歯科医師国家試験 過去問題

口腔微生物

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 109A-110

    細菌と病原因子の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

    a Lactobacillus casei―――――――――――リポ多糖
    b Actinomyces israelii――――――――――ロイコトキシン
    c Staphylococcus aureus―――――――――エンテロトキシン
    d Fusobacterium nucleatum―――――――スーパー抗原
    e Porphyromonas gingivalis―――――――ジンジパイン

    72.4%
  3. 110C-102

    白血球の細胞膜の構造を傷害する毒素を産生するのはどれか。1つ選べ。

    a Tannerella forsythia
    b Treponema denticola
    c Fusobacterium nucleatum
    d Porphyromonas gingivalis
    e Aggregatibacter actinomycetemcomitans

    80.7%
  4. 111B-38

    細菌と病原因子の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

    a Aggregatibacter actinomycetemcomitans ―――――――― ロイコトキシン
    b Porphyromonas gingivalis――――――――――――――― 酪酸
    c Prevotella intermedia―――――――――――――――――デンティリジン
    d Tannerella forsythia――――――――――――――――――ジンジパイン
    e Treponema denticola―――――――――――――――――莢膜

    11.6%
  5. 112A-30

    デンタルプラーク中に存在するグラム陽性球菌はどれか。2つ選べ。

    a Actinomyces
    b Enterococcus
    c Neisseria
    d Streptococcus
    e Veillonella

    64.4%
  6. 112C-28

    ジンジパインによって分解されるのはどれか。1つ選べ。

    a 糖
    b DNA
    c RNA
    d 脂質
    e タンパク質

    92.0%
  7. 112D-61

    Treponema denticolaの特徴はどれか。1つ選べ。

    a 紡錘状
    b 非運動性
    c グラム陽性
    d 通性嫌気性
    e デンティリジンの産生

    85.2%
  8. 113A-44

    黒色色素産生菌はどれか。2つ選べ。

    a Tannerella forsythia
    b Treponema denticola
    c Actinomyces viscosus
    d Prevotella intermedia
    e Porphyromonas gingivalis

    81.6%
  9. 113C-24

    口腔常在細菌はどれか。3つ選べ。

    a Corynebacterium diphtheriae
    b Fusobacterium nucleatum
    c Lactobacillus casei
    d Mycobacterium tuberculosis
    e Streptococcus sanguinis

    76.5%
  10. 114A-66

    Streptococcus sobrinusが産生するのはどれか。2つ選べ。

    a ジンジパイン
    b デンティリシン
    c ロイコトキシン
    d グルコシルトランスフェラーゼ
    e フルクトシルトランスフェラーゼ

    93.3%
  11. 116C-83

    ヒトの舌背を主たる定着部位とするのはどれか。1つ選べ。

    a Streptococcus mutans
    b Streptococcus pyogenes
    c Streptococcus sanguinis
    d Streptococcus salivarius
    e Streptococcus intermedius

    52.5%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:109A-110

細菌と病原因子の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

a Lactobacillus casei―――――――――――リポ多糖
b Actinomyces israelii――――――――――ロイコトキシン
c Staphylococcus aureus―――――――――エンテロトキシン
d Fusobacterium nucleatum―――――――スーパー抗原
e Porphyromonas gingivalis―――――――ジンジパイン

正解:CE
正答率:72.4%
問題番号:110C-102

白血球の細胞膜の構造を傷害する毒素を産生するのはどれか。1つ選べ。

a Tannerella forsythia
b Treponema denticola
c Fusobacterium nucleatum
d Porphyromonas gingivalis
e Aggregatibacter actinomycetemcomitans

正解:E
正答率:80.7%
問題番号:111B-38

細菌と病原因子の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

a Aggregatibacter actinomycetemcomitans ―――――――― ロイコトキシン
b Porphyromonas gingivalis――――――――――――――― 酪酸
c Prevotella intermedia―――――――――――――――――デンティリジン
d Tannerella forsythia――――――――――――――――――ジンジパイン
e Treponema denticola―――――――――――――――――莢膜

正解:AB
正答率:11.6%
問題番号:112A-30

デンタルプラーク中に存在するグラム陽性球菌はどれか。2つ選べ。

a Actinomyces
b Enterococcus
c Neisseria
d Streptococcus
e Veillonella

正解:BD
正答率:64.4%
問題番号:112C-28

ジンジパインによって分解されるのはどれか。1つ選べ。

a 糖
b DNA
c RNA
d 脂質
e タンパク質

正解:E
正答率:92.0%
問題番号:112D-61

Treponema denticolaの特徴はどれか。1つ選べ。

a 紡錘状
b 非運動性
c グラム陽性
d 通性嫌気性
e デンティリジンの産生

正解:E
正答率:85.2%
問題番号:113A-44

黒色色素産生菌はどれか。2つ選べ。

a Tannerella forsythia
b Treponema denticola
c Actinomyces viscosus
d Prevotella intermedia
e Porphyromonas gingivalis

正解:DE
正答率:81.6%
問題番号:113C-24

口腔常在細菌はどれか。3つ選べ。

a Corynebacterium diphtheriae
b Fusobacterium nucleatum
c Lactobacillus casei
d Mycobacterium tuberculosis
e Streptococcus sanguinis

正解:BCE
正答率:76.5%
問題番号:114A-66

Streptococcus sobrinusが産生するのはどれか。2つ選べ。

a ジンジパイン
b デンティリシン
c ロイコトキシン
d グルコシルトランスフェラーゼ
e フルクトシルトランスフェラーゼ

正解:DE
正答率:93.3%
問題番号:116C-83

ヒトの舌背を主たる定着部位とするのはどれか。1つ選べ。

a Streptococcus mutans
b Streptococcus pyogenes
c Streptococcus sanguinis
d Streptococcus salivarius
e Streptococcus intermedius

正解:D
正答率:52.5%