【麻布デンタルアカデミー】歯科医師国家試験合格率は?どんな人におすすめ?

  • 公開日:2024.02.02
  • 更新日:2024.02.02
  • 34 views
【麻布デンタルアカデミー】歯科医師国家試験合格率は?どんな人におすすめ?
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

麻布デンタルアカデミーの合格率は高いと推測

来年度の歯科医師国家試験に絶対合格したいと思い、対策として大手予備校「麻布デンタルアカデミー」の利用を考えているあなたは、

  • 麻布デンタルアカデミーの歯科医師国家試験合格率について知りたい
  • 歯科医師国家試験の予備校選びの判断基準を知りたい
  • 麻布デンタルアカデミーが自分に合っているか知りたい

と、お考えではありませんか。

歯科医師国家試験の予備校と言っても、大手から中堅、個人指導塾など多くの予備校があり、それぞれに特徴があって向き不向きがあります。

そのため、万が一自分に合わない予備校を選んでしまうと、時間もお金も無駄になってしまう可能性があります。

歯科医師国家試験までは、限られた勉強時間しかありません。

その大切な時間を、一秒でも無駄にしたくないですよね。

この記事を読めば、麻布デンタルアカデミーの合格率や特徴、失敗しない予備校選びの判断基準を学べます。

この記事では、

  • 1章で、麻布デンタルアカデミーの合格率
  • 2章で、歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこと
  • 3章で、失敗しない予備校選びの判断基準
  • 4章で、麻布デンタルアカデミーの特徴

について説明しています。

この記事を読んで、自分に合った予備校を選び、来年度の歯科医師国家試験に絶対に合格しましょう。

1章:麻布デンタルアカデミーの合格率

歯科医師国家試験予備校のほとんどが、合格率を公表していません。(理由は2章で)

しかし、麻布デンタルアカデミーは、最大手予備校として蓄積されたノウハウがあり合格率は高いと推測されます。

麻布デンタルアカデミーの「教育理念」は、まじめに・ていねいに・あたたかく

  • 受験生一人ひとりの課題に親身にむきあうこと
  • 丁寧で良質な講義内容であること
  • 実践力をつけるツールがあること

です。

そして、歯科医師国家試験の合格に必要な専門知識の修得はもちろん、歯科医師として生涯活かせる思考力を育成していく、としています。

麻布デンタルアカデミーには、歯科医師である講師による洗練された講義や、実績に基づく模擬試験および迅速な結果のフィードバックなど、充実した学習環境が整っています。

歯科医師国家試験を突破するために、必要である確かな合格力と考える力を10ヶ月間で身につけることができるようです。

しかしこれだけでは、麻布デンタルアカデミーが自分に合っているのか判断できませんよね。

そこで、次章以降で、予備校選び注意点や、判断基準を解説していきます。

2章:歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこと

歯科医師国家試験受験業界において、予備校・塾は「合格率」を公表していないことが多いです

一方で、受験生や親は、その予備校・塾の「合格率」を大変気にしているのが現状です。

なぜなら、自分たちが大金と時間を掛けるに値する予備校・塾なのかを判断したいからです。

このように、予備校・塾と、受験生・親の考え方にはギャップあります。

そのために、本来自分が入るべきでない予備校・塾に入って思うように結果が出なかったり、途中で辞めてしまうケースもあります。

そこで、歯科医師国家試験の受験生にとって貴重なお金と時間を、無駄にしてしまうというケースがあります。

そうならないためにこの章では、

  • 予備校選びにおける合格率・合格実績の重要性
  • 予備校の合格率に関する情報の少なさとその理由

について解説していきます。

2-1:予備校選びにおける合格率・合格実績の重要性

結論から言えば、予備校・塾選びにおいて、予備校・塾が公表している「合格率」や「合格実績」は、まったく重要ではありません。

予備校や塾がカウントする「合格者」は、予備校や塾によって基準が著しく異なるため、選ぶ際の指標としては当てになりません。

たとえば、合格者のカウントに含める対象が

  • 入塾者全体をカウント
  • 最後まで出席を継続した人だけをカウント
  • 上記に加えて、大学への出張講義や短期講習を受けただけの人もカウント

などと異なる傾向があります。

数字を良くみせる手段はいくらでもあるため、合格率や合格実績のみを予備校・塾選びの判断基準にしてはいけません。

2-2:予備校の合格率に関する情報の少なさとその理由

歯科医師国家試験受験業界に限らず、受験業界一般の予備校・塾にとって、合格率や合格実績を公表することはベネフィットとリスクの両方あります。

■ベネフィット

数字を公表することで、それに魅力を感じた入塾希望者が増える。

■リスク

数字につられて受かる可能性の低い生徒まで入塾した結果、翌年の合格率が下がる。

2-1で説明したように、予備校・塾によって合格者のカウントの基準が異なるため、自社だけが正確な数字を出して他社が水増しでは意味がありません。

最近は、SNSや、ネットニュースなどで情報拡散が容易なため、内部事情や口コミなども即公開されてしまいます。

  • 水増しがバレた際に失う信用が大きい
  • そもそもこれらを見る側も疑ってかかることが多い

ため、各社ともに公表としないことが暗黙のルールになっているようです。

以上の理由で、各予備校・塾のHPやパンフレットには合格率や合格実績を公表するよりは、実際の合格者の声を載せたりすることが多いです。

3章:失敗しない予備校選びの判断基準

この章では、失敗しない予備校・塾選びの判断基準について解説していきます。

重要な判断基準は、次の3つです。

  • 講師の質
  • カリキュラムの充実度
  • 予備校・塾との相性

ひとつずつ解説していきます。

3-1:講師の質

まず、失敗しない予備校・塾選びの判断基準として、「講師の質」をしっかりと確認することが重要です。

予備校・塾の良し悪しは、講師が大きく影響しますので、

  • 講師は担当制か
  • 講師の質は高いか(実績のあるプロかどうか)
  • 正社員か副業(アルバイト)か

などを きちんと確認しておくことが大切となります。

たとえば、副業やアルバイトの講師の場合、受験の内情に精通していなかったり、その講師の都合によって予定が変更になったりするリスクがあります。

実績のある講師や業界で有名な講師など、その講師の指導の特徴や質が前もって分かるとさらに安心です。

講義以外の時間で、どのようなサポートを行ってくれるかも重要です。

たとえば、

  • 日々の学習進捗を分析してくれる
  • メールやチャットで質問にはすぐ答えてくれる

などのサポートがある予備校・塾だとより安心と言えるでしょう。

麻布デンタルアカデミーでは、HPで講師が紹介されています。

ぜひこちらも確認しておきましょう。

麻布デンタルアカデミー講師紹介

3-2:カリキュラムの充実度

重要な判断基準の2つ目は、「カリキュラムの充実度」です。

自分に過不足のないカリキュラムであることが望ましいです。

たとえば、レベルが高すぎたり、量が多すぎると手一杯になってしまいます。

逆のパターンでは、なかなか成績が上がらない可能性があります。

試験範囲をただ網羅しているだけだったり、一方通行的に教えられるだけでは応用力がつきません。

自分のアウトプットをきちんと見て、判断してくれるカリキュラムになっているか、も重要です。

3-3:最も重要なのは予備校・塾との相性

ここまで、失敗しない予備校選びの判断基準について解説してきました。

最も重要なことは、ご自身と予備校・塾との相性です。

予備校の特徴として、授業を真面目に受けることが前提です。

予備校では、歯科国試合格に必要な知識を、1年間で修得するカリキュラムが一般的です。

そのため、授業での情報量が多いため暗記が得意な人に向いています。

また集団クラスのため、一人で勉強するのが苦手で友人や周囲と切磋琢磨できる人がお勧めです。

ちなみに、麻布デンタルアカデミーは、担任制で出席管理も丁寧に実施されます。

麻布デンタルアカデミーでは、講師との距離が近く、講義後の講師に質問が気軽にできます。

また、自習室があり集中できる環境が整っています。

麻布デンタルアカデミーの詳しい特徴は、4章で詳しく説明します。

麻布デンタルアカデミーが良い!と思って入塾しても

「なんとなく講師と合わない」

「講義についていけない」

という場合もあります。

そのような時には、疑問や不安をそのままにせず、講師やチューターに相談することです。

それでも解決しない場合は、早めに他の予備校や塾も検討したり体験に行ってみることをオススメします。

なぜなら、なんとなく合わないと感じつつ漫然と勉強を続けてしまうと、国家試験までの貴重な勉強時間を無駄にしてしまう可能性があるからです。

一度入った予備校・塾を辞めて違うところに移るとなると、短期的に見れば余計な授業料や費用がかかってしまうことになります。

しかし、国試に不合格となり翌年も浪人することになった場合は、さらに費用がかかります。

学費や教材費、生活費(一人暮らしの場合は家賃も)を含めると、総額でおよそ1,000万円近くの費用が再び必要です。

貴重な時間と費用を無駄しないために、あなたが通う予備校・塾と相性が悪いと感じた際には、ぜひ一度、受験のプロに相談してみてください。

3-4:予備校以外の選択肢

予備校以外の選択肢としては、大きく分けて宅浪と個別塾があります。

どの勉強スタイルが自分に適しているかは、自分のタイプを分析することが大事だといえます。

自分は計画的な性格だろうか、友人と勉強する方がはかどるタイプか、それとも一人で勉強する方が集中できるかなど、一度自分のタイプを冷静に分析してみてください。

■宅浪 

自己管理・自己分析ができる人に向いています。

一人で勉強したい、一人でなければ集中できない人にオススメです。

■個別塾

予備校と宅浪の中間のようなもので、少人数グループでの指導や家庭教師などがあります。

麻布デンタルアカデミーにも、個別指導のコースがあります。

当メディア「歯科国試.com」を運営する「60日合格塾」もオンライン個別指導塾です。

「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

こちらのLINEから気軽に相談ください。

4章:麻布デンタルアカデミーの特徴

1章では麻布デンタルアカデミーの教育理念の紹介、2章では予備校選びには合格率・合格実績は重要ではないこと、3章では失敗しない予備校選びの判断基準について説明してきました。

この章では、業界最大手である麻布デンタルアカデミーについて詳しく説明します。

4-1:業界最大手であり、講師の質が高い

麻布デンタルアカデミーは、DES歯学教育スクールと並ぶ歯科医師国家試験予備校の最大手であり、全国模試はDESと同等以上の規模で実施しています。

大手予備校の中では、講師との距離が近く、出席管理も丁寧に実施されている印象です。

卒業後の就活サポートが行われているのも、人気の理由のひとつとも言えるでしょう。

講師については、麻布デンタルアカデミーのHPで紹介されています。

麻布デンタルアカデミー講師紹介

4-2:学習環境・サポート体制が整っている

麻布デンタルアカデミーは、

  • 担任制度で気兼ねなく相談ができる
  • 講義後の講師に質問ができる
  • 自習室があり集中できる環境が整っている
  • 研修マッチング国試出願のサポート

など学習環境およびサポート体制が充実しています。

自習室が完備されているため、毎日通って勉強する習慣を身につけやすいでしょう。

また、意外と時間のかかる国試出願サポート、歯科国試合格後の就職に関するセミナーや求人情報提供、開業までの経営コンサルティングも行っています。

X(Twitter)を見てみますと、以下のようなコメントがありサポート体制が充実していることがわかります。

 

歯科医師国家試験に向けて講義を受けるだけでなく、充実したサポートも受けたい人に麻布デンタルアカデミーはオススメです。

4-3:様々な受講方法の中から自分に合った方法が選べる

麻布デンタルアカデミーは、通学コースと、配信コースの両方あり、配信コースなら自宅にいながら通学コースと同等のサービスを受けることが可能です。

配信コースだけの特別プログラムや、担任制度、国試手続きサポートもあり、かなり充実した内容となっています。

それぞれの費用を下記します。

  • 通学コース(東京、大阪、福岡):220万円(税込)
  • 配信コース:198万円(税込)
  • 複合コース:242万円(税込)

また、単位講座や個別指導、短期講座なども行っていますので、ご自身に合わせて組み合わせることもできます。

詳しくはこちらをご覧ください。

国試攻略ガイド2023

※27ぺージに短期講座ラインナップが記載されています。

麻布デンタルアカデミーなら、様々な受講方法の中から自分にあった方法を選べます。

4-4:書籍が豊富

麻布デンタルアカデミーが出版している有名な書籍としては

  • 実践(過去問)
  • New Text(参考書)

この2シリーズです。

在籍していたら書籍の疑問点を解決しやすいと思われます。

5章:予備校選びに迷ったら「60日合格塾」に相談を

効率の良い勉強方法や、最適な予備校選びに悩んでしまうようなら、ぜひ無料相談を活用ください。

「60日合格塾」では、親御様のみの相談も可能です。

歯科医師国家試験のプロが、国試受験生の現在地を見極め、一人ひとりに最適な解決策を提示します。

電話、メール、LINE、Zoomなど各種対応しています。

60日合格塾についてご興味をお持ちいただけましたら、こちらのサイトもぜひご覧ください。

【60日合格塾】

まとめ:麻布デンタルアカデミーの合格率は高いと推測される!ただし、予備校を選ぶ際に最も重要なのは合格率よりも自分との相性!

最後に、この記事でお伝えした内容をまとめます。

■麻布デンタルアカデミーの合格率は公表していない

■歯科国試予備校・塾の合格率で必ず知っておくべきこと

  • 予備校選びにおける合格率・合格実績は重要ではない
  • 予備校の合格率に関する情報の少なさとその理由は、公表する側のリスクが大きいため

■失敗しない予備校選びの判断基準は3つ

  • 講師の質
  • カリキュラムの充実度
  • 最も重要なのは予備校・塾との相性

■予備校以外の選択肢

  • 宅浪
  • 個別塾

■麻布デンタルアカデミーの特徴

  • 業界最大手であり、講師の質が高い
  • 学習環境・サポート体制が整っている
  • 様々な受講方法の中から自分に合った方法が選べる
  • 書籍が豊富である

もしも、この記事を読んでも歯科国試合格に向けた学習計画の立て方や予備校・塾選びにご不安やお悩みがある場合は、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください

60日合格塾の詳細をさらに知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、歯科医師国家試験合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア