。

タイプによっては、大学の授業で十分な人もいますが、当てはまる人は予備校に通うことを検討してみましょう。

予備校を利用するべき現役生の特徴

2-1:1人で勉強するのが苦手な人

歯学部の6年生ともなれば、大学内外で友人と一緒に勉強をするなどして学習に励んでいる時期です。

学校側も生徒を合格に導くために、いろいろとサポートしてくれるので、大学全体で後押しをしてくれる印象もありますよね。

基本的に学習は個人で行うものですが、ずっと1人で勉強できる人は少数派です。

1ヵ月間勉強してパスできるというような試験は、1人でも乗り切ることができます。

しかし、目指しているのが歯科医師国試のような国家試験の場合、1年間を通してしっかりと導いてくれる受験のプロがいれば心強いと思いませんか?

そのように、プロの助けを借りて国家試験に備えることも1つの方法です。

2-2:努力型の勉強でうまくいかなかった人

勉強のタイプとして、コツコツと積み上げていく努力型の勉強方法が得意な人がいます。

問題集の解説を読み込んでも、考え方を理解できなければ、理論的に考える問題を確実に解くことは難しいですよね。

参考書や過去問をいくら勉強しても、考え方を理解できない場合は身に付きません。

暗記科目が強い人が優位に勉強を進められますが、やはりバランスよく得点を得ることも重要です。

そのため、コツコツと真面目に勉強することに限界を感じている人は、受験のプロに頼ることをおすすめします。

質問したいときに質問できれば、理解を深めることや他の問題と合わせて理解することも可能です。

分からない問題を直ぐに質問できる環境を、作るのも1つの方法と言えます。

2-3:精神的なサポートが必要な人

予備校には生徒1人ひとりに、担当講師が付いて個人に合った学習方法を、アドバイスをしてくれるところがあります。

特に精神的なサポートに、力を入れている予備校がもあります。

ときには受講生の気持ちを奮い立たせるために、的確なアドバイスをしてくれることもありますし、親身になってプライベートな相談にも乗ってくれます。

予備校の講師陣は原則として、歯科国試の合格者です。

歯科国家試験を乗り切る際にそれぞれ困難を経験している方も多くいます。

また、講師たちもストレートで国家試験に合格した人だけではありません。

2回3回と挑戦してようやく合格した人もいます。

実は、予備校生時代にスカウトされて講師の道に進んだという人も意外に多くいます。

だからこそ、予備校生の気持ちが人一倍理解できます。

また、どのような困難が立ちはだかっているかもよく知っている人たちです。

モチベーションが下がったときの対処法を、教えてくれる人が側にいてくれたら助かりますよね。

2-4:働きながら試験対策する必要がある人

予備校に通わないで、生活のためアルバイトや仕事をしながら国家試験にチャレンジしている人もいます。

さまざまな理由で、仕事をしながら国家試験対策をしている人がいますが、仕事と勉強の両立は非常に難しいところがあります。

結果的に自己流で学習しても、基礎的な力がつかず試験に落ちてしまうことも多いようです。

そういう人こそ、国家試験対策のプロである予備校の活用を検討してみましょう。

予備校では、過去の試験を分析したデータも蓄積しています。

今目の前にある生活が大切なのもわかりますが、6年間の努力を実らせることのほうが重要ではないでしょうか。

現在の自分の状況が当てはまっている人は、今1度振りかえってみることをおすすめします。 

3章:歯科国試対策の予備校・塾は大まかに3種類

ここでは、歯科国試の予備校を3つに分けて解説していきます。

ご自分のライフスタイルに合わせた予備校を選ぶ参考にしましょう。

予備校・塾は大まかに3種類

3-1: 大手予備校

大手予備校は、実績が多いのが特徴です。

歯科国試ためのノウハウも多く、歯科国試に関するデータの蓄積も膨大です。

大勢の授業でもついていける学力がある人に向きます。

3-1-1:合格者の絶対数が多い

大手予備校は、やはり他の予備校と比べても桁違いの合格実績があるのが魅力です。

その実績は、実力のある講師陣が行うハイレベルな授業によってたたき出されます。

大手予備校の授業の形式は、1人の講師が多くの受講生に対して一方に行うライブ授業や動画授業がほとんどです。

3-1-2:有名講師による講義を受けられる

また、大手予備校は、高名な看板的な名物講師や参考書などを執筆している有名講師が、多数在籍しています。

全国から有名な講師や著名な講師が集まるため、授業の質は高い傾向にあります。

そういった講師陣の授業は、独自の説明や説得力のある内容で、納得のいく説明を受けしっかりと身につきます。

3-1-3:学習環境・サポート体制が充実している

その他にも、大手予備校は、多くの生徒のデータや問題が手元にあるため、さまざまな歯科国試の対策ができます。

さらに、蓄積された膨大なデータを活用して、生徒一人一人を合格に導く的確なサポートも期待できます。

3-2: 中堅予備校

大手予備校に実績や知名度は及ばないところはありますが、目の行き届いた質の高いサポートや学習内容を提供しているところには注目が集まっています。

3-2-1:アットホームな雰囲気が特徴

大手予備校は人数が多いだけに、授業が流れ作業的にならざるを得ません。

それに対して中堅の予備校は、教室の隅まで目の届く細やかさや、アットホームなところがあります。

大勢の授業があまり得意ではない人や、質問などをこまめにしたい人には中堅の予備校が向きます。

3-2-2:各大学や地域ごとに特化した指導方針

地方の大学の歯学部に在籍している人は、準大手・中堅予備校を視野に入れてみましょう。

大手予備校ほどの知名度や実績はないとはいえ、大手予備校よりも質の高い学習環境を提供していることもあり注目されています。

例えば、同じ地域の大学のカリキュラムに合わせて、歯科国試の対策を進めているところもあるからです。

また、大手予備校ではなかなか出会えない、距離感の近い仲間と出会えるのも魅力です。

お互いを支え合いながら、歯科国試を目指したいと考えている人もいますよね。

その場合は、大手予備校よりも準大手・中堅予備校がおすすめです。

さらに準大手・中堅予備校のメリットは、大手予備校に引けを取らない独自の学習システムにあります。

大手予備校にはない細やかな気配りが感じられるシステムにあるからです。

3-3:個別指導塾

個別指導塾は、集団で授業を受けるのではなく、細かい個別指導を受けることで歯科国試試験の合格を目指します。

講師と生徒がマンツーマンのところもあれば 、1対2や1対3など選べるところもあります。

中には授業を行わないという個別指導塾もあり、個別指導塾といっても実にさまざまなタイプがあります。

ご自分に合った形の授業を選べるのが魅力です。

3-3-1:個々の生徒の理解度に合わせてくれる

個別指導塾の最大のメリットは、他の生徒に気を使うことなく授業を受けられる点です。

どんなときでも、自分のペースで勉強に取り組めるため、質問もしやすく身につきやすいのも特徴です。

一般的な授業で学習する学力があるか自信がない人や、マイペースで国家試験対策を進めたいタイプの人は、個別指導塾がおすすめです。

3-3-2:講義日時の自由度が高い

生徒が自分で選んだ担当講師から1対1、もしくは1対2の個別指導でしっかりと学力を身につけ、最短距離で志望大学合格を目指すことが可能です。

また個別指導塾で教える講師陣は、元々生徒のタイプに合わせて指導することに長けている人が多いです。

そのため、学習していくにつれてより分かりやすい指導がなされます

講師が個人のタイプを見極めて指導を行うため、学習の効果は高く短い時間でも驚くほど学力が伸びることもあります。

3-3-3: 講師との相性が良いと合格の可能性が高まる

講師の教え方が分かりやすく、どんどん理解が進めば講師に対する信頼感が高まりますよね。

いかに優秀な講師でも、教え子との相性が悪く信頼関係が築けない場合は、学びが身につかないこともあります。

そのため、担当講師との間に信頼関係を築くことができれば、学んだことが深く身につき合格の可能性が飛躍的に高まります。

4章:【親御様向け】予備校・塾選びの判断軸

お子さんの国家試験に向けて、できるだけサポートしたいというのは親心というものです。

お子さんに合った予備校を、選ぶためのポイントを解説していきます。

4-1:費用面以外の判断軸を持つ

実績とともに気になるポイントは、費用ではないでしょうか?

しかし、高いから良い悪いと判断することはできません。

それが、お子さんに合っているカリキュラムであれば安いといえますし、全く合わず学力が上がらなかったとしたら、本当に高いものになりますよね。

多少出費はかかっても、適切な指導を受けたお子さんの学力が上がったとしたら、それは適切な価格と言えます。

そのためにも、費用の面以外に判断軸を待つことをおすすめします。

例えば、講師陣の質やサポートのあり方や、予備校のカリキュラムの良さなどです。

その他にも、何気ない講師の言葉やお子さんの様子など、さまざまな要素が挙げられます。

予備校選びの判断軸は、やはりお子さんに合うか合わないかが、一番大きいことを理解しておきましょう。

4-2:大事なのは受験生自身に合った指導

予備校を選ぶ基準は、お子さんに合う学習指導が行えるかどうかです。

そこをお子さんとよく話し合うことも必要です。

どのような指導が適切であるのか、実際に勉強するのはお子さんです。

そのため、お子さんのタイプを見極めましょう。

例えば、どの科目もある程度の学力を身に付けていているのであれば、集団での授業についていけます。

しかし、苦手科目を克服したいのであれば個別指導が最適です。

また、ひとつの事柄を理解するために、繰り返し講義を聞いて理解を深めることかできるなら、オンライン授業を繰り返し見ることで学力が上がります。

オンラインは、自分の予定に合わせて受験勉強を進めたい人におすすめです。

お子さんの現在の学力をしっかり把握して、より良い対策を立てていきましょう。

4-3:親が安心できるかも重要なポイント

予備校によっては、お子さんとの2者面談や親御さんも交えた3者面談を定期的に行っているところがあります。

そのような予備校を選ぶことで、定期的にお子さんの学習の進捗状況を知ることで安心できます。

また、定期的に話をすることで、信頼関係を気づくこともできますよね。

そういったこまめなケアをしてくれる予備校もあるので、その点もチェックしてみましょう。

4-4:予備校選びに迷ったらぜひ相談を

もし、検討した上で予備校選びに迷いがある場合は、こちらでも相談を受けておりますので、お気軽にお声をかけてください。

子供の要領が悪くて不安な場合は「60日合格塾」に相談を

4-4-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

  • 各分野の60%の知識だけを、最小限のインプットで落とし込むこと
  • 徹底したアウトプットで、覚えた知識を引き出す力を鍛えること
  • 残り40%の知識は、消去法などの論理的な解法を身に付けて対応できるようにすること

各領域でトータル70%前後を得点することを目標とし、最小限の勉強時間と最低限の努力で合格ラインを超えることを目的に謳っていることが特徴です。

4-4-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

「60日合格塾」では、お申込み時とその後定期的に受講生・ご家族・塾長で三者面談を実施しています。

その機会にカリキュラムの内容や学習の進捗状況をご家族にもお伝えすることで、合格までの期間を三者で協力して乗り越えられるように信頼関係を築いていきます

また、ご家族の方がお子さんにどう接したらいいのかといったことも、必要に応じてアドバイスの場を設けさせていただいております。

4-4-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

歯科国試の受験生の中には

  • 正しい勉強方法が分からない
  • 1年間の計画が立てられない
  • 予備校・塾を決められない
  • 暗記ができない
  • 集中力が長く続かない
  • 模試で2,000位から上がらない

といったことにお悩みの方も多いと思います。

「60日合格塾」では、1年間を通した過ごし方や勉強方法などの疑問にも、塾長・和氣がZoomまたはお電話にて無料でお答えします。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

まとめ:現役生は歯科医師国家試験対策予備校を効果的に活用しよう

現役生の歯科国家試験対策予備校の選び方には、5つのポイントがあります。

  • 実績(信頼度)を具体的に確認する
  • 授業料(費用)を具体的に確認する
  • 口コミ・評判
  • 講師の質も考慮する
  • 自宅から通学可能かも考慮する

また、歯科国試対策で予備校を利用するべき現役生の特徴は、

  • 一人で勉強するのが苦手な人
  • 努力型の勉強でうまくいかなかった人
  • 精神的なサポートが必要な人
  • 働きながら試験対策する必要がある人

などの人がそれに該当します。 

そして、歯科国試対策の予備校・塾は大まかに3種類あり、それぞれに特徴があります。

■大手予備校

  • 合格者の絶対数が多い
  • 有名講師による講義を受けられ
  • 学習環境・サポート体制が充実している

■中堅予備校

  • アットホームな雰囲気が特徴
  • 各大学や地域ごとに特化した指導方針

■個別指導塾

  • 個々の生徒の理解度に合わせてくれる
  • 講義日時の自由度が高い
  • 講師との相性が良いと合格の可能性が高まる

さらに、親御様向けの予備校・塾選びの判断軸としては、

  • 費用面以外の判断軸を持つ
  • 大事なのは受験生自身に合った指導
  • 親が安心できるかも重要なポイント
  • 予備校選びに迷ったらぜひ相談を

がおすすめです。

この記事を読んでも、歯科医師国家試験合格に向けた学習計画の立て方や勉強方法に、まだご不安やお悩みがある場合は、

  • 歯科国試対策のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

上記のような対応をしているので「60日合格塾」に1度ご相談ください。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア