今日からできる!歯学部生活を忙しいと感じなくなる解決策を徹底解説!

  • 公開日:2023.12.04
  • 更新日:2023.12.04
  • 196 views
今日からできる!歯学部生活を忙しいと感じなくなる解決策を徹底解説!
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯学部が忙しいと感じる理由と解決策徹底解説!

あなたは、

  • 歯学部が忙しいか知りたい
  • 歯学部生の学年ごとのスケジュールが知りたい
  • 歯学部の勉強が大変か知りたい

とお考えではありませんか。

結論、歯学部生は忙しいですが、時間管理を見直せば十分に時間を作れます。

そこでこの記事では、

1章で、歯学部が忙しい理由3つ

2章で、歯学部が特に忙しい次期

3章で、歯学部生の学年ごとのスケジュール

4章で、忙しい歯学部生活を乗り切る方法

5章で、忙しい歯学部生活におすすめの塾「60日合格塾」

について解説します。

この記事を読んで、歯学部生が忙しい理由を把握し、効率よく勉強し楽しい歯学部生活を過ごしましょう。

目次

  1. 1章:歯学部生が忙しい理由3つ
    1. 1-1:歯学部は勉強の難易度が高く、量が膨大である
    2. 1-2:歯学部生は部活・サークルなどの課外活動も忙しい
    3. 1-3:アルバイトなどの学外の活動に忙しい学生もいる
  2. 2章:歯学部が特に忙しい時期
    1. 2-1:試験期間
      1. 2-1-1:試験の回数が多く、追試も含めるとずっと試験受ける場合も
      2. 2-1-2:試験のウェイトが大きく、留年がかかっている場合もある
    2. 2-2:臨床実習期間
      1. 2-2-1:与えられる課題の内容が難しい
      2. 2-2-2:実習先の先生とのやりとりでストレスを感じる人も多い
  3. 3章:歯学部生の学年毎のスケジュール
    1. 3-1:1年生
    2. 3-2:2年生
    3. 3-3:3年生
    4. 3-4:4年生
    5. 3-5:5年生
    6. 3-6:6年生
  4. 4章:忙しい歯学部生活を乗り切る方法
    1. 4-1:友人と切磋琢磨する
    2. 4-2:初心に返る
    3. 4-3:時間管理を見直す
    4. 4-4:適度にストレス発散する
    5. 4-5:塾・予備校を活用して学習効率をあげる
  5. 5章:忙しい歯学部生におすすめの「60日合格塾」のご紹介
    1. 5-1:60日合格塾の特徴
      1. 5-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト
      2. 5-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム
      3. 5-1-3:完全オンライン 全国対応可能
    2. 5-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を
      1. 5–2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています
      2. 5-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です
      3. 5–2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  6. まとめ:歯学部は忙しいが、解決策はある

1章:歯学部生が忙しい理由3つ

歯学部が忙しい理由3つ

この章では、歯学部生の生活実態と本当に遊べないのかについて解説します。

  • 歯学部は勉強の難易度が高く、量が膨大である
  • 歯学部生は部活・サークルなどの課外活動も忙しい
  • アルバイトなどの学外の活動に忙しい学生もいる

それぞれ説明します。

1-1:歯学部は勉強の難易度が高く、量が膨大である

歯学部は他学部と異なり、6年制で学ぶ内容は多岐に渡ります。

低学年のうちに一般教養科目を学び、年次が上がってくるとそこに専門科目の学習が加わります。

1年生は一般教養科目が中心で、2年生からは専門科目が増えてきます。

3年生では、専門科目を本格的に勉強します。

4年生では、今までの総復習となるCBT・OSCEがあるため、通常の授業に加えて、これまで習ったことの復習をする必要も出てきます。

また、5年生以降は、臨床実習も始まりさらに勉強が大変になります。

そして6年生では、卒業試験・国家試験と非常に大きな試験があり、対策も大変です。

1-2:歯学部生は部活・サークルなどの課外活動も忙しい

多くの歯学部生は、部活・サークルなどの課外活動をしており、内容もさまざまです。

大学での部活動は、本格的に活動する部も多く、大会前は週3日以上の練習をしたり、朝練や休日は練習試合をしたりと非常に忙しいです。

また、交友関係を広げるために大学内のサークルに所属したり、インカレサークルに所属したりしている学生もいます。

1-3:アルバイトなどの学外の活動に忙しい学生もいる

多忙な学業と厳しい試験対策の合間を縫って、多くの歯学部生は何らかの形でアルバイトをしています。 

アルバイトの目的は様々で、生活費を稼ぐため、専門スキルを高めるため、人脈を広げるためなど、理由は一人一人異なります。

アルバイトと学業の両立は、歯学部生にとって大きな課題です。

特に試験期や実習期間中は、多くの学生がアルバイトを控える傾向にあります。

そのため、効率的な時間管理と、柔軟なスケジュール調整がより重要です。

2章:歯学部が特に忙しい時期

この章では、歯学部が特に忙しい時期について解説します。

  • 試験期間
  • 臨床実習期間

それぞれ説明します。

2-1:試験期間

歯学部は、試験の回数が多く、追試も含めるとずっと試験受ける場合もあります。

また、試験のウェイトが大きく、留年がかかっている場合もあります。

それぞれ解説します。

2-1-1:試験の回数が多く、追試も含めるとずっと試験受ける場合も

1、2年次は、歯学の基礎を勉強します。

3年次以降は、臨床歯学の学習が増えます。

専門性の高い内容を学ぶため、理解にも苦労し内容も膨大です。

4年次には、CBT、OSCEという医療系大学間共用試験が行われ、専用の対策が必要です。

これらを突破できない場合は、進級できない大学が多いです。

5年次からは、臨床実習が開始され、予習・復習がさらに重要になります。

合わせて、早期からの国家試験対策も必要です。

6年次は、臨床実習、卒業試験、国家試験と膨大な勉強量が必要になります。

本試験に不合格となれば、追試験を受験し合格・進級を目指すことになります。

科目数も膨大なので、追試験を受験しているうちに次の本試験が迫ってきます。

人によっては、常に試験対策を続けなければいけないため非常に忙しいです。

2-1-2:試験のウェイトが大きく、留年がかかっている場合もある

歯学部では、基本的にはほぼ全ての科目が必修で、1科目でも不合格だと留年することになります。

その科目の合格・不合格は、試験が占めるウェイトは非常に大きいです。

そのため、試験に対するプレッシャーはとても大きく、精神的につらいと感じる場合も多いです。

大学側としては新卒で国家試験に合格できるような学生を進級させる必要があり、進級試験・卒業試験で学生を絞り込むために試験を難しくせざるを得ない状況が続いています。

2-2:臨床実習期間

5年次から始まる臨床実習では、与えられる課題の内容が難しいだけでなく、実習先の先生とのやりとりでストレスを感じる人も多いです。

それぞれ解説します。

2-2-1:与えられる課題の内容が難しい

歯学部実習先は、大学付属病院で、口腔外科や矯正科、小児歯科などさまざまな領域の実習先で実習します。

一部では、見学実習のみの実習先もありますが、事前に治療の流れについて先生と打ち合わせを十分行った上で、実習に臨まなければいけない実習先がほとんどで、この課題が非常に大変です。

実習先によって、辛さは大きく異なりますが、与えられる課題が難しく、大変な実習先での実習の場合は、予習復習をしっかり行う必要があります。

2-2-2:実習先の先生とのやりとりでストレスを感じる人も多い

担当の先生とは、事前に治療の流れを十分に打ち合わせしたり、実習後のフィードバックを受けたりします。

また、指導医の先生とのカンファレンスが必要ですが、指導医の先生も忙しくなかなかつかまらず、無駄な時間が過ぎていくこともしばしばです。

それも考慮してスケジュールを想定し、課題をこなしていくことは非常に大変です。

そして、厳しいフィードバックをされる場合もあり、ストレスを感じる学生も多いです。

3章:歯学部生の学年毎のスケジュール

歯学部の、学年ごとのスケジュールを理解しましょう。

3-1:1年生

語学や社会学などの教養教育科目が中心で、学専門教育の基礎となる科目を履修する大学が多いです。

早い段階で歯学の入り口に触れるため、歯学への興味も高まります。

比較的時間に余裕があるので、勉強以外の活動(部活、サークル、バイト、旅行、恋愛など)を充実させることもできます。

3-2:2年生

1年生の時と比較すると、専門科目の授業が少しずつ増え、内容も高度になります。

そのため、闇雲に暗記をするのではなく、しっかり理解をしながら進むということが重要です。

また、一般的に教養科目を受講できるのは、2年生までの場合が多いので、そちらも考慮して受講計画を立てることが重要です。

3-3:3年生

3年次から臨床科目の学習が始まる大学が多く、低学年の時と比較すると、勉強内容はさらに増え、難しくなります。

周りとしっかり情報共有し、過去問を入手し傾向・要点を掴んで勉強することがより重要になります。

試験になかなか合格できないと、追試験に追われ年がら年中試験漬けになってしまうので注意が必要です。

3-4:4年生

4年次には、CBT・OSCEという医療系大学間共用試験が行われます。

合格率の非常に高い試験ではありますが、範囲が膨大なので、1年次からの学習内容を振り返りながら学ぶことが重要です。

CBT・OSCEに合格すると、早い大学では4年生のうちから臨床実習がスタートします。

3-5:5年生

5年次からは臨床実習が開始され、さらに忙しくなります。

課題が大変だったり、指導教官との人間関係がうまくいかなかったり、ストレスを感じる学生も多いです。

また、課題のフィードバックを指導教官の空き時間に貰う必要があるため、スケジュール管理が非常に重要になります。

3-6:6年生

6年次には、臨床実習の総仕上げを行ったり、卒業試験を受験したり歯科医師国家試験を受験したりします。

これまでの試験と異なり単一教科ごとの試験ではなく、複数科目もしくは国家試験形式のように全範囲の出題となります。

4章:忙しい歯学部生活を乗り切る方法

忙しい歯学部生活を乗り切る方法

この章では、忙しい歯学部生活を乗り切る方法について解説します。

  • 友人と切磋琢磨する
  • 初心に返る
  • 時間管理を見直す
  • 適度にストレス発散する
  • 塾・予備校を活用して学習効率をあげる

それぞれ説明します。

4-1:友人と切磋琢磨する

気の合う仲間を見つけることは、学生生活をより充実させ、後悔しないための大きな要素となります。

仲間とのコミュニケーションは、精神的なサポートはもちろん、学業においても多くの利点があります。

共に学ぶことでモチベーションを高めたり、互いに知識やスキルを共有したり、歯学部特有の悩みを相談したり共有したりできます。

歯学部では、勉強する内容も高度でその量も膨大です。

そして進級試験・卒業試験・国家試験など、数々の試験を乗り越えた先に、ようやく歯科医師免許を手にすることができます。

その過程で、共に歩み、同じ苦労を経験している仲間との絆が生まれます。

6年間互いに切磋琢磨した仲間は、一生ものの仲間です。

4-2:初心に返る

歯学部に入学すると、多くの学生が圧倒的な勉強量に圧倒されがちですが、立ち止まって初心に返り、自分がどういう歯科医師になりたかったのか再確認することが重要です。

目標が明確であれば、困難な状況に遭遇したときでも、その目標に向かって進む力が湧きます。

また、自分が何を目指しているのかを知っていると、より集中して効率的な勉強ができます。

4-3:時間管理を見直す

歯学部は勉強内容も非常に多く、その他の活動もやろうとすれば時間は非常に限られます。

そのため、時間管理を見直し、本当に自分に必要なことをやっていくことが重要です。

時間管理の方法としては、

  1. 部活・サークルの数を絞る
  2. 好きな人とだけ過ごすようにする
  3. スケジュールの組み方を工夫する
  4. 行くかどうか迷う飲み会は行かない
  5. アルバイトは最低限にする

といった方法があります。

4-4:適度にストレス発散する

試験期間中に、合間にできるストレス発散法を紹介します。

①料理

料理をすることでセロトニンが分泌され、ストレス解消法に効果があります。

単純な反復運動に注意を向けることで、精神が安定します

②読書・漫画

読書も、ストレス解消効果があるといわれています。

5分くらいのスキマ時間でも行える、おすすめストレス解消法でおすすめです。

③散歩・ウォーキング

散歩やウォーキングは、思い立ったときにすぐ始められるのでおすすめです。

学校からの帰り道、いつもと違う道を通るだけでも気分転換になります。

④運動・ジム通い

適度な運動は、ストレス解消になります。

自宅で運動ができない方は、ジムに通うのも良いでしょう。

ジムに行くことで生活習慣が整い、運動をすることで健康体質になります。

⑤寝る

睡眠不足は、身体に大きく影響し、ストレスに繋がりやすいです。

睡眠環境を整え、睡眠の質も意識しましょう。

枕やマットレスに気を配るだけで、睡眠の質は格段にアップします。

⑥入浴

入浴することで得られるメリットとして

  • 疲労回復や自律神経をコントロールできる
  • 血流やリンパの流れがよくなる

などの効果があります。

4-5:塾・予備校を活用して学習効率をあげる

歯学部の勉強内容は、膨大で難しい内容も多く、歯学部生活は非常に忙しいです。

そのため、1人だけ勉強するのではなく、塾・予備校を活用することも有効です。

当メディアを運営している完全オンライン型「60日合格塾」は、自分のライフスタイルに合わせて受講可能です。

5章:忙しい歯学部生におすすめの「60日合格塾」のご紹介

忙しい歯学部生活は塾を活用し効率化を

この章では、完全オンライン型「60日合格塾」について紹介します。

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

それぞれ解説していきます。

5-1:60日合格塾の特徴

当塾は、完全オンライン型の講義で予備校に通う必要はありません。

動画講義だけでなくプロ講師との1対1のzoomでの講義があり、集中力を持続させます。

また、あなたの学力に合ったオリジナルカリキュラムを組み、一年間の学習計画の立て方についても無料で相談に乗ります。

歯学部の進級や歯科医師国家試験に関する疑問やお悩みも、何でも相談ください。

当塾に入塾しなくても、もちろん相談費用は無料です。

もしあなたが予備校選びや勉強法に不安や迷いを感じているのであれば、ぜひ一度、当メディアを運営する「60日合格塾」に無料相談してみてください。

5-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。  

60日合格塾では、大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

5-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

 60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、歯学部の進級試験や国家試験本番に対応できる力を身に付けていきます。

5-1-3:完全オンライン 全国対応可能

当塾は、面談~入塾~受講までを完全オンラインで、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、質問はチャットで24時間対応など、困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

5-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

予備校探しのお悩み、歯科医師国家試験に向けての勉強法、自分なりに学習しているが漠然とした不安がある、など「60日合格塾」になんでもご相談ください。

5–2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

5-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能です

実は、「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

ぜひ相談を検討してみてください。

5–2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

当塾の面談の特徴は、「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:歯学部は忙しいが、解決策はある

この記事では

  • 歯学部は勉強も大変で、さまざまな課外活動もあり非常に忙しいこと
  • 試験期間や臨床実習期間は特に忙しいこと

を紹介しました。

また、忙しさを乗り切るためには、

  • 友人と切磋琢磨する
  • 初心に返る
  • 時間管理を見直す
  • 適度にストレス発散する
  • 塾・予備校を活用する

といった方法があることを解説しました。

効率よく勉強を進めるためには、塾の活用も有効です。

要領よく歯学部生活を送り、有意義な歯学部生活を送りましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア