歯科医師国家試験 過去問題

隣接面板

問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:109A-42

装着前の陶材焼付金属冠(別冊No.3A)と可撤性部分床義歯(別冊No.3B)を別に示す。

矢印で示す歯冠軸面と、それに対応するメタルフレーム構成要素で発揮する機能でないのはどれか。1つ選べ。

a 維持力の向上
b 支持力の向上
c 把持力の向上
d 着脱方向の規制
e 連結強度の向上

陶材焼付金属冠(別冊No.3A)と可撤性部分床義歯(別冊No.3B)

正解:B
正答率:55.4%
問題番号:115D-42

下顎部分床義歯の製作過程の写真(別冊No.9A)と試適時の口腔内写真(別冊No.9B)を別に示す。

矢印で示す部位の作用はどれか。2つ選べ。

a 床縁の封鎖
b 沈下の防止
c 動揺の抑制
d 破折の防止
e 着脱方向の規制

製作過程の写真と試適時の口腔内写真

正解:CE
正答率:97.3%
問題番号:116D-63

65歳の女性。上顎左側臼歯部欠損による咀嚼困難を主訴として来院した。
診察の結果、上顎部分床羲歯を製作することとした。
義歯製作中のある過程の写真(別冊No.24A)と完成した義歯の写真(別冊No.24B)を別に示す。

矢印で示す部位に共通するのはどれか。3つ選べ。

a 維持の向上
b 回転の防止
c 支持の増大
d 着脱の誘導
e 横揺れの抑制

義歯製作中のある過程の写真完成した義歯の写真

正解:BDE
正答率:50.1%