歯科医師国家試験 過去問題

テンポラリークラウン・テンポラリーブリッジ

問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:111A-49

上顎右側犬歯と第二小臼歯を支台歯とするブリッジを製作することとした。
同一模型で製作した装置の写真(別冊No.3)を別に示す。

次回来院時に行う操作はどれか。2つ選べ。

a 支台歯形成
b 咬合面コア採得
c 軟化象牙質除去
d 暫間補綴装置仮着
e メタルフレーム試適

装置の写真(別冊No.3)

正解:AD
正答率:14.0%
問題番号:112A-84

50歳の女性。上顎右側中切歯の審美不良を主訴として来院した。
A"は20年前に硬質レジン前装冠を装着したという。
検査の結果、オールセラミッククラウンを製作することとした。
治療過程のある操作の写真(別冊No.30A)と器具の写真(別冊 No.30B)を別に示す。

この操作の後に使用する器具はどれか。1つ選べ。

a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

治療過程のある操作の写真と器具の写真

正解:B
正答率:79.8%