今日からできる!歯学部生活を地獄と感じなくなる解決策を徹底解説!

  • 公開日:2024.01.17
  • 更新日:2024.01.17
  • 32 views
今日からできる!歯学部生活を地獄と感じなくなる解決策を徹底解説!
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯学部を地獄と感じる理由と解決策徹底解説!

あなたは、

  • 歯学部生活が地獄か知りたい
  • 歯学部が地獄と感じる理由を知りたい
  • 歯学部生活がしんどいので、解決策を知りたい

とお考えではありませんか。

結論、歯学部は勉強や実習が非常に忙しく、卒業後も一筋縄ではいきません。

なぜなら、歯科医師国家試験も難化しているので必然的に膨大な勉強をしなくてはならず、歯科医師になった後も取り巻く状況が非常に複雑だからです。

しかし、できるなら効率よく勉強をこなして、学業以外の活動に取り組み歯学部生活を楽しみ、卒業後も希望を持って働きたいですよね。

そこでこの記事では、

1章で、歯学部生活を地獄と感じる理由

2章で、歯学部卒業も一筋縄ではいかない理由

3章で、歯学部生活を地獄と感じないための解決策

4章で、歯学部を地獄と感じないために、塾を利用して勉強の負担を減らすことも選択肢であること

について解説します。

この記事では、歯学部生活を地獄と感じてしまう理由がわかり、地獄と感じないための解決策を知ることができます。

この記事を読んで、歯学部生活を地獄と感じてしまう理由を整理し、効率よく勉強し楽しい歯学部生活を過ごしましょう。

目次

  1. 1章:歯学部を地獄と感じる理由
    1. 1-1:歯学部は入学後も勉強・実習が大変
    2. 1-2:歯学自体に興味が持てないとつらい
    3. 1-3:閉鎖的な環境で、人間関係のストレスが多い
    4. 1-4:歯科医師国家試験が難化しており、ずっと勉強しなくてはいけない
    5. 1-5:医学部に入学できなかったというコンプレックスと向き合い続けないといけない
  2. 2章:歯学部卒業後も一筋縄ではいかない
    1. 2-1:歯科医師過剰問題のため、収入や雇用に不安がある
    2. 2-2:歯科医師には、知識も必要だが技術も必要
    3. 2-3:歯科医師という枠の中でもつぶしが利きにくい
      1. 2-3-1:勤務パターンが非常に少ない
      2. 2-3-2:フリーランスやスポット勤務といった働き方が難しい
  3. 3章:歯学部を地獄と感じないための解決策
    1. 3-1:自分が将来どうなりたいかの目標を明確にする
    2. 3-2:地獄のような勉強だが、できるだけ効率のよいやり方で臨む
      1. 3-2-1:目的意識を持って勉強する
      2. 3-2-2:計画を立てて勉強する
      3. 3-2-3:必要に応じて、塾・予備校も活用する
  4. 4章: 歯学部を地獄と感じないために、塾を活用して勉強の負担を減らす
    1. 4-1:60日合格塾の特徴
      1. 4-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト
      2. 4-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム
      3. 4-1-3:完全オンライン 全国対応可能
    2. 4-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を
      1. 4–2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています
      2. 4-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です
      3. 4-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  5. まとめ:歯学部は地獄のように感じる時もあるかもしれないが、解決策はある

1章:歯学部を地獄と感じる理由

この章では、歯学部が地獄と感じてしまう理由について解説します。

  • 歯学部は入学後も勉強・実習が大変である
  • 歯学自体に興味が持てないと歯学部生活はつらい
  • 閉鎖的な環境で、人間関係のストレスが多い
  • 歯科医師国家試験が難化しており、ずっと勉強しなくてはいけない
  • 医学部に入学できなかったというコンプレックスと向き合い続けないといけない

それぞれ説明します。

1-1:歯学部は入学後も勉強・実習が大変

歯学部に入学し後悔する大きな理由の一つが、「入学後の勉強の大変さ」です。

多くの人が、歯学部の厳しい入学試験を乗り越えたら一息つけると考えがちです。

しかし実際には、入学後も勉強の量と質は決して減らず、むしろ増していくのが実情です。

また、歯学部で学ぶ内容は専門的で、基礎から応用、臨床まで幅広い知識と技術が求められます。

歯学部では、解剖学、生理学、病理学などの基礎科目から 、歯内治療学、口腔外科学、補綴学などの専門科目まで学んでいきます。

これら一つ 一つの科目が深い内容で、幅広い知識が必要です。

さらに、学びたい内容だけを選べる一般の学部とは違い、歯学部では必修科目が多く、選択の幅が狭いです。

これにより、興味のない科目でもしっかりと学ばなければなりません。

多くの学生は、時間管理やストレス管理に苦しみ、精神的な負担も大きくなります。

その結果、入学後に「思っていたよりも勉強が大変だ」と感じる学生が多い傾向にあります。

1-2:歯学自体に興味が持てないとつらい

歯学部に入学する学生の多くは、高校時代に生物学 に興味を持ち、医療に貢献したいと思い入学します。

しかし、入学後に実際に歯学の勉強を始めると、その内容に興味を持てないと感じる学生もいます。

歯学は、医学の一分野と思われがちです。

しかし、実際には独自の専門性と深さがあり、口腔内疾患だけでなく、顎の骨構造、歯の形状、噛み合わせなど、非常に細かい部分で学びます。

このような特殊な知識に興味を持つことができないと、勉強が進まないばかりか、将来的にも歯科医師として働くことも苦痛になってしまいます。

さらに、歯学部のカリキュラムは非常に密度が高く、一般的な医学部と比較しても専門科目が多いため、興味のない分野にも多くの時間を割かなければなりません。

歯学に興味を持てないと、歯学部の勉強が地獄と感じてしまう可能性があります。

1-3:閉鎖的な環境で、人間関係のストレスが多い

歯学部は学生数が少なく、そのために結びつきが非常に強いコミュニティが形成されることが多いです。

この強い結びつきは一見、ポジティブな側面もありますが、実際には人間関係のストレスを高める要因ともなり得ます。

この強い結びつきが生む閉鎖的な環境は、個々人が持つストレスやプレッシャーを共有しやすいメリットがあります。

しかし、その一方で一つの失敗や問題がコミュニティ内で大きく取り上げられ、その影響が長く続いてしまうことがあります。

さらに、このような環境では、個々のプライバシーが保ちにくく、学業や試験、さらにはプライベートな問題まで、コミュニティ全体で知られることが多くなります。

このような状況は、精神的な負担にもなります。

このような強い結びつきと、閉鎖性がもたらす人間関係のストレスを考慮せず歯学部に入学すると、歯学部が地獄と感じてしまう可能性があります。

1-4:歯科医師国家試験が難化しており、ずっと勉強しなくてはいけない

1,2年次は、歯学の基礎を勉強します。

3年次以降は、臨床歯学の学習が増え、分野別の講義や実習も多くなります。

専門性の高い内容を学ぶため、理解にも苦労し内容も膨大です。

4年次には、CBT、OSCEという医療系大学間共用試験が行われます。

専用の対策が必要ですし、これらを突破できないと進級できない大学が多いです。

5年次からは、臨床実習が開始され、予習・復習がさらに重要になります。

合わせて、早期からの国家試験対策も必要です。

6年次は、臨床実習、卒業試験、国家試験と膨大な勉強量が必要になります。

このように歯学部では、勉強する内容も多く、試験・実習などのこなすべきタスクも多いです。

そして、歯学部生の最後の関門は、歯科医師国家試験です。

こちらも基本的に、今まで学んできた内容全てが試験範囲です。

20年前の歯科医師国家試験の合格率は、90%程度でした。

しかし、現在の歯科医師国家試験の合格率は、63~65%と大幅に下がりました。

これはつまり、歯科医師国家試験受験者の3人に1人が不合格となっているということです。

出題範囲が広く、厳しい試験のため、いかに効率よく勉強できるかが国家試験合格の鍵となります。

このように歯学部では、基本的に1年次〜卒業試験・歯科医師国家までの間継続して勉強する必要があり、その点を地獄と感じてしまう人もいるようです。

1-5:医学部に入学できなかったというコンプレックスと向き合い続けないといけない

歯学部生の中には、もともと医学部志望だったが、滑り止めとして歯学部に入学したという学生が一定数います。

そういった学生の中には、医学部へのコンプレックスを感じながら、歯学部生活を過ごす学生もいます。

歯学部は歯学のみならず、全身について基礎的なことを学びます。

そのため、医学を身近に感じることもあり、医学部コンプレックスをひきずってしまう学生もいます。

そういった気持ちを抱えながら学生生活を続けることは、非常に苦痛でストレスを感じてしまう場合もあります。

2章:歯学部卒業後も一筋縄ではいかない

この章では、歯科医師になってからも一筋縄ではいかないことについて解説します。

  • 歯科医師過剰問題のため、収入や雇用に不安がある
  • 歯科医師には、知識も必要だが技術も必要
  • 歯科医師という枠の中でもつぶしが利きにくい

それぞれ説明します。

2-1:歯科医師過剰問題のため、収入や雇用に不安がある

歯科医師過剰問題のため、政府が歯科医師国家試験合格者数を削減している動きもあり、歯科医師になった後も収入や雇用に不安を持つ人も多いと思います。

しかし、全国547大学を対象とした「学部別就職率のデータ」によると、看護・保健・医療分野の学生の就職率は非常に高いです。

2017年から2020年の4年間、すべて92%以上の就職率となっています。

歯学部の単体データではありませんが、医療分野の国家資格を持つ歯学部卒業者の就職率は決して低くはありません。

また、令和4年度の賃金構造基本統計調査によると、歯科医師の平均年収は約810万円です。

また、平均月収は約62万円、平均年間賞与は約63万円となっており、勤務形態や年代、性別によって変化します。

平均年収と比較すると、決して低い収入ではありません。

2-2:歯科医師には、知識も必要だが技術も必要

歯科医師となるには、とても大変な歯学部での勉強や試験、実習を突破し難関である歯科医師国家試験に合格しなくてはいけません。

歯科医師となった後もよりよい治療を提供するために、日々進歩している知識を常に学び続ける必要があります。

よい歯科医師となるにはもちろん知識も重要ですが、技術や人間力も必要です。

歯科治療の技術を学ぶには、教科書を読み込んで知識を蓄えるだけでは不十分です。

先輩が行なっている治療をすぐそばで見学し、実際に自分で治療をしてみるという日々の研鑽が必要です。

また、患者さんに寄り添った治療をするためには、知識や技術だけでなく、患者さんの立場に立って治療をしていくという人間力も重要です。

これらは、一朝一夕で身に付くものではなく、歯科医師になってからも日々磨いていかなければなりません。

2-3:歯科医師という枠の中でもつぶしが利きにくい

2-3-1:勤務パターンが非常に少ない

大きく分けると、診療所、病院、介護施設もしくは大学病院での勤務となるため、バリエーションは少ないです。

厚生労働省の統計によると、卒後臨床研修終了後は、85%が歯科診療所に勤務し11%が大学病院勤務します。

①診療所 、病院、介護施設

■診療所

診療所とは、歯科医院やデンタルクリニックのことです。

虫歯の治療や定期検診など、一般的な歯科診療をメインに行います。

矯正歯科や小児歯科など、専門分野を明確にしている診療所もあります。

自分が学びたい分野を専門とする診療所を選ぶのもオススメです。

歯科医師のなかには、診療所で勤務医として経験を積んだ後、独立開業する人もいます。

■病院

病院は大きく分けて、「医育機関附属の病院」と「一般病院(医育機関附属の病院を除く)」の2種類あります。

診療所と比較すると、病院は設備が整っており、歯科医院では対応が難しい治療を行います。

高度な治療を行なっており、勉強になることがメリットです。

■介護施設

また、「介護老人保健施設」は、病院などの医療機関で治療を終えた高齢者が、在宅への復帰を目標に生活する施設です。

入れ歯の調整やむし歯の治療などの、口腔機能管理がメインの仕事になります。

②大学に残る

卒後臨床研修を行い、そのまま大学病院に残り働く場合もあります。

一般診療を継続する歯科医師もいますし、大学院へ進学し研究を行う歯科医師もいます。

大学病院や研究機関で、歯科の治療にかかわる材料や新しい治療法、病気の予防や解明などを専門的に研究します。

大学院での研究の過程で、海外へ留学し研究を行う人もいます。

2-3-2:フリーランスやスポット勤務といった働き方が難しい

フリーランス歯科医師は、特定の医療機関に所属せず業務委託契約で診療を行います。

複数の医療機関を掛け持ちしながら診療する場合も多く、同じ日数働ければ特定の医療機関に所属するよりも高収入を得ることができます。

また、スポット勤務という特定の曜日を決めずに、求人があった際に働くという働き方もあります。

自分の生活スタイルに合わせて、勤務できることが大きなメリットです。

しかし、こういった働き方をするには、例えば矯正歯科などの専門的なスキルを持っていないと契約を獲得しづらいです。

また、そもそも求人自体が少ないため、このような働き方を選ぶのは難易度が高いです。

3章:歯学部を地獄と感じないための解決策

この章では、歯学部を地獄と感じないための解決策について解説します。

  • 自分が将来どうなりたいかの目標を明確にする
  • 地獄のような勉強だが、できるだけ効率のよいやり方で臨む

それぞれ説明します。

3-1:自分が将来どうなりたいかの目標を明確にする

歯学部に入学すると、多くの学生が、圧倒的な勉強量と閉鎖的な環境に圧倒されがちです。

しかし、このような状況で後悔しないためには、まず自分がどういう歯科医師になりたいのかを明確にすることが重要です。

目標が明確であれば、困難な状況に遭遇したときでも、その目標に向かって進む力が湧きます。

また、自分が何を目指しているのかを知っていると、学習内容も自然と絞り込まれ、効率的な勉強ができます。

■具体的な方法

  • 自己分析:自分の強み、弱み、興味、価値観をしっかりと分析します。
  • ロールモデルの探求:尊敬する歯科医師や研究者がいれば、その人たちがどのようなキャリアを歩んできたのかを調べます。
  • ビジョンの設定:上記の分析を元に、具体的なビジョンを設定します。
  • 例えば、「地域社会に貢献する一般歯科医師になる」、「研究者として新しい治療法を開発する」などがあります。

■注意点

目標を設定する際は、現実的なものであることが重要です。

また、目標は時間とともに変わる可能性がありますので、定期的に見直しを行うことが重要です。

3-2:地獄のような勉強だが、できるだけ効率のよいやり方で臨む

3-2-1:目的意識を持って勉強する

歯学部の多くの試験を突破するためには、「自分は何のために勉強するのだろう」という目的を明確にすることが重要です。

おそらく多くの歯学部生が、将来は歯科医師となり、患者様の治療をしたいと考えているはずです。

専門的な知識持っていれば持っているほど、よい歯科医師になれる可能性は上がります。

きちんとした知識と技術を持つ歯科医師と、そうではなく適当な知識で施術している歯科医師とでは、多くの患者さまが前者に診てもらいたいと思うはずです。

今の目の前のテスト勉強は、将来自分がより良い歯科医師となるために必要な知識なのだ、と思えると勉強に対する姿勢も変わってくるかもしれません。

歯学部の様々な試験を通して基礎固めをしておけば、将来患者さまから信頼される歯科医師となることができるでしょう。

勉強に対するやる気が起きないときには

  • 将来自分がどんな歯科医師になりたいのか
  • どのような志をもって歯学部に入学したのか

など、今一度初心に返り目的を明確にする意識をもって、勉学に励むことがオススメです。

3-2-2:計画を立てて勉強する

試験までの計画を立てることは、限られた時間で効率的に対策するために重要です。

一例をあげると

  1. ①授業をしっかり聞き、疑問点を洗い出す。
  2. ②2週間前までに勉強に必要な資料を集める。
  3. ③3日前までに分からないとこを調べる。
  4. ④過去問で問われた内容をリストアップする。(ここが今までテストに出たとわかりやすくする)。
  5. ⑤残りの日からテスト直前までは、ただひたすら覚えること(インプット・アウトプット)に集中する。

といった形です。

大事なことは、

「具体的にいつまでに行うのか?」

「具体的に何をどのくらい行うのか?」

を明確にすることです。

具体的な行動ベースまで落とし込めれば、迷いなく試験勉強できます。

3-2-3:必要に応じて、塾・予備校も活用する

歯学部の勉強内容は膨大で、難しい内容も多いです。

歯学部を地獄と感じないため、1人だけ勉強するのではなく塾・予備校を活用することも有効です。

完全オンライン型「60日合格塾」は、自分のライフスタイルに合わせて受講可能です。

■1単元1枚のオリジナルテキスト

分厚いテキストでは、どうしても知識の繋がりを意識するのは難しいです。

大きな1枚のテキストで、中心となるコア知識から体系化して覚えられます。

■アウトプット中心の個別カリキュラム

学習にはインプットよりアウトプットが大事といわれています。

日々の生徒と講師との講義の中でアウトプットを徹底し、知識を使って考える力を伸ばします。

完全オンライン全国対応

完全オンラインのため、全国どこからでも受講できます。

学習の悩みもチャットで相談できます。

電話・メール・LINE・Zoomを利用して相談もできます。

4章: 歯学部を地獄と感じないために、塾を活用して勉強の負担を減らす

完全オンライン型「60日合格塾」のご紹介

この章では、完全オンライン型「60日合格塾」について紹介します。

完全オンライン型なので、自分のライフスタイルに合わせて受講可能です。

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

それぞれ解説していきます。

4-1:60日合格塾の特徴

「予備校を利用してみたいけど、通うのは大変そうだ…」


→当塾は、完全オンライン型の講義で予備校に通う必要なし。

動画講義だけでなく、プロ講師との1対1のzoomでの講義があり、集中力を持続させます。

「どんなスケジュールで勉強していけば試験に間に合うのかわからない…」


→あなたの学力に合ったオリジナルカリキュラムを組み、学習の進捗に応じて講師と相談の上、その都度計画を改善していきます。

また、一年間の学習計画の立て方についても無料で相談に乗ります

「結局自分に合っているのはどの予備校なのか分からない」


→このようなお悩みでも無料で相談可能。

  • 現在の成績で歯学部を卒業できるのか?
  • 今の勉強方法であっているのか?

歯科医師国家試験や、歯学部試験に関する疑問やお悩みは、何でも相談ください。

当塾に入塾しなくても、もちろん相談費用は無料です。

もしあなたが予備校選びや勉強法に不安や迷いを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

4-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので、知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで、60日合格塾では、大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

4-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

実は、学習を進める際には、インプットだけでなくアウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

4-1-3:完全オンライン 全国対応可能

当塾は、面談~入塾~受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも、安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

4-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

  • 予備校探しのお悩み
  • 歯科医師国家試験に向けての勉強法
  • 自分なりに学習しているが漠然とした不安がある

など「60日合格塾」になんでもご相談ください。

4–2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

4-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

4-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は、「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:歯学部は地獄のように感じる時もあるかもしれないが、解決策はある

歯学部の勉強、実習、試験は、非常に大変で地獄のように感じるときもあるでしょう。

また、卒業してからも決して楽な道ではありませんが、その分やりがいのある職業と言えます。

しかし、これらには解決策が存在するので、一つずつ実践していきましょう。

歯学部を地獄のように感じた時の解決策は

  • 自分の将来の目標を明確にする
  • 目的意識を持って勉強する
  • 計画と立てて勉強する
  • 必要に応じて塾・予備校も検討する

といった方法が有効です。

しかし、自分だけでは対処が困難な場合もあり、塾を利用することも1つの選択肢です。

全国どこでも受講可能な完全オンライン型の「60日合格塾」は、自分のライフスタイルに合わせて利用できるのでおすすめです。

歯学部での勉強を地獄のように感じてしまいどうにもならなくなった時は「60日合格塾」を検討してみてはいかがでしょうか? 

60日合格塾についてご興味をお持ちいただけましたら、こちらのサイトもぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア