歯科医師国家試験 過去問題

歯科医師国家試験 保存修復学

問題番号 カテゴリ 問題 正答率
問題番号:110C-40

コンポジットレジン修復操作時の口腔内写真(別冊No.6)を別に示す。
ペーストタイプのレジンを塡塞する前にこの操作を行う理由はどれか。1つ選べ。
※第110回C問題の画像は厚生労働省ホームページでの公開をしていません

a 耐摩耗性の向上
b 色調安定性の向上
c 光照射時間の短縮
d ギャップ発生の防止
e 修復象牙質形成の促進

正解:D
正答率:94.8%
問題番号:110C-119

根面齲蝕で正しいのはどれか。2つ選べ。

a 疼痛が生じやすい。
b 齲蝕円錐が明瞭である。
c 小児期によくみられる。
d Lactobacillusは原因菌の一つである。
e 進行抑制にはフッ化物歯面塗布が有効である。

正解:DE
正答率:67.9%
問題番号:110C-124

修復物脱落の直接因子はどれか。2つ選べ。

a 咬合圧
b 二次齲蝕
c 合着材の溶解
d 修復物の破損
e 食物の粘着力

正解:AE
正答率:16.8%
問題番号:110C-126

20歳の女性。上顎右側前歯歯頸部の変色を主訴として来院した。初診時の口腔内写真(別冊No.21)を別に示す。
まず行うべき処置はどれか。1つ選べ。
※第110回C問題の画像は厚生労働省ホームページでの公開をしていません

a オフィスブリーチ
b フッ化物歯面塗布
c 陶材焼付金属冠修復
d ラミネートベニア修復
e コンポジットレジン修復

正解:B
正答率:96.1%

Recommend
- この過去問を閲覧した方は、こちらの過去問も閲覧されてます -