遊べない歯学部生必見!歯学部の生活実態と時間管理を徹底解説

  • 公開日:2024.01.11
  • 更新日:2024.01.11
  • 373 views
遊べない歯学部生必見!歯学部の生活実態と時間管理を徹底解説
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯学部生は遊べない?上手なやりとりと勉強法も徹底解説

あなたは、

  • 歯学部生は遊べないのか知りたい
  • 歯学部生がなぜ遊べないのか知りたい
  • 時間をやりくりする方法を知りたい

とお考えではありませんか。

結論、歯学部生は忙しいですが、時間管理を見直せば十分に時間を作れます。  

なぜなら、時間管理術をうまく使い、自分のやりたいことに焦点を当てれば時間を有効活用できるからです。

しかし、学業以外の活動もこなしながら、勉強するのは非常に大変です。

できるなら、効率よく勉強や学業以外の活動に取り組み、歯学部生活を楽しみたいですよね。

そこでこの記事では、

1章で、歯学部生の生活実態

2章で、遊べない歯学部生のための時間管理術5選

3章で、自分のやりたいことを考え直すこと

について解説します。

この記事では、歯学部生活で時間管理術を知り、自分のやりたいことを見直すきっかけを知れます。

この記事を読んで、時間管理を見直し効率よく勉強し楽しい歯学部生活を過ごしましょう。

1章:歯学部生は遊べない?歯学部生の生活実態

この章では、歯学部生の生活実態と本当に遊べないのかについて解説します。

  • 歯学部生の生活
  • 歯学部生の勉強事情
  • 歯学部生のバイト事情

それぞれ説明します。

1-1:歯学部生の生活

歯学部生の生活は、非常に忙しいです。

その大きな理由の一つが、勉強する内容の膨大さにあります。

歯学部生は、低学年のうちに他の学部と同じように、幅広い知識を身につけるための一般教養科目を学びます。

さらに年次が上がってくると、そこに専門科目の学習が加わります。

専門科目は非常に高度かつ幅広い内容で、多くの時間と労力が必要です。

そのため、歯学部生がプライベートの時間を確保することは、困難と言えます。

とは言え実際は、多くの歯学部生がバイトをしており、内容もさまざまです。

一部の学生は、専門性を活かして、歯科医院でのアルバイトをしている場合もあります。

しかし、勉強とバイトの両立は容易ではありません。

特に試験期になると、多くの学生がバイトを控える傾向にあります。

総じて、歯学部生の生活は多忙であり、遊ぶ時間は多くはないのでやりくりが重要です。

1-2:歯学部生の勉強事情

歯学部生の勉強事情は、「厳しい」です。

特に、学年が上がるごとに勉強は大変になっていきます。

それぞれの学年で、さまざまな大変なことがあります。

1-2-1:1-6年生までに学ぶこと

歯学部は他学部と異なり、6年制のカリキュラムが組まれています。

その6年間で学ぶ内容は、多岐に渡ります。

1年生は一般教養科目が中心で、2年生からは専門科目が増えてきます。

4年生では、今までの総復習となるCBT・OSCEがあるため、通常の授業に加えてこれまで習ったことの復習をする必要も出てきます。

また、5年生以降は、臨床実習も始まりさらに勉強が大変になります。

そして6年生では、卒業試験・国家試験と非常に大きな試験があり、対策も大変です。

1-2-2:試験対策は大変でなかなか遊べない

試験対策は、歯学部生にとって大きな負担です。

過去問を使った対策が一般的で、多くの学生が図書館や自宅で長時間勉強に励んでいます。

この期間は特にプライベートが犠牲になり、遊ぶ時間はほとんどありません。

【総括】

歯学部生の勉強事情は、一般の大学生と比べても非常に厳しいです。

しかし、それは専門性の高い知識と技術を身につけるための必要な過程です。

試験対策が大変であることは確かですが、それによって得られるものも大きいはずです。

1-3:歯学部生のバイト事情

歯学部生とバイトの関係は、一見矛盾しているように思えます。

多忙な学業と厳しい試験対策の中で、バイトをする時間があるのでしょうか。

しかし、実は、多くの歯学部生が何らかの形でバイトをしています。

歯学部生が選ぶバイトは、多種多様です。

一部の学生は、専門性を活かして歯科医院でのアルバイトを選ぶこともあります。

その他、一般的な飲食店や販売業でのバイトも少なくありません。

バイトの目的も様々で、生活費を稼ぐため、専門スキルを高めるため、人脈を広げるためなど、理由は一人一人異なります。

バイトと学業の両立は、歯学部生にとって大きな課題です。

特に試験期や実習期間中は、多くの学生がバイトを控える傾向にあります。

しかし、効率的な時間管理と柔軟なスケジュール調整によって、多くの学生がこの課題を乗り越えています。

その秘訣は、効率的な時間管理にあります。

これから2章で、時間管理について説明します。

2章:歯学部で勉強時間を確保するための時間管理術5選

この章では、限られた時間の中で勉強時間を確保する方法について解説します。

  • 部活・サークルの数を絞る
  • 成績の良い人たちとの時間を作る
  • スケジュールの組み方を工夫する
  • 行くかどうか迷う飲み会は行かない
  • アルバイトは最低限にする

それぞれ説明します。

2-1:①部活・サークルの数を絞る

歯学部では多くの学生が、忙しいスケジュールに追われています。

その中で効率的に時間を使い、勉強に集中するためには、まず部活やサークルの数を絞ることが重要です。

多くの学生が、さまざまな活動に参加します。

しかし、それが逆に時間の浪費となり、勉強時間が確保できない場合も少なくありません。

部活やサークルは楽しく、人間関係を深める場でもあります。

歯学部生活で時間管理を上手に行うなら、これらの活動を厳選する必要があります。

大学生は忙しさのため、ストレスを感じることが多いといわれています。

部活やサークルの数を絞ることで、ストレスを減らし、より集中力を高めることができるでしょう。

2-2:②成績の良い人たちとの時間を作る

大学生活は、多くの人々との交流があります。

その中で「成績のよい人たちの時間を作る」というのは、一見自己中心的に思えるかもしれません。

しかし、これはとても重要なことです。

歯学部での勉強は、非常に大変です。

どの人とどのように過ごし、勉強密度の濃い時間を過ごせるかが非常に重要です。

成績のよい人からの情報に触れると、試験のポイントをしっかり抑えることができますし、わからない点の質問もできます。

また、成績のよい人の勉強の進み具合を知り、自分の勉強の進む具合が十分かどうかも確認できます。

成績のよい人たちと時間を過ごすことで、よい影響をたくさん受けられるので、成績のよい人と時間を過ごすことは非常にオススメです。

2-3:③スケジュールの組み方を工夫する

歯学部の学生にとって、時間は非常に重要です。

そんな忙しい中でも勉強時間を確保するためには、スケジュールの組み方を工夫することがオススメです。

具体的には、以下のような工夫が有効です。

  • 優先度の高いタスクを先に行う:一日の始めに最も重要な勉強やタスクを済ませることで、その後の時間を効率的に使えます。
  • 時間帯を意識する:人それぞれ効率の良い時間帯があります。自分が一番集中できる時間帯を見つけ、その時間を勉強にあてるとよいでしょう。
  • ブロック時間を設定する:一つ一つのタスクの時間を区切ります。そのような工夫をすることで、計画通りに勉強を進められます。
  • 休憩も計画的に:無計画な休憩は時間の浪費につながります。短い休憩を取りながら、集中力を維持することが重要です。
  • 余裕を持たせる:予想以上にタスクに時間がかかることも多いです。そのため、スケジュールには少しの余裕を持たせましょう。

これらの工夫を行うことで、より多くの時間を勉強にあてることができます。

2-4:④行くかどうか迷う飲み会は行かない

大学生活といえば、飲み会も欠かせない要素の一つです。

しかし、歯学部生の時間は限られているので、このようなイベントに対する時間の使い方も見直す必要があります。

「行くかどうか迷う飲み会」に参加しないことも重要です。

行くかどうか迷う飲み会とは、自分自身が本当に参加したいと思えない会です。

このような飲み会に参加すると、時間だけでなくエネルギーも消耗します。

その結果、勉強や他の重要な活動に対する集中力が、散漫になる可能性があります。

行くかどうか迷う飲み会には参加しないことで、その時間を勉強やそのほかの活動や交流に使うことができます。

2-5:⑤アルバイトは最低限にする

多くの大学生は、アルバイトをしています。

歯学部の学生にとっては、アルバイトに費やす時間が多すぎると、勉強時間が削られてしまいます。

そのため、アルバイトは最低限にすることがオススメです。

アルバイトは、確かに生活費を稼ぐ手段として重要です。

しかし、歯学部での学業のウェイトは非常に大きいです。

アルバイトで得られる経験やスキルも価値がありますが、そのせいで勉強時間が確保できないのであれば、そのバランスを見直す必要があります。

具体的には、週に何時間アルバイトをするか、または月に何日アルバイトをするかを具体的に決めることが有効です。

勉強とアルバイトのバランスを保ちつつ、効率的に時間を管理をしていきましょう。

3章:遊べない歯学部生は自分のやりたいことを考え直そう

この章では、遊べない歯学部生が、自分のやりたいことをするための方法について解説します。

  • やるべきこととやりたいことを紙に書き出してみる
  • 時間がないと感じたら、「減らせること」
  • 夜、自分1人で考える時間を作る

それぞれ説明します。

3-1:やるべきこととやりたいことを紙に書き出してみる

歯学部生としての生活は忙しく、講義、実習、試験に追われがちです。

しかし、将来のキャリアについて考える時間も必要です。

ここで重要なのは、自分が何をしたいのか、何をすべきなのかを明確にすることです。

まず、紙とペンを手に取り、心の中で渦巻いている考えを整理しましょう。

一列に「やるべきこと」、もう一列に「やりたいこと」を書き出します。

このシンプルな行動が、自分自身と向き合う最初のステップです。

このリストを作成することで、何が優先されるべきか、何が後回しにできるのかが見えてきます。

もし、やりたいことが見つからない場合、それは自分が何を求めているのかを考え直すよい機会です。

3-2:時間がないと感じたら、「減らせること」がないか考える

多くの歯学部生は、時間がないと感じています。

講義、実習、試験の準備、そしてアルバイトやプライベートの活動などやることが山積みです。

これら全てをこなすには、一日24時間では足りないと感じることもあるでしょう。

ここで大切なのは、「減らせること」がないかを考えることです。

先ほど作成した、「やるべきこと」と「やりたいこと」のリストを再度見てみましょう。

その中で、本当に必要なものとそうでないものを明確にし、時間を有効に使いましょう。

たとえば、SNSやスマホの視聴時間を減らすことで、より重要なタスクに集中できる時間が増えるかもしれません。

また、いくつかの課題を一度にこなす「マルチタスク」は効率的に見えますが、実はそれぞれのタスクの質が下がる可能性もあります。

このように、「減らせること」を見つけ出すことで、自分の時間をより有意義に使うことができるのです。

3-3:夜、自分1人で考える時間を作る

歯学部生の日常は忙しく、多くの人が「自分の時間」を持つことが難しいと感じています。

しかし、自分自身と向き合う時間は重要です。

特に夜、一日の喧騒が落ち着いた時間は、自分自身と向き合う最適な瞬間といえます。

この時間を作るためには、まずはスケジュールに「自分の時間」を意識的に入れることが有効です。

15分でも1時間でも、時間を取り自分自身の思考や感情、目標を整理し理解を深めます。

この時間を使って、先ほど作成した「やるべきこと」と「やりたいこと」のリストを見返すのも一つの方法です。

また、この時間は、新しいアイデアや解決策が浮かぶ場でもあります。

何もしない、ただ座って考えるだけの時間も、実は非常に価値のある時間です。

夜の静かな時間を利用して、自分自身としっかり向き合いましょう。

そうすることで、より充実した日々を送ることができるでしょう。

まとめ:遊べない歯学部生は時間管理を見直そう

歯学部生は忙しく、遊ぶ時間を作ることも大変です。

勉強も非常に大変で、その中でアルバイトのやりくりをすることも一苦労です。

時間をやりくりするために

  • 部活・サークルの数を絞る
  • 好きな人とだけ過ごすようにする
  • スケジュールの組み方を工夫する
  • 行くかどうか迷う飲み会は行かない
  • アルバイトは最低限にする

といったことも有効です。

また、忙しさの根本を解決するために

  • やるべきこととやりたいことを紙に書き出してみる
  • 時間がないと感じたら、「減らせること」
  • 夜、自分1人で考える時間を作る

といったことも重要です。

時間の使い方を工夫したり、自分の本当にやりたいことと向き合ったりして、有意義な歯学部生活を送りましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア