【歯科医師国家試験】子供の勉強面が不安な親の対処法を徹底解説

  • 公開日:2023.10.11
  • 更新日:2023.10.12
  • 39 views
【歯科医師国家試験】子供の勉強面が不安な親の対処法を徹底解説
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯科医師国家試験子供の勉強面が不安な親の対処法を徹底解説

あなたは、

  • 子どもの歯科医師国家試験の勉強に対して、どう接したら良いか分からず不安
  • 子どもの歯科医師国家試験の勉強に関して、予備校などをどうしたら良いか不安
  • もし、子どもが歯科国試浪人生になったとしたら、どのようなサポートしたら良いか不安

などとお考えではありませんか?

不安があるとはいえ、今まで努力してきたお子さんが、今年の試験に合格するために親としてしっかり応援したいですよね。

しかし「このままの状態で大丈夫なのか」「予備校や塾に行かなくても合格できるのか」「もし、浪人したらどうしたらいいのか」という不安が先に立って、子どもをサポートしようにも気持ちがついていきませんよね。

それは現時点で、今年の歯科国試試験の子どもの万全な未来が、想像できないからかもしれません。

今年の歯科国試試験に子どもが余裕を持って受験できるように、早めに気持ちを切り替えて応援していきましょう。

この記事を読むことで、「親が子どもの受験に不安を感じる理由」や「子どもの歯科国試試験の勉強に対する、不安をなくす方法」、「子供の勉強の不安をなくすために親ができること」などが学べます。

この記事では、

1章で、歯科医師国家試験で親が子どもに不安を感じる理由

2章で、子どもの歯科国試勉強に対する不安をなくす3つのコツ

3章で、子どもの勉強の不安をなくすための親ができること

4章で、「60日合格塾」

について説明します。

ぜひこの記事を読んで、お子さんが今年の歯科国試試験に合格できるように、サポートしていきましょう。

1章:歯科医師国家試験で親が子どもに不安を感じる理由

親が子どもの受験に不安を感じる3つの理由

不安というものは、漠然としているとより不安が強まります。

しかし、なぜ不安なのかという理由がはっきりすれば、その不安と向き合って解決できます

そのため、親御さんがお子さんに対して、「なぜ不安を感じるのか」を解説していきます。

1-1:受験生なのに、全然勉強しないから

親御さんにしてみれば、勉強していないように感じられたら、不安を覚えて当然です。

その場合は、お子さんがなぜ勉強できないかを考えてみましょう。

まず、この2つを考えられます。

  • やる気がない、勉強ができない
  • 時間が上手く使えない

やる気がない、勉強ができない

実際にやる気がなくなったせいで、勉強ができないお子さんもいます。

そんなときは、「なぜやる気が出ないのか」その原因を知ることが必要です。

どんな原因が考えられるでしょうか?

  • 自宅は落ち着いて勉強できる環境か?
  • 授業についていけているか?
  • お子さんの学ぶ気持ちを否定していか?
  • 過程を見ないで結果だけで判断していないか?

などがあげられます。

やる気が出ない原因さえわかれば対処ができます。

お子さんと一度しっかり話し合ってみることをおすすめします。

中には、効率よく勉強の時間を確保できないお子さんもいます。

時間は誰にも平等に与えられていますが、どう使うかが鍵になります。

その場合は、授業時間に集中してインプットしたり、電車に乗っている時間を勉強にあてたり、スキマ時間を使ってできることを少しずつ積み上げることもできます。

一緒に時間の使い方を見直したり、効率よく勉強する方法を探したりしてみましょう。

1-2:子供の成績がなかなか上がらないから

頑張っているようでも、なかなか子どもの成績が上がらないと不安になります。

「模試の順位が低かった」「試験で再試験になった」など、成績が芳しくない場合は親としては心配になりますよね。

親としては歯科国試試験に合格してほしいという願いが強いほど、イライラや心配も大きくなります。

そのため、「もっと勉強するように」と言いたくもなります。

しかし、感情的にお子さんに思うままを言ってもなんの解決にもなりません。

それよりも、勉強の方法が本当に正しいのかを見直す必要があります。

お子さんに勉強法が合っていない場合は、勉強法を見直す必要があります。

1-3:費用や経済的な問題から

受験や進学には、多額の費用がかかります。

年間数百万円の費用がかかるケースもよくあります。

そして、これが数年続いた場合は、さらに年数分費用がかかっていきます。

そのような状況に不安を感じるのは当然です。

しかし「塾や予備校に費用がかかっているから頑張りなさい」「こんなに費用かけているのに成績が上がらない」などの愚痴は絶対NGです。

親としては、最小限の費用で最高の成果を得たいのは当然ですが、それはお子さんも感じていることです。

2章:子どもの歯科国試勉強に対する不安をなくす3つのコツ

お子さんの不安をなくす3つのコツ

お子さんが受験となると、親御さんは不安になるのは当たり前です。

しかし、その不安を前面に出すと、お子さんまで不安になってしまいます。

お子さんに合格してほしいと願うなら、努めて明るく振る舞いましょう。

2-1:子供の可能性を信じてあげる

お子さんの受験に関して親にできることは、お子さんを応援することと信じて見守ることだけです。

親はお子さんに代わって勉強することも受験することもできませんよね。

本人がやるしかないので、親は見守るしかありません。

ここで、言いたいことを全て飲み込んで、お子さんの不安を受け止めるくらいの気持ちで、日々のサポートをしていきましょう。

2-2:ポジティブなコミュニケーションを行う

お子さんの受験に際して、不安にならない親はいません。

「本当に受かるのか」「このままで大丈夫なのか」などと、考えないようにしていても、つい不安になってしまいます。

そしてつい子供に「大丈夫なの?」と聞きたくなるのはわかります。

ここで逆に「大丈夫だから思う存分やりなさい」と言うくらいがちょうど良いです。

不安なのはお子さんも同じです。

むしろ、不安をなくすために、一心不乱に勉強をしています。

不安を抱えていても口に出さず、折れそうな心を何とか保ちつつ、目の前の問題に向き合っていることを忘れないでください。

緊張をほぐすためにも、できるだけポジティブな言葉をかけるようにしたいです。

不安や心配、否定的な言葉は、お子さんの勉強の妨げになるため、できるだけポジティブな言葉に置き換えて使いましょう。

ここでスポーツの監督と選手をちょっと想像してみましょう。

選手が不安を感じてプレーしている時に、監督まで不安で動揺して、顔色を変えるような姿は見せてはいけませんよね。

これと同じで、お子さんが不安に思っているときに、親が不安を見せないようにしましょう。

むしろ全て受け止め「心配しないで、そのまま行け」と励ますのが監督の役目です。

子供がネガティブになっているときほど、親がポジティブな言葉をかけることが重要です。

2-3:NGワードを使わない

当然ですが、ネガティブなことやNGワードは避けるようにします。

分かってはいても親も不安になって「大丈夫なの?」「合格できそう?」などと言いそうになります。

しかし、これはNGワードなので使わないようにしましょう。

知らず知らずのうちに、NGワードが口をついて出ることもあるので、普段から気をつけるようにしたいです。

また、受験生は毎日の受験勉強で疲労やストレスがたまっています。

普段なら気にならないような一言でも、ストレスでネガティブに捉えてしまうこともあります。

そのため、声をかけるときには意識的にポジティブな言葉に置き換えてから、話すように習慣づけておきましょう。

3章:子どもの勉強の不安をなくすための親ができること

子どもの不安をなくすために親ができること4つ

親御さんが不安を感じているように、お子さんももちろん不安を感じています。

お子さんの不安がゼロになるということはありませんが、できるだけ経験するように親ができることをしていきましょう。

3-1:生活リズムを規則正しくしてあげる

勉強時間の確保と効率的に勉強することは、受験生にとっての大きな課題です。

そのためにも、生活リズムをきちんと整えて、効率よく勉強に取り組みましょう。

ポイントは以下のとおりです。

  • 起きる時間を決めて朝日を浴びる
  • 服を着替える
  • 勉強スケジュールを作る
  • 休憩をきちんと取る
  • 習慣化する

それぞれ見ていきましょう。

  • 起きる時間を決めて朝日を浴びる

朝日を浴びると体内時計が正常化するので、体調が整った状態で勉強ができます。

  • 服を着替える

パジャマのままなどもっての外です。

楽な服装で構わないので、着替えて勉強モードに気持ちを切り替えましょう。

  • 勉強スケジュールを作る

勉強スケジュールを作って勉強に取り組むことで、勉強の進行具合や課題がはっきりします。

「今日はここを理解する」など目標をもって勉強すれば、自ずと理解も深まります。

  • 休憩をきちんと取る

何時間も続けて勉強をすると、効率が下がり労もたまります。

時間を決めて休憩を取り、身体を動かして体をほぐしましょう。

換気や水分補給をしたりすると、気持ちの切り替えもできます。

  • 習慣化する

これらを習慣化することで、生活のリズムが整い、勉強するリズムが構築されます。

最初はスムーズに行かなくても、習慣になれば自然に勉強に取り組めるようになります。

お子さんの勉強効率が上がるように、サポートしていきましょう。

3-2:勉強しやすい環境を整える

勉強に集中できる環境を整えるには、

  • 朝日を浴びれる窓環境を整える

  • 勉強だけに集中できるスペースを作る

この2つが欠かせません。

これらを意識するだけでも環境が整います。

またその他にも、

  • 勉強部屋の家具の配置を変える
  • 家の中でテレビの音が響かないようにする
  • 季節に合わせて家電やグッズを用意する

のも有効です。

お子さんの環境を整えるために、親御さんでなければできないこともたくさんあります。

勉強に集中する日々を送るお子さんにとって、このような応援は心暖まるものとなります。

3-3:食事に気を使ってあげる

受験を乗り切るためには、お子さん自身が健康で前向きに毎日の勉強に励むことが重要です。

バランスの取れた、温かくておいしい食事は、何よりの応援になります。

親にできるサポートの中でも、一番重要ともいえます。

寒い中、お腹を空かせて塾から帰って、温かい食事が何よりも励みになったという声は、多くの受験生から上がっています。

さらに、歯科国試試験が行われる時期は、感染症などが流行しやすいです。

そのため、家族が感染症にかからないよう、普段から健康に気をつける必要もあります。

マスクや加湿器を用意して、家族全員の体調を崩さないようしっかりサポートしましょう。

3-4:費用面で心配させないようにする

親のできる最も大きなサポートは、受験料や入学金などの今後の費用についてのサポートです。

「お金に関する愚痴を言わない」ことも重要です。

ただし、家庭の経済状況を理解しておくことは、お子さんにとっても必要なので、経済状況をきちんと説明したうえで、親の負担を伝えたいですね。

また、現在の負担とともに、これからどこまで費用を出せるのかなども、大人の年齢に達しているお子さんにきちんと伝えるようにしましょう。

4章:不安な気持ちが収まらない場合は「60日合格塾」に相談を

子供の要領が悪くて不安な場合は「60日合格塾」に相談を

ここまで読んで「歯学部を卒業できるか不安だ」という方や、お子さんと話し合っても、やはり「不安がなくならない」という方は、ぜひ一度当メディアを運営する「60日合格塾」にご相談ください。

「60日合格塾」では

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

などの独自のプログラムで、受験生を応援しています。

4-1:国家試験のプロが親身になって解決策を提示

塾長をはじめ、講師陣やスタッフは受験のプロです。

そのプロが、悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上のご相談をいただき、対応している実績もあるので、安心してご相談いただけます。

4-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能

「60日合格塾」に寄せられるご相談の内、親御さんが3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定できるので、忙しい親御さんのご都合に合わせて対応させていただきます。

もちろん、お子さん本人からのお問合せや「親御さん+お子さん」の三者面談も承っておりますので、ぜひ相談を検討してみてください。

4-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は、「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法でご相談に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからない場合でも、こちらのフォームからお申し込みいただければ、こちらからお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:歯科医師国家試験の勉強で子どもに不安を感じるのは普通のこと

最後に、この記事でお伝えした内容をまとめます。

歯科医師国家試験で親が子どもに不安を感じる理由は、ほぼこの3つの理由に集約されます。

  • 受験生なのに全然勉強しないから
  • 子供の成績がなかなか上がらないから
  • 費用や経済的な問題から

そのため、自分だけが不安に駆られているわけではありません。

受験生を抱えている親は、同じような不安を抱えています。

そして、子どもの歯科国試勉強に対する不安をなくす3つのコツをお伝えしました。

  • 子供の可能性を信じてあげる
  • ポジティブなコミュニケーションを行う
  • NGワードを使わない

また、子どもの勉強の不安をなくすために親ができることは4つありました。

  • 生活リズムを規則正しくしてあげる
  • 勉強しやすい環境を整える
  • 食事に気を使ってあげる
  • 費用面で心配させないようにする

この記事を読んでも受験勉強について、不安な気持ちが収まらない場合は

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

などの対応をしている「60日合格塾」に相談してみてくださいね。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア