歯科医師国家試験が難しい理由と、今年合格するためにすべきこと

  • 公開日:2023.08.25
  • 更新日:2024.02.01
  • 97 views
歯科医師国家試験が難しい理由と、今年合格するためにすべきこと
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

難しい歯科国試の現状と効率の良い対策を徹底解説

あなたは、

  • 歯科医師国家試験が難しくてどうすべきか知りたい
  • 歯科医師国家試験は本当に難しい試験なのか知りたい
  • 歯科医師国家試験になんとかして今年合格したい

とお考えではありませんか?

結論から言えば

  • 歯科国試は3人に1人が落ちる
  • 歯科国試の合格率は下降傾向

非常に難関な試験です。

しかし、歯科医師国家試験を受験するのなら、一発合格したいと思っているはずですよね。

 

この記事を読むことで、非常に難しい国家試験対策において知っておくべきことを学べます。

1章で歯科医師国家試験は難しい試験|合格率とその理由、

2章で難しい歯科国試に【現役】合格するために知っておくべきこと

3章で【浪人生】で歯科国試を難しいと感じている人がすべき4つのこと

4章で難しい歯科国試でも【60日間あれば合格】できる

について解説しています。

この記事を読んで、難しい歯科国試への対策法を学び効率よく合格を勝ち取りましょう。

目次

  1. 1章:歯科医師国家試験は難しい試験|合格率とその理由
    1. 1-1:歯科国試は約3人に1人が落ちる難しい試験
    2. 1-2:歯科国試の合格率は下降傾向にある
    3. 1-3:歯科国試の合格率が下がっている理由
    4. 1-4:歯科国試は全問解ける必要はない
  2. 2章:難しい歯科国試に【現役】合格するために知っておくべきこと
    1. 2-1:現役合格できる人の特徴
      1. 2-1-1:卒試と国試にダブル合格する戦略を立てている
      2. 2-1-2:国試を意識した勉強法を身に付けている
      3. 2-1-3:必ず一発で受かるという意志を持っている
      4. 2-1-4:同じ志を持った勉強仲間がいる
    2. 2-2:現役合格するために今からすべき4つのこと
      1. 2-2-1:自分の勉強法・勉強計画を見直す
      2. 2-2-2:模試や大学の成績などの指標をフル活用する
      3. 2-2-3:国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
      4. 2-2-4:必要に応じて予備校・塾に通う
  3. 3章:【浪人生】で歯科国試を難しいと感じている人がすべき4つのこと
    1. 3-1:不合格になった原因を分析する
    2. 3-2:1年間の勉強スケジュールを立てる
    3. 3-3:自分にあった勉強法を知る
    4. 3-4:学習環境を整える
      1. 3-4-1:周りの友人も合格に向けて真剣に努力している
      2. 3-4-2:長時間集中して勉強できる場所がある
  4. 4章:難しい歯科国試でも【60日間あれば合格】できる
    1. 4-1:60日合格塾の特徴
      1. 4-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト
      2. 4-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム
      3. 4-1-3:完全オンライン 全国対応可能
    2. 4-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を
      1. 4-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています
      2. 4-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能
      3. 4-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  5. まとめ:難しい歯科医師国家試験には、適切な対策が必要

1章:歯科医師国家試験は難しい試験|合格率とその理由

歯科医師国家試験は難しい試験合格率と理由

この章では、歯科医師国家試験の合格率は下降傾向にあること・合格率が下がっている理由について解説します。

1-1:歯科国試は約3人に1人が落ちる難しい試験

歯科医師国家試験の第116回(2024年)の合格率は、63.5%(受験者数3,157人、合格者数2,006人)でした。

前年の第115回の合格率61.6% 合格者数1,969人に比べると、合格率は若干持ち直し、合格者数も2,000人を上回りました。

しかし、前年度より合格率は持ち直したものの、歯科国試は約3人に1人が落ちる難しい試験です。

1-2:歯科国試の合格率は下降傾向にある

歯科医師国家試験の受験者数、合格者数、合格率の推移を見ると、第106回(2013年)までは70%台だった合格率が、第107回(2014年)には63.3%と大きく減少しました。

その後、第114回(2021年)までは、合格率は65%程度、合格者数は約2,000名とほぼ横ばいでしたが、第115回(2022年)には合格率61.6%、合格者数1989人へと減少したこともあり、この傾向が今後も続く、あるいはさらに減少すると予測されます。

1-3:歯科国試の合格率が下がっている理由

歯科医師国家試験の合格率が低下している理由の1つとして考えられるのが、2000年代から表面化した「歯科医師過剰問題」です。

全国の歯科医院の数はコンビニの数より多い」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

昭和40年代から50年代にかけて歯科医師の不足が叫ばれ多くの歯学部が新設された結果、今度は歯科医師過剰の状態となってしまったのです。

歯学部の入学定員も国から削減の方針が打ち出されていますが、こちらは各大学の経営状況の悪化も相まって、微減傾向にはあるものの定員自体はさほど変わっていないようです。

歯科医師の需給バランス(供給過剰)と、同時に懸念される質の低下の解決策の一環として、歯科医師の数を絞り込み、削減する施策が、段階的に進められていると考えられています。

1-4:歯科国試は全問解ける必要はない

歯科国試は、合格率が下がっていることについて説明してきました。

運転免許証を初めとした一般的な資格試験は9割以上得点できるのが、当たり前と考えられています。

それと同様に考えてしまうと歯科国試は、ほとんど問題を間違えられないと考えてしまいますよね。

しかし、歯科国試の合格者の正答率は6割程度です。

試験は簡単な年でも7割程度です。

そのため、3割は不正解でも大丈夫です。

ミスを考慮したとしても、2割つまり5問に1問は解けなくて大丈夫なことになります。

合格率は下降傾向にありますが、適切な対策をすれば合格は十分可能と考えられます。

2章:難しい歯科国試に【現役】合格するために知っておくべきこと

難しい歯科国試に現役合格するために知っておくべきこと

この章では

  • 歯科国試に現役合格できる人の特徴
  • 現役合格するために今からすべきこと

について解説します。

2-1:現役合格できる人の特徴

2-1-1:卒試と国試にダブル合格する戦略を立てている

今年は卒業だけして、国試は来年受かればいいや」と思っている方は注意が必要です。

一般に、現役時代に受ける一回目の国家試験が、最も受かりやすいともいわれています。

なぜこのような現象が起きるかと言うと、一般的には、臨床実習から離れる時間が長くなると実際の臨床場面をイメージしづらくなるから、と言われています。

ダブル合格できた人は、自分が今年1年で卒試と国試に同時合格するために必要なことをしっかりと見極め、ゴールから逆算して戦略を立てていました。

この戦略をしっかり立てられるかどうかで、国家試験の合否は大きく左右されます。

2-1-2:国試を意識した勉強法を身に付けている

歯科医師国家試験に一発合格できる人の特徴として、「国試を意識した勉強法を身につけている」ということが挙げられます。

国家試験の合否を左右する大きな要素が「国家試験本番で自分の実力を出し切れるかどうか」です。

これは言い換えれば、国家試験の出題形式を把握し、さらに初見の問題でも対応できる能力を身に付けていることが重要ということでもあります。

そのためには

  • コアな知識を完璧にする
  • 科目間の関連を意識する

といった勉強法がおすすめです。

2-1-3:必ず一発で受かるという意志を持っている

歯科医師国家試験に一発合格できる人は、「自分は今年必ず合格する」という覚悟を試験当日まで持ち続けられる人です。

もちろん、受験期間は辛いことも多く、誰でも「自分は本当に合格できるのか」というような不安が頭によぎることもあるでしょう。

しかし、そのような時に心が折れそうになる人と、立ち直れる人の違いは、「今年必ず受かって歯科医師になる」という目標に常に立ち返ることができるかどうかなのです。

2-1-4:同じ志を持った勉強仲間がいる

現役で一発合格するためには、卒業試験と国家試験の対策を同時並行に行わなければなりません。

その大変な受験期間に、同じ志を持ち共に合格に向かって努力できる仲間がいることは、大きな励みになるでしょう。

ここでいう「同じ志を持つ仲間」とは同級生だけに限らず、例えば受験のプロであるアドバイザーや大学の講師などあなたの合格を心から応援し、力になってくれる存在のことです

2-2:現役合格するために今からすべき4つのこと

2-2-1:自分の勉強法・勉強計画を見直す

歯科医師国家試験の一発合格を目指すためには、効率的な勉強法を知り「勉強の質を上げる」ことが非常に重要です。

その効率的な勉強法とは、

  1. 勉強時間・勉強の仕方を見直す
  2. 予備校・個別指導塾を上手く活用する
  3. 適切なテキストを選ぶ
  4. 国試本番を意識した勉強法を行う

の4つに大別されます。

受験勉強において「計画」というものをしっかりと把握することは非常に重要です。

毎日の勉強計画だけでなく、試験本番までの日数を考慮して、国家試験の出題傾向や出題基準を把握した上で適切な勉強方針が立てられているか、ということが非常に重要になります。

2-2-2:模試や大学の成績などの指標をフル活用する

模試や大学の試験は、初見の問題を時間内に解く練習として、また実際に本番さながらの雰囲気の中で問題を解く練習としてとても良い機会です。

一発合格を目指すためには、「模試や大学の試験結果」から得られる情報を余すことなく活用することが求められます。

模試の結果で活用すべきポイントには、以下のようなものがあります。

  • 領域別・科目別の全国平均と自分の成績との比較
  • 全国平均正答率が80%以上の問題の復習
  • ケアレスミスの発生箇所・原因の特定
  • 模試解説書の活用

領域A・Bは相対基準が採用されていますので、自分の相対的な立ち位置を把握しておくことが重要です。

全国平均正答率が高い問題(易問)を落としていた場合には、今後は落とさないように必ず復習することが大切です。

重複マークや未記入、マーキング不良が起きている場合は、本番でも同じケアレスミスをしてしまう可能性がありますので、なぜそうなってしまったかを必ず再発防止策を考えてください。

模試解説書は、必ず読み込むことをおすすめします。

そうすることで、各問題の正解・不正解だけでなく、各選択肢の解説を読んで、知識がどれくらい定着しているかを把握することができます。

2-2-3:国試のプロから客観的なアドバイスを受ける

現時点で合格までに自分に足りないものは何か?それを知るためには「国試のプロから客観的なアドバイスを受ける」ことがおすすめです。

ぜひ、身近な大学の先生や先輩、予備校の講師などに積極的に「どのような考え方や姿勢を持って受験生活を過ごしていたか」を聞いて、自分のものにすることをおすすめします。

合格できる人の勉強姿勢や受験期間の過ごし方を知り、それに近づくことが一発合格への大きな一歩です。

2-2-4:必要に応じて予備校・塾に通う

「勉強方法の見直し」「模試の活用」「プロのアドバイス」これらの全てのサポートが受けられるのが歯科医師国家試験の予備校や塾です。

他にも予備校や塾に通うメリットとして

  • 国試だけに特化した指導を受けられる
  • 学習計画を管理してくれる
  • 勉強に集中する環境が整っている
  • プロに学習相談ができる
  • 試験にかかわる最新情報を得られる

などがあります。

ひとりで学習していけるか不安があったり、国家試験のプロのサポートを受けたい場合には、予備校や塾を活用することをおすすめします。

入塾を迷っている場合には、それぞれの予備校・塾で行われている無料相談などを利用してみるのもおすすめです。

3章:【浪人生】で歯科国試を難しいと感じている人がすべき4つのこと

浪人生で歯科国試を難しいと感じている人がすべき4つのこと

ここまでは、現役生向けの内容をお伝えしました。

この章では、「浪人生」に向けた内容を説明します。

この章でお伝えするのは、以下のとおりです。

  • 不合格になった原因を分析する
  • 1年間の勉強スケジュールを立てる
  • 自分にあった勉強法を知る
  • 学習環境を整える

3-1:不合格になった原因を分析する

来年必ず合格するためにまずしていただきたいのが、「不合格の原因を分析する」ことです。

この分析がきちんと出来ているかいないかで、浪人期間中の学習効率が格段に変わってきます。

  • 不合格の原因が分かっておらず全範囲を網羅的に勉強している人
  • 不合格の原因を分析し、苦手を克服し得意を伸ばすような効率的な学習をしている人

では、後者の方が格段に学習効率が高いです。

不合格の原因分析でおすすめの方法が、国家試験の解きなおしです。

その年自分が受けた国家試験を解きなおし、間違えた問題とその分野を把握することでご自身の弱い分野がわかります。

国家試験の解きなおしの際には、単に問題の正否よりも「自分がどのように考えてその選択肢を選んだのか?」までさかのぼって考えることが重要です。

  • 選択肢全てに自信をもって解けたのか?
  • 一部の自信のない選択肢があったが消去法で解けたのか?
  • 自信のない選択肢が複数あったため解けなかったのか?

によって自分の理解度にも差があるはずです。

この場合分けを科目ごとにすることによって

  • 自信のある分野
  • 弱点・苦手な分野

を洗い出せます。

3-2:1年間の勉強スケジュールを立てる

原因分析が出来たら次にやるべきこととして「1年間の勉強スケジュールを立てる」ことが挙げられます。

しっかりと学習計画を立て、実行していくことが出来れば来年度の合格への大きな一歩となります。

まずは、3-1の方法で苦手分野の洗い出しをします。

そして苦手分野が分かったら、おおよそで良いのでその苦手分野の克服までの必要時間の目安を付けます。

ここでのポイントは

  • 基本そのものが理解できていないのか?
  • 基礎は分かっているがそこから臨床系科目とリンクさせて問題を解くことが難しかったのか?

どうかです。

基本そのものが理解できていない場合には、基礎的事項のインプットからやり直すことが重要です。

逆に、基礎は理解できている範囲については、臨床系科目の一般問題とリンクさせながら勉強していくことが重要です。

これで、おおよその苦手分野克服までの、必要時間の目安がつきます。

必要時間の目安が付いたところで、こちらを1年間の学習プランとして落とし込んでいきます。

3-3:自分にあった勉強法を知る

次に来年必ず合格するためにやってほしいことが、「自分に合った勉強法を知る」ということです。

いざ年間スケジュールに沿って勉強をはじめたとしても、その途中で多くの浪人生が当初のプラン通りに進まず、勉強に行き詰まったと感じる時期がやってきます。

そこで、一度立ち止まって考えて欲しいのが、「本当にこの勉強方法が自分に合っているのだろうか?」ということです。

勉強に行き詰った時、最も大切なことはご自身が、「このまま行けば合格できそう」という自信を持てているかどうかです。

例えスランプに陥ったとしても、「この方法で合格までたどり着ける」という自信があれば、気分転換をしつつその学習方法を継続することをおすすめします。

ただしもし、そのような自信が持てないまま、ずるずると同じ勉強方法を続けたり、同じ環境に身を置き続けている場合には、一度立ち止まって勉強方法を考え直してみることをおすすめします。

3-4:学習環境を整える

最適な学習環境を整えることで、勉強効率も上がっていきます

来年合格するためにおすすめの学習環境は大、きく以下の2つに分けられます。

  • 周りの友人も合格に向けて真剣に努力している
  • 長時間集中して勉強できる場所がある

3-4-1:周りの友人も合格に向けて真剣に努力している

浪人中の勉強方法として大手予備校などを選んだ場合、周りにも同じく歯科医師国家試験合格を目指す友人たちがいる環境になります。

しかし中には、学習意欲が低い人たちもいるかもしれません。

そのような人たちのグループに所属してしまうと、自分のモチベーションまで下がってしまう可能性があります。

逆に周りの友人たちが学習意欲が高い人たちだった場合、それが自分にとっても良い刺激となり勉強のモチベーションが上がり、学習に意欲的に取り組むことで合格に大きく近づける可能性もあります。

短いようで長い浪人生活では、一緒に切磋琢磨できる友人はかけがえなのない存在です。

3-4-2:長時間集中して勉強できる場所がある

長時間集中して勉強できる場所とは、具体的には以下のような場所です。

  • 周囲に雑音や気を散らせるものがない
  • 勉強に適したデスク、照明の明るさ・色
  • 長時間座っても疲れない椅子

これらがそろっているのが、予備校などの自習室です。

予備校が遠く通うのに時間がかかったり、そもそも予備校を利用していない人などは、ご自宅の部屋の環境を整えることもおすすめです。

自宅の学習環境を整えるには、例えば以下のような方法があります。

  • デスクには勉強道具以外置かないようにする
  • 長時間座れるようなチェアに変えてみる
  • 照明の明るさ・色温度を調節可能なものにする
  • アロマなど匂いにも気を使ってみる
  • 部屋の壁紙を集中しやすい色に変える
  • ノイズキャンセリングイヤホンで周囲の雑音をカットする

受験生にとって、長時間集中して勉強できる環境や、定まった勉強場所を確保することは、学習効率を上げるために大変重要です。

4章:難しい歯科国試でも【60日間あれば合格】できる

難しい歯科国試でも60日間あれば合格できる

この章では、歯科国試対策に有効な「60日合格塾」について、以下2つの観点から解説します。

  • 「60日合格塾」の特徴
  • 予備校選びに迷ったら、「60日合格塾」に相談を

4-1:60日合格塾の特徴

4-1-1:1単元1枚のオリジナルテキスト

60日合格塾では、1単元1枚のオリジナルテキストを使用したインプット方法を採用しています。

一般的な勉強法では、分厚いテキストを1ページずつ覚えていくので、知識の繋がりを意識することがどうしても難しい傾向にあります。

そこで60日合格塾では、大きな1枚のテキストを使用して、中心となるコアな知識から枝葉を広げるように体系化して覚えていくことを推奨しています。

4-1-2:アウトプット中心の個別カリキュラム

学習を進める際にはインプットだけでなく、アウトプットに重きを置いた勉強法がとても有効です。

60日合格塾では、日々の生徒自身の勉強や講師との講義の中での徹底的なアウトプットを通して、「覚えた知識を引き出す力・知識を使って考える力」を伸ばし、国試本番に対応できる力を身に付けていきます。

4-1-3:完全オンライン 全国対応可能

「60日合格塾」では、面談〜入塾〜受講までを完全オンラインとしています。

そのため、どのような場所にお住まいでも安心して受講することが可能です。

また、オンラインであるメリットを活かし、質問はチャットで24時間対応など、日々の学習の困りごとについてもすぐに解消できる体制を整えています。

4-2:予備校探しに迷ったら「60日合格塾」に相談を

4-2-1:国家試験のプロが親身に相談を受けています

塾長をはじめとした受験のプロである講師やスタッフが、様々な悩みや状況に対して最適なアドバイスをさせていただきます。

年間150件以上ものご相談をいただいている対応実績もありますので、安心してご相談をお寄せください。

4-2-2:受験生だけでなく、親御様の相談も可能

「60日合格塾」に寄せられるご相談は、親御様が3割強を占めています。

面談の時間も柔軟に設定可能ですので、お仕事に忙しい親御様のご都合に合わせた対応が可能です。

もちろん、お子様本人からのお問合せ、親御様+お子様の三者面談も受け付けていますので、ぜひ相談を検討してみてください。

4-2-3:電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

「60日合格塾」の面談の特徴は、「電話・メール・LINE・Zoom」といった各種方法に対応していることです。

もし、LINEやZoomの使い方がわからないというような場合でも、こちらのフォームからお申し込みいただければ、当方からお電話を差し上げることも可能です。

まとめ:難しい歯科医師国家試験には、適切な対策が必要

歯科医師国家試験は、非常に難しい試験です。

合格するためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。

■現役合格する人の特徴

  • 卒試と国試にダブル合格する戦略を立てている
  • 国試を意識した勉強法を身に付けている
  • 必ず一発で受かるという意志を持っている
  • 同じ志を持った勉強仲間がいる

といったことがあげられます。

■現役合格するために今からできること

  • 自分の勉強法・勉強計画を見直す
  • 模試や大学の成績などの指標をフル活用する
  • 国試のプロから客観的なアドバイスを受ける
  • 必要に応じて予備校・塾に通う

があります。

■浪人生が今からすべきこと

  • 不合格になった原因を分析する
  • 1年間の勉強スケジュールを立てる
  • 自分にあった勉強法を知る
  • 学習環境を整える

ことです。

これらのことは、自分自身で計画して実行することは難しいため、塾・予備校を活用することも有効です。

「60日合格塾」では

  • 1単元1枚のオリジナルテキスト
  • アウトプット中心の個別カリキュラム
  • 完全オンライン 全国対応可能

といった特徴があり、歯科国試合格を全力でサポートします。

もし、この記事を読んでも受験勉強についてご不安やお悩みがある場合は、

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア