歯科医師国家試験 第116回 A85問題

問題番号:116A-85
正答率:86.7%

19歳の女性。咬み合わせのずれと口唇が閉じにくいことを主訴として来院した。
診断をした結果、 D¢、£E、-L、L¨の抜歯を伴うマルチブラケット装置を用いた矯正歯科治療を行うこととした。
初診時の顔面写真(別冊No.35A)、口腔内写真(別冊No.35B)及びエックス線画像(別冊No.35C)を別に示す。セファロ分析の結果を図に示す。

セファロ分析の結果図

適切な治療目標はどれか。4つ選べ。

a ANB角の増加
b 口元の突出感の軽減
c 上下顎歯列正中線の一致
d 上下顎中切歯歯軸傾斜角の増加
e 両側Angle I級の大臼歯関係の確立

顔面写真、口腔内写真

エックス線画像

正解:BCDE

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。