歯科医師国家試験 過去問題

歯科材料・機器

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 111B-7

    I型アレルギーの原因となるのはどれか。1つ選べ。

    a シリカ
    b チタン
    c ニッケル
    d ラテックス
    e アルジネート

    98.1%
  3. 111C-5

    ステンレス鋼ワイヤーと比較したニッケルチタン合金ワイヤーの特性はどれか。

    1つ選べ。

    a 大きな耐力
    b 強い矯正力
    c 低い耐食性
    d 低い弾性係数
    e 大きなレジリエンス

    88.4%
  4. 111D-3

    金属の仕上げ研磨に用いるのはどれか。1つ選べ。

    a 浮石末
    b 酸化亜鉛
    c 酸化クロム
    d ダイヤモンドペースト
    e ジルコニウムシリケート

    72.6%
  5. 112A-15

    貴金属はどれか。1つ選べ。

    a Mg
    b Ti
    c Cr
    d Co
    e Pd

    85.9%
  6. 112B-17

    覆髄に用いる水酸化カルシウム製剤のpH値に最も近いのはどれか。1つ選べ。

    a 2
    b 5
    c 7
    d 9
    e 12

    62.2%
  7. 113A-9

    二重同時印象法<ダブルミックス印象法>に使用するのはどれか。1つ選べ。

    a 寒天印象材
    b アルジネート印象材
    c シリコーンゴム印象材
    d ポリエーテルゴム印象材
    e ポリサルファイドゴム印象材

    91.2%
  8. 113B-17

    熱伝導率が象牙質と同程度なのはどれか。1つ選べ。

    a 金合金
    b アルミナ陶材
    c コバルトクロム合金
    d ポリメチルメタクリレート
    e 従来型グラスアイオノマーセメント

    76.5%
  9. 113D-6

    材料表面の水の接触角で評価するのはどれか。1つ選べ。

    a 耐食性
    b ぬれ性
    c フロー
    d 溶解性
    e 表面粗さ

    98.6%
  10. 114A-2

    歯科用合金を構成する金属元素で、イオン化傾向が最も大きいのはどれか。1つ選べ。

    a Ag
    b Au
    c Cu
    d Pt
    e Ti

    55.9%
  11. 115A-5

    外力により塑性変形を起こさず破壊に至る性質はどれか。1つ選べ。

    a 剛性
    b 靱性
    c 脆性
    d 弾性
    e 展性

    90.4%
  12. 116A-20

    切削・研削工具の材質で硬さが最も小さいのはどれか。1つ選べ。

    a アルミナ
    b スチール
    c ダイヤモンド
    d カーボランダム
    e タングステンカーバイド

    45.1%
  13. 116B-14

    エナメル質より熱膨張係数が小さいのはどれか。1つ選べ。

    a 陶材
    b インレーワックス
    c 陶材焼付用金合金
    d コンポジットレジン
    e ポリメチルメタクリレート

    93.1%
  14. 116B-16

    レーザー齲蝕診断装置に使用されるレーザーの波長はどれか。1つ選べ。

    a 455 nm
    b 655 nm
    c 1.064 μm
    d 2.94 μm
    e 10.6μm

    59.6%
  15. 116D-20

    陶材焼付用金合金と前装材の化学的結合に関与するのはどれか。1つ選べ。

    a Al
    b Cu
    c In
    d K
    e Si

    92.6%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111B-7

I型アレルギーの原因となるのはどれか。1つ選べ。

a シリカ
b チタン
c ニッケル
d ラテックス
e アルジネート

正解:D
正答率:98.1%
問題番号:111C-5

ステンレス鋼ワイヤーと比較したニッケルチタン合金ワイヤーの特性はどれか。

1つ選べ。

a 大きな耐力
b 強い矯正力
c 低い耐食性
d 低い弾性係数
e 大きなレジリエンス

正解:D
正答率:88.4%
問題番号:111D-3

金属の仕上げ研磨に用いるのはどれか。1つ選べ。

a 浮石末
b 酸化亜鉛
c 酸化クロム
d ダイヤモンドペースト
e ジルコニウムシリケート

正解:C
正答率:72.6%
問題番号:112A-15

貴金属はどれか。1つ選べ。

a Mg
b Ti
c Cr
d Co
e Pd

正解:E
正答率:85.9%
問題番号:112B-17

覆髄に用いる水酸化カルシウム製剤のpH値に最も近いのはどれか。1つ選べ。

a 2
b 5
c 7
d 9
e 12

正解:E
正答率:62.2%
問題番号:113A-9

二重同時印象法<ダブルミックス印象法>に使用するのはどれか。1つ選べ。

a 寒天印象材
b アルジネート印象材
c シリコーンゴム印象材
d ポリエーテルゴム印象材
e ポリサルファイドゴム印象材

正解:C
正答率:91.2%
問題番号:113B-17

熱伝導率が象牙質と同程度なのはどれか。1つ選べ。

a 金合金
b アルミナ陶材
c コバルトクロム合金
d ポリメチルメタクリレート
e 従来型グラスアイオノマーセメント

正解:E
正答率:76.5%
問題番号:113D-6

材料表面の水の接触角で評価するのはどれか。1つ選べ。

a 耐食性
b ぬれ性
c フロー
d 溶解性
e 表面粗さ

正解:B
正答率:98.6%
問題番号:114A-2

歯科用合金を構成する金属元素で、イオン化傾向が最も大きいのはどれか。1つ選べ。

a Ag
b Au
c Cu
d Pt
e Ti

正解:E
正答率:55.9%
問題番号:115A-5

外力により塑性変形を起こさず破壊に至る性質はどれか。1つ選べ。

a 剛性
b 靱性
c 脆性
d 弾性
e 展性

正解:C
正答率:90.4%
問題番号:116A-20

切削・研削工具の材質で硬さが最も小さいのはどれか。1つ選べ。

a アルミナ
b スチール
c ダイヤモンド
d カーボランダム
e タングステンカーバイド

正解:B
正答率:45.1%
問題番号:116B-14

エナメル質より熱膨張係数が小さいのはどれか。1つ選べ。

a 陶材
b インレーワックス
c 陶材焼付用金合金
d コンポジットレジン
e ポリメチルメタクリレート

正解:A
正答率:93.1%
問題番号:116B-16

レーザー齲蝕診断装置に使用されるレーザーの波長はどれか。1つ選べ。

a 455 nm
b 655 nm
c 1.064 μm
d 2.94 μm
e 10.6μm

正解:B
正答率:59.6%
問題番号:116D-20

陶材焼付用金合金と前装材の化学的結合に関与するのはどれか。1つ選べ。

a Al
b Cu
c In
d K
e Si

正解:C
正答率:92.6%