【歯学部の卒業試験】一発合格の秘訣とは?勉強法について徹底解説

  • 公開日:2024.05.29
  • 更新日:2024.05.29
  • 23 views
【歯学部の卒業試験】一発合格の秘訣とは?勉強法について徹底解説
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

歯学部の卒業試験に一発合格するための勉強法

歯学部の卒業試験を控えたあなたは、

  • 卒業試験に一発合格したい
  • 卒業試験に落ちて留年しないための勉強法を知りたい
  • 卒業試験にも国家試験にも通用する勉強法が知りたい

とお考えではありませんか?

歯学部の卒業試験は、国家試験よりも高い難易度で作成されていると言われており、実際に、毎年一定数の不合格者が発生しています。

自分がその不合格者の1人になるかもしれないと考えると、とても不安になりますよね。

卒業試験に不合格になるとその時点で留年が確定し、その年の国家試験を受験することもできないため、歯科医師としてのキャリアに後れを取ってしまいます。

最速で歯科医師になるためには、まずは卒業試験に確実に一発合格することが大切です。

卒業試験に一発合格するには、卒業試験の傾向を的確に把握し、限られた時間を効率的に活用して勉強を進めることが重要だと私たちは考えています。

さらに、卒業試験の難易度が国家試験よりも高いとすれば、適切な卒業試験対策を行うことで国家試験とのダブル合格を目指すことも可能なのです。

そこで、この記事では

1章で歯学部の卒業試験に一発合格するための勉強法

2章で卒業試験と国家試験をダブルで合格する方法

3章で卒業試験対策に予備校が必要な人の特徴

4章で私たちが運営している「60日合格塾」の特徴

について説明します。

また、どうしても不安だという方向けに、4章では無料相談サポートについても案内していますのでぜひ、最後まで目を通してください。

この記事では、卒業試験に一発合格するためにはどういった勉強をしていくべきなのかをご紹介します。

1章:歯学部の卒業試験に一発合格するための勉強法

1章では、歯学部の卒業試験に一発合格するために、

  • 歯学部の卒業試験の概要と難易度
  • 一発合格するための勉強法

について解説していきます。

1-1:歯学部の卒業試験の概要と難易度

歯学部の卒業試験の概要と難易度について、以下の3つを解説します。

  • 歯学部の卒業試験の概要
  • 卒業試験の実施形式方式は大学による
  • 卒業試験の難易度

では、ひとつずつ解説していきます。

1-1-1:歯学部の卒業試験の概要

まず、歯学部の卒業要件は大学によって異なりますが、多くの大学で以下の基準が用いられています。

  1. 教養科目の単位数を満たしている
  2. 専門科目の単位数を満たしている
  3. 上記①②の要件を満たしたうえで卒業の審査を受ける

単位数については、①は46単位前後、②は150~190単位が一般的です。③に該当するものがいわゆる卒業試験です。

また、多くの大学では「留年・休学などによって同一学年の履修は〇回まで」とする年限が設けられていることもあります。

進級や卒業において留年を繰り返した学生は自動的に卒業不可とされることもあるので注意が必要です。

1-1-2:卒業試験の実施形式方式は大学による

次に、卒業試験の実施形式は大学によって異なります。

例えば、

  • 年に4回ある定期試験と卒試本試験の合計成績で合否を判定する
  • 卒試予備試験を合格した人だけが、卒試本試験に挑むことができる

など大学によってさまざまです。

そのため、自分の大学の実施方式をまず確認し、それに合った適切な対策を立てることが重要です。

1-1-3:卒業試験の難易度

一般的に卒業試験の難易度は国家試験よりも高く設定されていると言われており、これは多くの私立大学歯学部で特に顕著だと考えられます。

というのも、学校側から見れば、国家試験に受かる見込みのない学生を予め卒業試験で落としておくことで、見た目の国家試験合格率を上げることができるからです。

歯科医師国家試験の受験資格には「歯学部を卒業した人」という条件があります。

つまり、卒業試験の難易度を高く設定しておくことで、国家試験に合格する見込みの高い学生を選択的に卒業させることができるのです。

このような学校側の背景も考慮して、卒業試験の難易度は国家試験よりも高めだと意識して勉強を進めておくことが大切と言えるでしょう。

1-2:一発合格するための勉強法

次に、卒業試験に一発合格するための勉強法として、以下の4つを解説していきます。

  • 自分なりの勉強計画を立てる
  • 勉強の効率を上げる
  • 直前期の対策方法を把握する
  • 適切なメンタルケア

では、ひとつずつ解説していきます。

1-2-1:自分なりの勉強計画を立てる

卒業試験に一発合格するための勉強法として、まずやっておきたいのが自分なりの勉強計画を立てることです。

大切なのは、本番までの限られた期間内での最適な計画を立てることです。

現時点から卒試本番までの時間を逆算して、勉強スケジュールを立てることをおすすめします。

というのも、卒業試験の出題範囲はとても広いため、計画を立てないまま勉強を進めると学習効率がかなり落ちてしまうからです。

もし学習分野が偏ったり、特定の分野の勉強時間が足りなくなってしまうと、本番直前で焦ってしまい本来の実力を発揮できなくなってしまいます。

まずは、しっかり勉強計画を立ててから行動していくことが、合格への大きな第一歩と言えるでしょう。

例えば、卒業試験の過去問を先輩から入手し、計画的にこなしていくことは良い方法です。

過去問を解くのに自分にはどのくらいの時間が必要なのかを把握し、できるだけ多く過去問をこなせるよう学習プランを立てて勉強を進めていきましょう。

1-2-2:勉強の効率を上げる

次に、卒業試験に必ず合格するために次に取り組みたいのが、勉強の効率を上げることです。

できるだけ早い時期から効率の良い勉強法を身に付けることは、卒業試験だけでなく国試対策にも役立ちます。

受験生には必須のスキルと言えるでしょう。

卒業試験は6年生の秋頃、国家試験は1月とあまり期間がありません。

卒業試験が国家試験の勉強も兼ねている大学も多いことでしょう。

参考までに、私たちは、国家試験当日までには、過去問を最低3周以上こなすことをおすすめしています。

効率よく二つの試験勉強を並行して行わなければ間に合いません。

勉強の効率を上げるためには、まずは集中力アップのコツをつかむこと、知識は必ず繋げて覚えることの2点が特に重要です。

集中力アップが重要な理由は、短時間であっても、うまく集中できれば効率よく勉強を進めることができるからです。

人によって集中力が続く時間は異なるため、勉強時間を長く取ることよりも、どれだけ効率よく学習できるかのほうが重要です。

集中力を高めるためには、まずは邪魔をしている原因を取り除き、そのあとで集中力を高める方法を取り入れることが効率的です。

集中力が続かない原因の例としては、以下が挙げられます。

もしあてはまったら速やかに改善しましょう。

  • 集中できない環境にいる(騒音、スマホ、気が散るものがあるなど)
  • 精神状態が不安定
  • 生活習慣が乱れている
  • 長時間同じことをしている

また、集中力を高める方法としては以下が挙げられます。

自分に合いそうなものがあれば、ぜひ試してみてください。

  • 勉強する時間と休む時間のメリハリをつける
  • 睡眠を十分に取る
  • 適度に運動する
  • タイマーを活用する
  • 糖分を補給する
  • マルチタスクをしない

自分が集中しやすい環境を整え、集中力を高めて限られた時間を有効に活用していきましょう。

次に、勉強の効率を上げるためには、知識を繋げて覚えることも大変有効です。

実は、歯科医師国家試験は、問題の60%は暗記で対応可能と言われています。

そして、残り40%は最低限の知識をもとに答えを導き出す、知識の応用力が問わる問題と言われています。

すべての知識を暗記できる人はほとんどいないため、得点差がつくのは、40%の応用力が問われる問題となります。

卒業試験も国家試験と同様の傾向と考えると、この応用力を鍛えることは卒業試験にも有効な対策と言えるでしょう。

例えば、補綴学の過去問を解いていく際に、理工学・解剖学などの関連科目や、全身疾患・先天性異常といった関連知識をどんどん調べて、肉付けしながら勉強をしていくといったイメージです。

このような勉強法は、一つの過去問を解くだけでもかなりの時間がかかり、1日の進度は遅くなります。

しかし、特定の科目だけを勉強するよりも強固な知識に仕上げることができ、ひねった出題や予想外の出題にも柔軟に対応できるようになるのです。

結果、効率のよい勉強法と言えるでしょう。

おすすめの学習方法についてはコチラの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ一度ご覧ください。

【歯学部の卒業試験】対策方法と不合格にならないための4つの秘訣

1-2-3:直前期の対策方法を把握する

卒業試験に必ず合格するためには、直前期の対策方法を把握することも重要です。

なぜなら、試験直前期はそれまでの心身の疲れも重なって焦りが出やすい時期だからです。

焦りから無理な追い込みをかけると、疲労ばかりが増し、逆に集中力が落ちてしまう危険性があります。

この時期の効果的な対策を知っているかどうかが、試験結果に大きく影響するといっても過言ではないでしょう。

直前期に有効な対策としては、直前期の効果的な勉強法を知っておくこと、試験前のチェックリストを作ることが挙げられます。

まず、直前期の効果的な勉強法のポイントは、「増やすのではなく削る」ことです。

やり残したことがないか不安になって、できる限り多くのことをやっておきたい気持ちはわかりますが、試験直前期に新しいテキストや勉強法に手を出すことはおすすめしません。

なぜなら、新たな記載内容や作業に相当な時間を取られる反面、その内容すべてを身に付けることはかなり困難だからです。

一方、おすすめできるのは以下の3つです。

  • 暗記作業は必ず出題される知識だけに絞る
  • 卒試の過去問を使って、問題文や選択肢が変わったときを想定する
  • 本番慣れの練習をしておく

今まで勉強してきた中でよく出題される問題や、大学の講義内で示された分野などに範囲を絞り暗記することで、一定の得点が確保できます。

また、頻出問題の応用力を高めたり、本番を想定したリハーサルをしておくことで、試験当日も焦らずに実力を発揮できるようになるでしょう。

さらに、試験前のチェックリストを作ることも有用です。

リストを作ることで、準備が十分な分野とまだ進んでいない分野が一目でわかって安心できますし、限られた残り時間を最大限活用できるからです。

リストアップする項目の例としては、以下が挙げられます。

  • 必ず出題される基礎知識の暗記状況
  • 過去問を解いた回数
  • 学内試験や模試で間違えた問題の復習の有無

注意したいのは、リストを作ることに時間をかけすぎないことです。

箇条書きや表など簡単な形式でよいので、自分が見やすく全体像を把握できるものがよいでしょう。

試験直前期の学習方法についてはコチラの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ一度ご覧ください。

【歯学部の卒業試験】対策方法と不合格にならないための4つの秘訣

1-2-4:適切なメンタルケア

卒業試験に必ず合格するためには、適切なメンタルケアを知っておくことも重要です。

なぜなら、不安や緊張にとらわれてしまうと、心身の不調につながり勉強効率も落ちますし、試験当日も本来の実力が発揮できないからです。

メンタルケア方法として、勉強ストレスの軽減方法、卒業試験前日・当日の心構えを知っておくとよいでしょう。

まず勉強ストレスの軽減方法として、参考までに、当塾の生徒で合格した人がやっていた気分転換の例をご紹介します。

自分に合いそうな方法があれば、ぜひ試してみてください。

  • 休憩時間は歩いていた
  • 2時間やって30分歩くなど。かなり遠目のコンビニに行くなど工夫した
  • 勉強に行き詰まったら、今の悩みや不安な気持ちを紙に書いていた
  • 気分が乗らないときには好きな曲を1曲聴いていた
  • TwitterやInstagramをダラダラとみないように、歯科関連だけにフォローを絞った

長い受験期間中には、どうしても集中力を保ち続けるのが難しい時期がやってきますし、人によってはスランプに陥ることもあります。

そんな時のためにも、自分なりの気分転換方法を見つけ、適度に息抜きをしながら学習を進めていくことがとても重要です。

これから卒業試験に向けて勉強を始める人は、自分なりの気分転換方法をいくつか持っておくことをおすすめします。

次に、卒業試験当日の心構えをご紹介します。

試験当日に実力を十分発揮するためには、「今年必ず受かる」という意識を強く持つことが重要です。

試験前は不安がつきものですが、特に試験の前日・当日には、「自分は本当に合格できるのか」という不安が頭をよぎることでしょう。

そのような時に不安にのみこまれてしまう人と揺るがない人の違いは、「今年必ず卒業して歯科医師になる」という目的意識の強さが大きく影響しています。

試験に受かる人は、「自分は今年必ず受かる」という覚悟を強く持ち続けられる人とも言えるでしょう。

また、試験前日はしっかりとリラックスして過ごすことがおすすめです。

なぜなら、前日に詰め込んで勉強しても、卒試本番の出来はあまり変わらないことも多いからです。

むしろ、軽い運動で身体を動かす、栄養のある食事をきちんと取る、お風呂に浸かるなど、体調を整えることを重視すると良いでしょう。

2章:卒業試験と国家試験をダブルで合格する方法

ここまで1章では、歯学部の卒業試験に一発合格するための勉強法についてお伝えしてきました。

次に、この2章では、卒業試験と国家試験をダブルで合格するために重要なことについてまとめていきます。

卒業試験と国家試験をダブルで合格するために重要なことは、主に以下の4つです。

  • 勉強スケジュールを立てる
  • 卒試・国試対策に繋がる効率的な勉強法を取り入れる
  • 集中できる環境で勉強する習慣を身に付ける
  • 予備校や塾を適切に利用する

では、それぞれ解説していきます。

2-1:勉強スケジュールを立てる

1章でもお伝えしたように、卒業試験と国家試験をダブルで合格するためには勉強の効率を上げることをおすすめします。

そのためには、現在の自分の学力を見極め、適切な勉強計画を立てることが重要です。

具体的には、次の試験までの日程や試験範囲を確認し、自分に足りない部分や弱点を見極め、そこをつぶしていくのです。

近年では、歯科医師国家試験の難化に伴い卒業試験も難易度が上がってきています。

卒業試験に確実に合格することは、留年の回避はもちろん、その後の国家試験に向けて知識の土台を作る上でも重要です。

また、卒業試験までに知識の土台がしっかりできていると、国家試験にむけた臨床系の知識の学習に割ける時間が格段に多くなります。

国家試験では臨床系問題で得点差がつくことが多いため、合格に向けてより有利になるといえるでしょう。

2-2:卒試・国試対策に繋がる効率的な勉強法を取り入れる

次に、卒業試験と国家試験をダブルで合格するために必要なこととして、「国試対策に繋がる効率的な勉強法を取り入れる」ことが挙げられます。

実は、国試対策になるよう効率的な勉強法は、学内の試験や卒業試験にも対応可能です。

当メディアを運営する「60日合格塾」では、効率的な学習方法として、毎日の勉強時間の中に

  • その日に勉強した内容を振り返る時間
  • 前日の勉強内容を1から思い出す時間

の2つを確保することをおすすめしています。

それぞれ15〜30分程度で問題ありません。

これは、当日の夜・翌朝の最低2回は思い出すことで、勉強した内容を「長期記憶」にするためです。

人の脳は、1度覚えただけでは1時間後には56%の内容を忘れていると言われています。

せっかく勉強しても内容を忘れてしまっては、時間も労力も無駄になってしまいます。

そうならないためにも、短時間でよいので学習内容を振り返る時間を作り、確実に知識を蓄積していったほうが効率的と言えるでしょう。

その他のおすすめの学習方法についてはコチラの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ一度ご覧ください。

【保存版】歯学部の卒試対策6パターンと予備校・塾の必要性

2-3:集中できる環境で勉強する習慣を身に付ける

また、卒業試験と国家試験をダブルで合格するために重要なことは、「集中できる環境で勉強する習慣を身に付ける」ことです。

1章でお伝えしたように勉強環境が適切でないと、集中力が落ちて勉強に身が入らず、結果として留年や卒試不合格になってしまう可能性があります。

そのため、まずは自分が集中して勉強できる環境を整えましょう。

具体的には

  • うるさ過ぎず、静かすぎない勉強に集中できる場所
  • 自分の気を散らすものが周りにない場所
  • ある程度人目があり心理的にさぼりづらい場所

などがおすすめです。

これらすべてを満たさなくても、自分でこの環境なら集中して勉強できる!という場所ならそこで構いません。

また、環境を整えた後に大切なのが学習習慣をつけることです。

毎日決まった時間、決まった場所で学習を続けることで勉強のスイッチが入りやすくなります。

慣れるまでは大変だと思いますが、最初は短い時間でいいので毎日継続することを目標に、学習習慣をつけていくことをおすすめします。

2-4:予備校や塾を適切に利用する

最後に、卒業試験と国家試験をダブルで合格するためには、予備校や塾を適切に利用することも大切です。

勉強効率を上げることが重要とわかっていても、長期の学習プランを一人で練るのは難しいこともありますよね。

そのような場合には、早めに予備校や個別指導塾の講師に相談することもおすすめです。

客観的で適切なアドバイスがあれば、より効果的な勉強計画を立てられるでしょう。

予備校や塾によっては、国家試験対策だけでなく、卒業試験対策のカリキュラムを持っているところもあります。

必要に応じて適切に予備校や塾を活用し、受験のプロにサポートを受けることは、合格に向けて大きな一歩となるためおすすめです。

しかし、せっかく塾や予備校に通い始めても、自分に合っていないと時間もお金も無駄になってしまいます。

自分に合った塾・予備校を選ぶ際には、以下のような判断軸から総合的に検討することをおすすめします。

  • 模試の順位
  • 時期・入塾タイミング
  • 予備校・塾や講師との相性

予備校・塾選びの際には、費用面も含め親御様ともよく対話をし、自分に合った塾や予備校を選ぶことが大切です。

3章:歯学部の卒業試験対策に予備校が必要な人の特徴

ここまで1章では歯学部の卒業試験に一発合格するための勉強法について、2章では卒業試験と国家試験にダブルで合格する方法についてお伝えしてきました。

次に、この3章では、歯学部の卒業試験対策に予備校が必要な人の特徴についてまとめていきます。

歯学部の卒業試験対策に予備校が必要な人の特徴は、主に以下の3つです。

  • 自分で勉強計画を立てられない
  • 暗記などのインプット作業が苦手
  • 効率的なアウトプット方法を把握していない

ほとんどの場合、上記3つのどれかに当てはまりますが、それが普通ですので過度に心配する必要はありません。

では、ひとつずつ解説していきます。

3-1:自分で勉強計画を立てられない

勉強計画といっても、単に出題範囲を毎日の勉強時間で配分すれば良いわけではありません。

なぜなら、合格するためには、卒業試験の出題傾向や出題基準を把握した上で、試験本番までの日数も考慮し、効率のよい勉強計画を立てる必要があるからです。

得意科目を後回しにしたり、直前の模試で点数が低かった分野を集中して勉強するなど、本番の傾向を考えずにその場その場で勉強してしまう人は要注意です。

勉強計画は、正しい分析を元に立てなければなりません。

自分の苦手な科目や弱点について適切に把握し、卒試で問われるポイントを加味した計画を立てましょう。

これらの分析、計画、自己学習、検証、計画修正など、すべて自分でできるなら、予備校や塾に頼らなくても問題ないかもしれません。

また、国家試験の出題傾向などは年によって変動することも考えられます。

それと連動して、卒業試験の傾向も変わる可能性も考えておいたほうがよいでしょう。

自己分析や試験傾向の変化に少しでも不安がある人は、予備校や塾を活用し、国家試験までの学習計画やカリキュラムを組んでもらうことをおすすめします。

当メディアを運営する「60日合格塾」では、無料のオンライン相談があり、学習方法のアドバイスなども受けられます。

学習計画の立て方に不安がある方は、一度ぜひご相談ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

3-2:暗記などのインプット作業が苦手

卒業試験も国家試験も試験範囲は広く、覚えておくべき知識量も膨大です。

暗記が得意な人は、できるだけ多く丸暗記しようとするかもしれませんが、それはあまり効率的ではありません。

ましてや、もともと暗記が得意ではない人も多いでしょう。

そのため、膨大な出題範囲の中から、何を優先的に覚えていくべきかを判断する必要があります。

何度も書いてひたすら覚えようとしたり、参考書をノートに書き写したりしているなら、時間との兼ね合いを考えて、やり方を見直してみるのが良いかもしれません。

本番の試験まで、時間は限られています。

合格させることを専門としている予備校や塾は、「必ず覚えなくてはならない部分」を示してくれます。

優先順位を付けて頭に入れていく、という戦略が取れるでしょう。

すべて頭に入れようとせず、試験攻略として、まずは効率的に進めていくことが合格への近道です。

3-3:効率的なアウトプット方法を把握していない

「覚えること」はインプットですが、知識はアウトプットしないと定着しないものです。

つまり、学習の際は、インプットだけでなく、アウトプットも同時に行いながら進めるのがベストです。

歯科医師国家試験では、

  • コアな知識を正確に覚えていること
  • コアな知識を正しく使うための「考え方」が分かっていること

この2つが求められます。

多くの受験生は、とにかく知識をインプットすることを重視しがちです。

しかし本来は、インプットした知識を正しく使えるか、つまり、アウトプットできるかが非常に大事なのです。

国家試験ではこの点が重視されていますから、卒業試験でも同様の傾向があると言えるでしょう。

コアな知識を正しく使うための「考え方」を理解するためには、アウトプットの試行回数を増やす必要があります。

この訓練を重ねることで、インプットしたコアな知識も定着し、正しく使うための「考え方」が身についていきます。

多くの予備校や塾では、こうしたアウトプットの必要性を認識しているため、そうした機会も用意されています。

  • 過去問をひたすら解いて解説を読む
  • 模試を数多く受験する

などを繰り返すだけでは、真のアウトプットにはつながりにくいのが現実です。

アウトプットの方法や歯科医師国家試験の勉強方法について、より詳しく知りたい人はコチラの記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

【歯科医師国家試験】効率的な勉強法、科目・分野別のおすすめ勉強法

4章:卒業試験一発合格対策なら「60日合格塾」にご相談を

卒業試験の対策に不安がある方は「60日合格塾」にご相談ください。

当メディア「歯科国試.com」を運営するオンライン個別指導塾「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

60日合格塾の詳細をさらに知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

こちらのLINEから気軽に相談ください。

まとめ:歯学部の卒業試験は難易度は高いが適切な対策を取れば一発合格可能!

今回の記事の内容をまとめます。

歯学部の卒業試験に一発合格するための勉強法として以下の2つを解説しました。

  • 歯学部の卒業試験の概要と難易度
  • 一発合格するための勉強法
    • 自分なりの勉強計画を立てる
    • 勉強の効率を上げる
    • 直前期の対策情報を把握する
    • 適切なメンタルケア

また、歯学部の卒業試験と国家試験をダブルで合格するための方法は以下の4つでした。

  • 勉強スケジュールを立てる
  • 卒試・国試対策に繋がる効率的な勉強法を取り入れる
  • 集中できる環境で勉強する習慣を身に付ける
  • 予備校や塾を適切に利用する

歯学部の卒業試験対策に予備校が必要な人の特徴については、以下の3つを解説しました。

  • 自分で勉強計画を立てられない
  • 暗記などのインプット作業が苦手
  • 効率的なアウトプット方法を把握していない

もし、この記事を読んでも受験勉強についてご不安やお悩みがある場合は、

  • 国家試験のプロが親身になって解決策を提示
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応

といった特徴のある「60日合格塾」に一度相談してみてください。

60日合格塾の詳細をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

この記事の内容を参考に、一発合格に近づけるよう行動を開始していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア