歯科医師国家試験 過去問題

全身麻酔

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 111B-30

    長期臥床患者では全身麻酔後に肺血栓塞栓症を起こしやすい。

    このリスクを判断するための検査項目はどれか。1つ選べ。

    a CK
    b PT
    c CRP
    d Dダイマー
    e 心筋トロポニンT

    63.6%
  3. 111C-88

    18歳の男子。多数歯齲蝕の診断で全身麻酔下による歯科治療が予定された。
    身長162cm、体重110kg、BMI41.9。軽度の知的障害がある。
    睡眠時無呼吸症候群を合併しており、夜間は経鼻的持続陽圧呼吸(nCPAP)療法を行っている。
    全身麻酔導入後の写真(別冊No.39)を別に示す。

    全身麻酔の導入時のリスクはどれか。2つ選べ。

    a 開口困難
    b 血圧上昇
    c 挿管困難
    d 喉頭けいれん
    e マスク換気困難

    全身麻酔導入後の写真(別冊No.39)

    86.2%
  4. 112A-43

    全身麻酔において患者の術前経口摂取を制限する目的はどれか。1つ選べ。

    a 血圧の安定
    b 誤嚥の予防
    c 血糖上昇の抑制
    d 口腔衛生の保持
    e 意識レベルの維持

    91.6%
  5. 112A-87

    33歳の男性。全身麻酔下に下顎隆起形成術を行うこととした。
    麻酔導入時に行っているある手技の写真(別冊No.33)を別に示す。

    器具の操作で気管チューブを挿入する際に確認すべきなのはどれか。2つ選べ。

    a 声門
    b 口蓋垂
    c 披裂軟骨
    d 咽頭扁桃
    e 気管分岐部

    手技の写真

    21.5%
  6. 112A-88

    33歳の男性。全身麻酔下に下顎隆起形成術を行うこととした。
    麻酔導入時に行っているある手技の写真(別冊No.33)を別に示す。

    この手技によって起こりうる合併症はどれか。2つ選べ。

    a 嗄声
    b 咽頭痛
    c 術後嘔吐
    d 舌神経麻痺
    e 肺血栓塞栓症

    手技の写真

    68.9%
  7. 112B-48

    全身麻酔下に手術を受ける患者の常用薬のうち、手術当日の朝に休薬あるいは減薬が必要なのはどれか。1つ選べ。

    a 緩下剤
    b β遮断薬
    c インスリン
    d H2受容体拮抗薬
    e カルシウム拮抗薬

    30.1%
  8. 112C-45

    開口制限のある挿管困難患者に対し、気管挿管を行うのに有用なのはどれか。2つ選べ。

    a 開口器
    b 後鼻鏡
    c ビデオ喉頭鏡
    d 超音波診断装置
    e ファイバースコープ

    65.6%
  9. 113A-76

    全身麻酔の際に、気管挿管や切開に伴う交感神経活動の亢進を抑制する目的で投与するのはどれか。1つ選べ。

    a NSAIDs
    b 筋弛緩薬
    c 抗不整脈薬
    d 麻薬性鎮痛薬
    e カルシウム拮抗薬

    57.1%
  10. 113B-90

    静脈麻酔薬を用いて全身麻酔を導入する際の手技を実施の順番に並べよ。

    ただし、①〜⑤はa〜eのいずれかに該当する。

    解答

    a 気管挿管
    b 喉頭展開
    c 筋弛緩薬の投与
    d 静脈麻酔薬の投与
    e 両側肺野の呼吸音の聴診

    76.9%
  11. 113D-67

    45歳の男性。口が開きにくいことを主訴として来院した。
    検査の結果、両側顎関節強直症と診断し、全身麻酔下に顎関節授動術を行うこととした。
    初診時の咬合時と最大開口時の口腔内写真(別冊No.20)を別に示す。

    気管挿管に有用なのはどれか。1つ選べ。

    a ビデオ喉頭鏡
    b 経口エアウェイ
    c ラリンジアルマスク
    d 気管支ファイバースコープ
    e マッキントッシュ型喉頭鏡

    初診時の咬合時と最大開口時の口腔内写真

    82.1%
  12. 114B-46

    9歳の女児。全身麻酔下で腸骨移植による顎裂閉鎖術を行うこととした。
    セボフルランとレミフェンタニル塩酸塩を用いて麻酔を施行中、導尿バッグに赤褐色の尿を認めた。
    体温は30分間で2℃上昇し、動脈血液ガス分析で代謝性アシドーシスを認めた。

    この時の生体モニタ画面(別冊No.13)を別に示す。

    投与すべき薬物はどれか。1つ選べ。

    a フルマゼニル
    b ナロキソン塩酸塩
    c スガマデクスナトリウム
    d スキサメトニウム塩化物水和物
    e ダントロレンナトリウム水和物

    生体モニタ画面

    95.4%
  13. 114B-72

    本態性高血圧症と診断されているが、安静時血圧のコントロールは良好で日常生活に制限はない。

    この患者の米国麻酔科学会による術前状態分類<ASA-PS>はどれか。1つ選べ。

    a  I
    b Ⅱ
    c Ⅲ
    d Ⅳ
    e  V

    54.1%
  14. 114C-56

    全身麻酔導入時に使用する装置装着時の口腔内写真(別冊No.22)を別に示す。この装置の目的はどれか。1つ選べ。

    a 歯の損傷の防止
    b 顎関節脱臼の防止
    c 喉頭展開時の支点
    d マスク換気の補助
    e クレンチングの防止

    全身麻酔導入時に使用する装置装着時の口腔内写真

    88.8%
  15. 114D-48

    気道確保困難が予想されるのはどれか。3つ選べ。

    a 女性
    b 下顎前突
    c 頸部腫瘤
    d 睡眠時無呼吸
    e Mallampati Class Ⅳ

    88.7%
  16. 115A-42

    全身麻酔時の喉頭痙攣の特徴はどれか。2つ選べ。

    a 舌下神経を介して生じる。
    b 筋弛緩薬の投与が有効である。
    c 声門開大筋群の収縮で生じる。
    d 上気道炎を伴うと発症率は上昇する。
    e 長時間持続すると低二酸化炭素血症を生じる。

    51.6%
  17. 115A-57

    全身麻酔の導入に際し、意識下挿管を選択する理由はどれか。2つ選べ。

    a 無気肺
    b 気道確保困難
    c 重度高血圧症
    d 反回神経麻痺
    e フルストマック<胃充満>

    35.6%
  18. 115D-85

    気管挿管後に気管チューブ挿入状態を確認するのに適切なのはどれか。2つ選べ。

    a 動脈血ガス分析
    b 両側側胸部の聴診
    c 胸部エックス線撮影
    d 経皮的動脈血酸素飽和度測定
    e 終末呼気二酸化炭素分圧測定

    71.5%
  19. 116A-81

    76歳の男性。周術期の口腔機能管理の依頼のため来院した。
    大動脈弁狭窄症の診断で4日後に全身麻酔下の大動脈弁置換術が予定されているという。
    上下顎残存歯の動揺を認めたが、顎関節症状は認めなかった。
    口腔内装置の写真(別冊 No.31)を別に示す。

    この装置の目的はどれか。1つ選べ。

    a 咬合の改善
    b 出血の予防
    c 審美性の回復
    d 感染性心内膜炎の予防
    e 気管挿管時の有害事象の予防

    口腔内装置の写真

    94.4%
  20. 116D-56

    78歳の男性。全身麻酔下での手術終了後、酸素マスクを装着して病棟に帰室させることとした。
    ガス容量500Lの医療用酸素ボンベ(最高充塡圧力:14.7MPa) に装着された圧力計の写真(別冊No.19)を別に示す。

    流量3L/分で使用した場合、酸素ボンベが空になるまでの時間はどれか。1つ選べ。

    a 約30分
    b 約45分
    c 約90分
    d 約135分
    e 約180分

    圧力計の写真

    66.0%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111B-30

長期臥床患者では全身麻酔後に肺血栓塞栓症を起こしやすい。

このリスクを判断するための検査項目はどれか。1つ選べ。

a CK
b PT
c CRP
d Dダイマー
e 心筋トロポニンT

正解:D
正答率:63.6%
問題番号:111C-88

18歳の男子。多数歯齲蝕の診断で全身麻酔下による歯科治療が予定された。
身長162cm、体重110kg、BMI41.9。軽度の知的障害がある。
睡眠時無呼吸症候群を合併しており、夜間は経鼻的持続陽圧呼吸(nCPAP)療法を行っている。
全身麻酔導入後の写真(別冊No.39)を別に示す。

全身麻酔の導入時のリスクはどれか。2つ選べ。

a 開口困難
b 血圧上昇
c 挿管困難
d 喉頭けいれん
e マスク換気困難

全身麻酔導入後の写真(別冊No.39)

正解:CE
正答率:86.2%
問題番号:112A-43

全身麻酔において患者の術前経口摂取を制限する目的はどれか。1つ選べ。

a 血圧の安定
b 誤嚥の予防
c 血糖上昇の抑制
d 口腔衛生の保持
e 意識レベルの維持

正解:B
正答率:91.6%
問題番号:112A-87

33歳の男性。全身麻酔下に下顎隆起形成術を行うこととした。
麻酔導入時に行っているある手技の写真(別冊No.33)を別に示す。

器具の操作で気管チューブを挿入する際に確認すべきなのはどれか。2つ選べ。

a 声門
b 口蓋垂
c 披裂軟骨
d 咽頭扁桃
e 気管分岐部

手技の写真

正解:AC
正答率:21.5%
問題番号:112A-88

33歳の男性。全身麻酔下に下顎隆起形成術を行うこととした。
麻酔導入時に行っているある手技の写真(別冊No.33)を別に示す。

この手技によって起こりうる合併症はどれか。2つ選べ。

a 嗄声
b 咽頭痛
c 術後嘔吐
d 舌神経麻痺
e 肺血栓塞栓症

手技の写真

正解:AB
正答率:68.9%
問題番号:112B-48

全身麻酔下に手術を受ける患者の常用薬のうち、手術当日の朝に休薬あるいは減薬が必要なのはどれか。1つ選べ。

a 緩下剤
b β遮断薬
c インスリン
d H2受容体拮抗薬
e カルシウム拮抗薬

正解:C
正答率:30.1%
問題番号:112C-45

開口制限のある挿管困難患者に対し、気管挿管を行うのに有用なのはどれか。2つ選べ。

a 開口器
b 後鼻鏡
c ビデオ喉頭鏡
d 超音波診断装置
e ファイバースコープ

正解:CE
正答率:65.6%
問題番号:113A-76

全身麻酔の際に、気管挿管や切開に伴う交感神経活動の亢進を抑制する目的で投与するのはどれか。1つ選べ。

a NSAIDs
b 筋弛緩薬
c 抗不整脈薬
d 麻薬性鎮痛薬
e カルシウム拮抗薬

正解:D
正答率:57.1%
問題番号:113B-90

静脈麻酔薬を用いて全身麻酔を導入する際の手技を実施の順番に並べよ。

ただし、①〜⑤はa〜eのいずれかに該当する。

解答

a 気管挿管
b 喉頭展開
c 筋弛緩薬の投与
d 静脈麻酔薬の投与
e 両側肺野の呼吸音の聴診

正解:DCBAE
正答率:76.9%
問題番号:113D-67

45歳の男性。口が開きにくいことを主訴として来院した。
検査の結果、両側顎関節強直症と診断し、全身麻酔下に顎関節授動術を行うこととした。
初診時の咬合時と最大開口時の口腔内写真(別冊No.20)を別に示す。

気管挿管に有用なのはどれか。1つ選べ。

a ビデオ喉頭鏡
b 経口エアウェイ
c ラリンジアルマスク
d 気管支ファイバースコープ
e マッキントッシュ型喉頭鏡

初診時の咬合時と最大開口時の口腔内写真

正解:D
正答率:82.1%
問題番号:114B-46

9歳の女児。全身麻酔下で腸骨移植による顎裂閉鎖術を行うこととした。
セボフルランとレミフェンタニル塩酸塩を用いて麻酔を施行中、導尿バッグに赤褐色の尿を認めた。
体温は30分間で2℃上昇し、動脈血液ガス分析で代謝性アシドーシスを認めた。

この時の生体モニタ画面(別冊No.13)を別に示す。

投与すべき薬物はどれか。1つ選べ。

a フルマゼニル
b ナロキソン塩酸塩
c スガマデクスナトリウム
d スキサメトニウム塩化物水和物
e ダントロレンナトリウム水和物

生体モニタ画面

正解:E
正答率:95.4%
問題番号:114B-72

本態性高血圧症と診断されているが、安静時血圧のコントロールは良好で日常生活に制限はない。

この患者の米国麻酔科学会による術前状態分類<ASA-PS>はどれか。1つ選べ。

a  I
b Ⅱ
c Ⅲ
d Ⅳ
e  V

正解:B
正答率:54.1%
問題番号:114C-56

全身麻酔導入時に使用する装置装着時の口腔内写真(別冊No.22)を別に示す。この装置の目的はどれか。1つ選べ。

a 歯の損傷の防止
b 顎関節脱臼の防止
c 喉頭展開時の支点
d マスク換気の補助
e クレンチングの防止

全身麻酔導入時に使用する装置装着時の口腔内写真

正解:A
正答率:88.8%
問題番号:114D-48

気道確保困難が予想されるのはどれか。3つ選べ。

a 女性
b 下顎前突
c 頸部腫瘤
d 睡眠時無呼吸
e Mallampati Class Ⅳ

正解:CDE
正答率:88.7%
問題番号:115A-42

全身麻酔時の喉頭痙攣の特徴はどれか。2つ選べ。

a 舌下神経を介して生じる。
b 筋弛緩薬の投与が有効である。
c 声門開大筋群の収縮で生じる。
d 上気道炎を伴うと発症率は上昇する。
e 長時間持続すると低二酸化炭素血症を生じる。

正解:BD
正答率:51.6%
問題番号:115A-57

全身麻酔の導入に際し、意識下挿管を選択する理由はどれか。2つ選べ。

a 無気肺
b 気道確保困難
c 重度高血圧症
d 反回神経麻痺
e フルストマック<胃充満>

正解:BE
正答率:35.6%
問題番号:115D-85

気管挿管後に気管チューブ挿入状態を確認するのに適切なのはどれか。2つ選べ。

a 動脈血ガス分析
b 両側側胸部の聴診
c 胸部エックス線撮影
d 経皮的動脈血酸素飽和度測定
e 終末呼気二酸化炭素分圧測定

正解:BE or BC or CE
正答率:71.5%
問題番号:116A-81

76歳の男性。周術期の口腔機能管理の依頼のため来院した。
大動脈弁狭窄症の診断で4日後に全身麻酔下の大動脈弁置換術が予定されているという。
上下顎残存歯の動揺を認めたが、顎関節症状は認めなかった。
口腔内装置の写真(別冊 No.31)を別に示す。

この装置の目的はどれか。1つ選べ。

a 咬合の改善
b 出血の予防
c 審美性の回復
d 感染性心内膜炎の予防
e 気管挿管時の有害事象の予防

口腔内装置の写真

正解:E
正答率:94.4%
問題番号:116D-56

78歳の男性。全身麻酔下での手術終了後、酸素マスクを装着して病棟に帰室させることとした。
ガス容量500Lの医療用酸素ボンベ(最高充塡圧力:14.7MPa) に装着された圧力計の写真(別冊No.19)を別に示す。

流量3L/分で使用した場合、酸素ボンベが空になるまでの時間はどれか。1つ選べ。

a 約30分
b 約45分
c 約90分
d 約135分
e 約180分

圧力計の写真

正解:C
正答率:66.0%