歯科医師国家試験 過去問題

歯科医師国家試験 歯周病学

過去問題目次

  1. 問題番号
    問題
    正答率
  2. 114A-50

    44歳の男性。下顎左側臼歯部の違和感を主訴として来院した。
    9年前にstageⅠの舌癌の治療を受けたが、現在まで再発はない。
    歯周基本治療後の再評価の結果、歯周外科治療を行うこととした。

    初診時の口腔内写真(別冊No.17A)とエックス線画像(別冊No.17B)を別に示す。
    再評価時の歯周組織検査結果の一部を表に示す。

    再評価時の歯周組織検査結果の一部
    *    :プロービング深さ(mm)
    〇印 :プロービング時の出血
    **   : Millerの判定基準

    適切な治療法はどれか。2つ選べ。

    a 骨移植術
    b FGF-2製剤の応用
    c 歯周ポケット搔爬術
    d 歯肉弁根尖側移動術
    e エナメルマトリックスタンパク質の応用

    初診時の口腔内写真とエックス線画像

    26.5%
  3. 114A-62

    歯肉退縮に対して行う歯周外科治療はどれか。3つ選べ。

    a 口腔前庭拡張術
    b 遊離歯肉移植術
    c 歯肉弁側方移動術
    d 歯肉結合組織移植術
    e 歯肉弁根尖側移動術

    96.0%
  4. 114A-89

    5歳の男児。ブラッシング指導を希望して保護者と来院した。
    初診時の歯垢染色後の口腔内写真(別冊No.39A)とその結果のチャート(別冊No.39B)を別に示す。

    O’LearyのPCRを求めよ。

    ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

    解答

    ①    ②
     0     0
     1     1
     2     2
     3     3
     4     4
     5     5
     6     6
     7     7
     8     8
     9     9

    歯垢染色後の口腔内写真とその結果のチャート

    92.3%
問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:114A-50

44歳の男性。下顎左側臼歯部の違和感を主訴として来院した。
9年前にstageⅠの舌癌の治療を受けたが、現在まで再発はない。
歯周基本治療後の再評価の結果、歯周外科治療を行うこととした。

初診時の口腔内写真(別冊No.17A)とエックス線画像(別冊No.17B)を別に示す。
再評価時の歯周組織検査結果の一部を表に示す。

再評価時の歯周組織検査結果の一部
*    :プロービング深さ(mm)
〇印 :プロービング時の出血
**   : Millerの判定基準

適切な治療法はどれか。2つ選べ。

a 骨移植術
b FGF-2製剤の応用
c 歯周ポケット搔爬術
d 歯肉弁根尖側移動術
e エナメルマトリックスタンパク質の応用

初診時の口腔内写真とエックス線画像

正解:AE
正答率:26.5%
問題番号:114A-62

歯肉退縮に対して行う歯周外科治療はどれか。3つ選べ。

a 口腔前庭拡張術
b 遊離歯肉移植術
c 歯肉弁側方移動術
d 歯肉結合組織移植術
e 歯肉弁根尖側移動術

正解:BCD
正答率:96.0%
問題番号:114A-89

5歳の男児。ブラッシング指導を希望して保護者と来院した。
初診時の歯垢染色後の口腔内写真(別冊No.39A)とその結果のチャート(別冊No.39B)を別に示す。

O’LearyのPCRを求めよ。

ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

解答

①    ②
 0     0
 1     1
 2     2
 3     3
 4     4
 5     5
 6     6
 7     7
 8     8
 9     9

歯垢染色後の口腔内写真とその結果のチャート

正解:50
正答率:92.3%

Recommend
- この過去問を閲覧した方は、こちらの過去問も閲覧されてます -