【今日からできる】歯科医師国家試験のストレスを最小化する4つの対策

  • 公開日:2024.04.01
  • 更新日:2024.04.01
  • 23 views
【今日からできる】歯科医師国家試験のストレスを最小化する4つの対策
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験でストレスを抱えている人の特徴あなたは、

  • 歯科医師国家試験の勉強でストレスが溜まっている
  • ストレスの解消法や、ストレスを減らす方法が知りたい

などの悩みをお持ちではありませんか?

歯科医師国家試験は難しく、合格率も低い試験ですので、本番までの期間は不安、焦り、疲れなどでストレスが溜まってしまいますよね。

ストレスを溜め続けると勉強効率も落ちてしまうため、普段からなるべくストレスを溜めないこと、こまめにストレスを解消することが大事です。

ストレスを解消することで、歯科医師国家試験の本番でも実力を発揮できるようになります。

そこでこの記事では、

  • 歯科医師国家試験でストレスを抱えている人の特徴
  • 国試までのストレスへの対処法
  • 国試本番でのストレスへの対処法

について詳しく解説します。

この記事を参考にストレス解消の習慣を採り入れてみてください。

1章:歯科医師国家試験でストレスを抱えている人に多い特徴

それではさっそく、歯科医師国家試験でストレスを抱えている人に多い特徴を解説します。

ストレスを抱えている人には、下記のような特徴があります。

  • 勉強効率が落ちている
  • 休む時間、休日が増えている
  • モチベーションが下がっている
  • 不安やイライラなど感情が不安定

もしあなたも該当することがあれば、ストレスが溜まっているサインだといえますので、チェックしてみましょう。

1-1:勉強効率が落ちている

毎日の勉強効率が落ちてきている場合は、歯科医師国家試験の勉強によるストレスが影響している可能性があります。

たとえば、

  • 集中力が下がっている
  • 短時間しか集中できない
  • 毎日こなす量が減ってきた
  • ミスが増えた

といった場合は要注意です。

勉強効率が落ちたままでは、十分に勉強できず次の歯科医師国家試験に合格できなくなる可能性があります。

ストレスを放っておくだけでは、ストレス解消には至らずもっと効率が落ちる可能性がありますので、2章で紹介する方法でしっかり対処してください。

1-2:休む時間、休日が増えている

休む時間や休日が増えている場合も、歯科医師国家試験によるストレスが増えているサインです。

ストレスを溜め続けず、普段から疲れをリセットできていれば、それほど休まなくてもコンスタントに勉強を続けられるものです。

しかし、

  • 勉強の合間に30分、1時間など長い時間の休憩を入れないと勉強が続かなくなっている
  • 週に2日以上など、フルで休日を取らないとやる気が続かない

といった状態になってしまう場合もあると思います。

このような時は、勉強のストレスが蓄積されて、どうしても休みたくなっている状態といえます。

やたらと休みたくなっている時期は、自分がストレスを溜めすぎてないかよく考え、必要な範囲で休息をとることも重要です。

1-3:モチベーションが下がっている

歯科医師国家試験の受験や、歯科医師になることに対してモチベーションが下がってしまっている場合も、ストレスが原因となっている可能性があります。

たとえば、

  • 勉強に対するやる気が出ない
  • 国試を受験することや、歯科医師になること自体に迷いが出てきた

といった場合は、ストレスが溜まっていると思われます。

大事なのは、このようにモチベーションが下がっている時期に「今年の国試はあきらめよう」などの大きな決断をしないことです。

モチベーションが下がっている時期は、あらゆることを後ろ向きに考えてしまうものです。

このような時期は、まずはストレスを解消し、コンスタントに勉強できる日常を作ることだけに集中するべきです。

1-4:不安やイライラなど感情が不安定

以前に比べて、不安やイライラなどの感情が強くなり、精神的に不安定だと感じている場合は、歯科医師国家試験でのストレスが溜まっていると思われます。

たとえば、

  • ちょっとしたミスや「覚えられない」「解けない」といった出来事で、頻繁にイライラする
  • 家族に当たってしまう
  • 国試への不安が強い

といった場合は、ストレスを溜めすぎているのかもしれません。

精神的に不安定になると、勉強にも身が入らなくなりますし、冷静に問題を解いたり暗記したりできなくなります。

そのため、落ち着いて勉強するためにも、まずはストレスを解消することが大事です。

歯科医師国家試験でのストレスが溜まっている人の特徴に、該当するものはありましたか?

もし少しでも思い当たるところがあれば、これから紹介するストレスへの対処法を実践してください。

2章:歯科医師国家試験までのストレスへの対処法

「ストレス=悪」であるとは言い切れません。

「ストレスは人生のスパイスである」という言葉があります。

これはストレスという言葉を初めて使った生理学者のセリエの言葉です。

適度なストレスや緊張感は脳を活性化させ、勉強や仕事の効率や集中力を上昇させます。

しかし、ストレスが最適なレベルを超えてしまうと不調になってしまいます。

ストレスを適度な状態に保つのが大事であり、過度のストレスをかかえてしまうと、心身ともに悪影響が出てしまうので避けなくてはいけません。

歯科医師国家試験までの勉強期間でストレスを解消するには、以下のような方法を試してみてください。

  • 頑張る時と休む時のメリハリを明確にする
  • 勉強計画を見直す
  • 勉強仲間をつくる
  • 自分ならではのストレス発散法を見つける

順番に解説します。

2-1:頑張る時と休む時のメリハリを明確にする

歯科医師国家試験の受験勉強期間は、どうしても頑張り続けてしまう人が多いようです。

しかし、頑張り続けると、1章でも紹介したようにさまざまな悪影響が出てしまいます。

そのため、受験勉強の期間は、頑張る時と休む時のメリハリを明確にすることをオススメします。

具体的には、下記のようなことを採り入れてみてください。

  • 1日の勉強時間と休息時間を決めて勉強する
  • 週に1度など、定期的に遊んだりリフレッシュする時間を作る
  • 「〇時以降は勉強しない」など自分ルールを作って守る

このように時間を決めて頑張り、休む時は休むことが大事です。

メリハリがつくと集中力も向上し、休息があることでストレスが解消され、精神的にも安定してきます。

また、国家試験は日にちも決められており、勉強できる期間も限られています。

終わりがない試験ではないので、自分にとっての課題を仕上げることを目標にして、不安に押しつぶされないようにしてください。

2-2:勉強計画を見直す

歯科医師国家試験に対するストレスが蓄積されている場合、勉強計画を見直すことも大事です。

ストレスの原因が、

  • 勉強計画の立て方が悪く、非効率な勉強になっている
  • 何でも暗記しようとして時間が足りなくなっている
  • 休息の時間や疲れて効率が落ちることなどを考慮していない計画になっている

といった、勉強計画の立て方の問題にあることも多いからです。

このような場合は、勉強計画を見直すことが大事です。

具体的には、

  • 苦手分野を集中して行う、暗記ばかりに頼らない、など効率的な計画を立てる
  • 休息時間も入れた計画を立てる

といった工夫をしてみましょう。

計画が現実的で効率的なものになると、ストレスが減るだけでなく合格にも大きく近づけます。

勉強法について、具体的には以下の記事も参考にしてください。

【歯科医師国家試験の勉強スケジュール】現役生と浪人生の違いを解説

2-3:勉強仲間をつくる

歯科医師国家試験の受験勉強期間のストレス対策として、勉強仲間を作ることもおすすめします。

仲間がいることで、

  • 苦手分野をカバーしあえる
  • よりよい勉強法を教えあえる
  • 仲間がいる安心感で感情が不安定になりにくい

といった多くのメリットがあるからです。

一人で勉強していると、どうしても孤独感が強くなったり、知らず知らずのうちに非効率な勉強をしてしまい、ストレスが溜まりやすいです。

仲間がいれば、語呂合わせや連想ゲームなどで息抜きがてら勉強をすることもできるでしょう。

もちろん、仲間選びを間違うと「勉強量が減る」「遊んでしまう」といったことになるデメリットもありますが、仲間選びを間違わなければ、合格へと一歩近づけます。

ストレス解消のためにも、可能なら仲間を作って一緒に勉強する時間を持つことをオススメします。

2-4:自分ならではのストレス発散法を見つける

受験勉強期間のストレス対策として、

  • 趣味を楽しむ
  • 運動する
  • 心身が元気になる行動
  • 遊ぶ

など、自分ならではのストレス発散法を見つけることも大事です。

このような習慣を日常に採り入れ、こまめにリフレッシュするとストレスが溜まりにくくなります。

そのため「これまで、どういう時にリフレッシュできていたかな?」とよく思い出してみて、それを習慣に採り入れてみてください。

リフレッシュばかりして勉強量が落ちてはいけませんが、ほどほどの息抜きは勉強効率を高めるためにもとても大事なのです。

ここまで、受験勉強期間のストレスへの対処法を解説しましたが、当日のストレスへの対処も大事ですので、これから説明します。

3章:歯科医師国家試験の当日のストレスの対処法

歯科医師国家試験の当日のストレスにうまく対処することは、実力を100%発揮するためにとても大事なものです。

せっかく勉強してきたのに、当日のストレスで十分に実力が発揮できないと、とてももったいないことになってしまいます。

そこで、国試当日のストレスに不安がある場合は、下記の対処法を実践してみてください。

  • 必ず合格できると自分を信じる
  • 前日はしっかり睡眠時間を取る
  • 見直しは最小限にして疲れを溜めない

順番に説明します。

3-1:必ず合格できると自分を信じる

まず大事なのが「必ず合格できる」と自分を信じることです。

精神論だと思われるかもしれませんが、自分を信じられなければ実力が100%発揮できません。

逆にいえば、必ず合格できると思えるほど、試験当日まで全力で努力することも大事です。

全力を出して勉強することで自分を信じられます。

当日になって「もっと頑張っておけばよかった」などと考えると、余計なストレスを感じてしまいます。

仮にそのような不安があったとしても、その気持ちは考えないようにして、自分を信じて頑張ってください。

3-2:前日はしっかり睡眠時間を取る

歯科医師国家試験の前日は、しっかり睡眠時間を取るようにしてください。

前日までしっかり勉強することも大事ですが、国試の範囲は膨大ですので、1日や2日でできることは限られています。

気持ち的に「もっと勉強しないと」と焦ることもあるかもしれませんが、それより睡眠を優先することをおすすめします。

しっかり睡眠をとって疲労を回復できていれば、当日に100%の冴えた頭で試験に取り組めます。

最低でも6時間以上は睡眠をとるようにしましょう。

早めに寝て睡眠時間を確保する方が、心身も安定します。

もちろん、普段から睡眠を十分にとってストレスや疲労が溜まらないようにしておくことも大事です。

3-3:見直しは最小限にして疲れを溜めない

国試の前日・当日は、見直しなども最小限にして疲れを溜めないことも大事です。

前日・当日の見直しは、

  • 苦手意識が強い部分
  • 出題頻度が高い部分
  • どうしても気になる部分

などに絞って行うことが大事です。

見直すべきポイントは、探そうと思えばいくらでも出てきてしまいますので、絞って短時間で行い、ストレスや疲れを溜めないことが大事です。

他にも、ストレスを溜めない方法、解消する方法は、工夫すればたくさん出てくると思います。

ぜひ自分に合った方法を見つけて、落ち着いて試験に取り組めるようにしてみてください。

まとめ:ストレスに対処して国試で最大の実力を発揮しよう

歯科医師国家試験のストレスへの対処法について、参考になりましたか?

最後に今回の内容をまとめます。

歯科医師国家試験でストレスが溜まっている人の特徴は下記の通りです。

  • 勉強効率が落ちている
  • 休む時間、休日が増えている
  • モチベーションが下がっている
  • 不安やイライラなど感情が不安定

受験勉強期間中のストレスへの対策は、下記の通りです。

  • 頑張る時と休む時のメリハリを明確にする
  • 勉強計画を見直す
  • 勉強仲間をつくる
  • 自分ならではのストレス発散法を見つける

試験当日のストレスへの対処法は、下記のものを実践してください。

  • 必ず合格できると自分を信じる
  • 前日はしっかり睡眠時間を取る
  • 見直しは最小限にして疲れを溜めない

もし、歯科医師国家試験の受験に不安があり「不合格になるかも」と思われている場合は、当サイトを運営する「60日合格塾」へご相談ください。

「60日合格塾」は歯科医師国家試験に特化したオンライン塾で、無料でLINEから相談できます。

ぜひお気軽に不安をお聞かせください。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア