歯科医師国家試験 過去問題

保健・医療・福祉・介護の仕組みと資源

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 112B-41

    介護予防・日常生活支援総合事業で正しいのはどれか。2つ選べ。

    a 実施主体は都道府県である。
    b 対象者は40歳以上の者である。
    c サービスの内容は全国一律である。
    d 民間によるサービス提供が可能である。
    e 地域包括支援センターが介護予防ケアマネージメントを実施する。

    51.4%
  3. 113A-31

    平成28年度の我が国の介護保険給付費に最も近いのはどれか。1つ選べ。

    a 1兆円
    b 3兆円
    c 5兆円
    d 10兆円
    e 20兆円

    46.2%
  4. 113D-78

    介護保険において居宅療養管理指導を行うのはどれか。3つ選べ。

    a 歯科医師
    b 管理栄養士
    c 歯科衛生士
    d 社会福祉士
    e 介護支援専門員

    84.4%
  5. 114C-34

    地域包括支援センターを設置するのはどれか。1つ選べ。

    a 国
    b 市町村
    c 都道府県
    d 医療保険者
    e 福祉事務所

    94.2%
  6. 115A-34

    診察から治療計画立案までを系統的に行うのはどれか。1つ選べ。

    a DNR<Do Not Resuscitate>
    b DOS <Disease Oriented System>
    c EBM<Evidence Based Medicine>
    d ΝBΜ <Narrative Based Medicine>
    e POS<Problem Oriented System>

    56.5%
  7. 115D-22

    介護保険制度において、地域の全ての高齢者を対象とするのはどれか。1つ選べ。

    a 施設サービス
    b 一般介護予防事業
    c 介護予防サービス
    d 地域密着型介護予防サービス
    e 介護予防・生活支援サービス事業

    46.6%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:112B-41

介護予防・日常生活支援総合事業で正しいのはどれか。2つ選べ。

a 実施主体は都道府県である。
b 対象者は40歳以上の者である。
c サービスの内容は全国一律である。
d 民間によるサービス提供が可能である。
e 地域包括支援センターが介護予防ケアマネージメントを実施する。

正解:DE
正答率:51.4%
問題番号:113A-31

平成28年度の我が国の介護保険給付費に最も近いのはどれか。1つ選べ。

a 1兆円
b 3兆円
c 5兆円
d 10兆円
e 20兆円

正解:D
正答率:46.2%
問題番号:113D-78

介護保険において居宅療養管理指導を行うのはどれか。3つ選べ。

a 歯科医師
b 管理栄養士
c 歯科衛生士
d 社会福祉士
e 介護支援専門員

正解:ABC
正答率:84.4%
問題番号:114C-34

地域包括支援センターを設置するのはどれか。1つ選べ。

a 国
b 市町村
c 都道府県
d 医療保険者
e 福祉事務所

正解:B
正答率:94.2%
問題番号:115A-34

診察から治療計画立案までを系統的に行うのはどれか。1つ選べ。

a DNR<Do Not Resuscitate>
b DOS <Disease Oriented System>
c EBM<Evidence Based Medicine>
d ΝBΜ <Narrative Based Medicine>
e POS<Problem Oriented System>

正解:E
正答率:56.5%
問題番号:115D-22

介護保険制度において、地域の全ての高齢者を対象とするのはどれか。1つ選べ。

a 施設サービス
b 一般介護予防事業
c 介護予防サービス
d 地域密着型介護予防サービス
e 介護予防・生活支援サービス事業

正解:B
正答率:46.6%