【必読】歯科医師国家試験で合格を勝ち取るためのメンタルの整え方

  • 公開日:2024.05.30
  • 更新日:2024.05.30
  • 49 views
【必読】歯科医師国家試験で合格を勝ち取るためのメンタルの整え方
  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

必読 歯科医師国家試験で合格を勝ち取るためのメンタルの整え方あなたは、歯科医師国家試験が近づくにつれて、ストレスや緊張などのメンタル面で不安を覚え、

  • 歯科医師国家試験に向けてメンタルを保つ方法を知りたい
  • 国試の直前で不安などが大きいため、メンタルを安定させる方法を知りたい
  • 歯科医師国家試験でメンタルを整えて実力を発揮したい

などとお考えではありませんか?

国試の本番が近づくに従い、不安が募ってくるのは当然のことです。

むしろ今まで一所懸命に努力してきたからこそ、不安が募るともいえます。

不安を覚えるくらい努力してきた自分を認め、メンタルがあまり沈まないうちに、しっかりと整えていきましょう。

この記事では、

1章で歯科国試前にメンタルを整えることが大事な理由を解説します。

そのうえで2章では、歯科医師国家試験までにメンタルを整える方法をお伝えします。

さらに3章では、歯科医師国家試験当日のメンタルを整える方法を提案しています。

この記事を読めば、歯科国試前にメンタルを整えることが大事な理由や、日常生活でメンタルを整える方法、科医師国家試験当日のメンタルを整える方法を知ることができます。

歯科医師国家試験に合格するためには、メンタルを整えておくことは大変重要です。

メンタルが安定していないと、なかなか実力を発揮できません。

しかし、メンタルさえ安定していれば、落ち着いて問題の趣旨を理解し理論的に考えて、解答をきちんと導き出せます。

つまり、メンタルを整えることが、歯科医師国家試験合否を分けるといっても過言ではありません。

この記事を参考にして、メンタルを整え歯科医師国家試験の当日に備えましょう。

1章:歯科国試前にメンタルを整えることが大事な理由

歯科医師国家試験に限らず、将来を左右するような国家試験に臨む場合、メンタルが重要といわれています。

そこで、1章では歯科医師国家試験前にメンタルを整えることが大事な以下の3つの理由について説明します。

  • メンタルが不安定だと勉強効率が落ちるから
  • メンタルが不安定だと様々な情報に振り回されるから
  • メンタルが不安定だと、国試当日に実力を発揮できないから

では、それぞれ説明します。

1-1:メンタルが不安定だと勉強効率が落ちるから

メンタルが不安定なまま勉強をしても効率が落ちて、勉強しても身に付きません。

ストレスや不安が多いと勉強してもモチベーションが低下し、集中力や思考力も低下するため、うまく解消しながら勉強することが重要です。

歯科医師国家試験の試験問題は、6割近くが知識がなければ正解できないことが多いため、多くの知識を暗記しておくことが必須です。

しかし、メンタルが不安定な時は集中力を欠いてしまうため、スムーズに知識が定着しません。

歯科医師国家試験までの間に、今まで培ってきた知識を強化するためにも、残り少ない時間を有効に使ってメンタルを整え、今までの知識を強化していきましょう。

1-2:メンタルが不安定だと様々な情報に振り回されるから

メンタルが不安定な人は、周りの情報に惑わされやすくなります。

受験生の周りには、様々な情報が溢れています。

例えば、

  • 模試の順位は◯位くらいでないと厳しい
  • 必修は運もあるから対策はほどほどに
  • とにかく暗記することが大事

などなど周りからの情報やアドバイスで溢れかえっていませんか?

しかし、ストレスや不安が溜まりメンタルが不安定な人は、他の人の言葉に惑わされたり、自分に合わないアドバイスで益々不安になったりすることがあります。

もちろんタイムリーで必要な情報はあります。

ただ、情報そのものの取捨選択ができず、結果として今まで培ってきた自分の軸がズレてしまったら本末転倒です。

合格するために必要なのは、自分に合った情報を信頼できるところから得て、しっかりと取り組むことです。

あちこちと浮気をせずに、今までやってきたことを前向きに取り組むようにしましょう。

1-3:メンタルが不安定だと、国試当日に実力を発揮できないから

受験生のほとんどは、歯科医師国家試験を目指して何年も勉強してきました。

歯科国試試験を突破するのに十分な知識はついてきているはずです。

にも関わらず、国試当日に今まで培ってきた実力を発揮できなかったら、本当に悔しい思いをすることになります。

実は、歯科医師国家試験は思考力がものをいう試験です。

メンタルが不安定なまま臨むと、考がまとまらずしっかりと考えて答えを導き出せなくなります。

今まで覚えてきたことや身につけてきた思考力をフルに発揮して、合格を勝ち取るためにも、メンタルを整えて試験に臨むようにしましょう。

2章:歯科医師国家試験までにメンタルを整える方法

1章では、歯科国試前にメンタルを整えることが大事な理由について解説しました。

では、メンタルを整えるにはどのような方法があるのでしょうか?

以下の3つに絞ってお伝えします。

  • 生活リズムを整える
  • 模試の結果は事実確認に使う
  • 勉強仲間をつくって不安を共有する

では、それぞれ説明します。

2-1:生活リズムを整える

メンタルを整える方法の1つ目は、生活リズムを整えることです。

毎日の規則正しい生活の積み重ねは、しっかりと睡眠を取ることにつながるなど、自然にメンタルを安定させていくためにも重要です。

生活リズムを整えるために、以下のこと試してみましょう。

  • 朝型の生活リズムに変える
  • 朝日を浴びる
  • 食生活を整える
  • 適度に運動する
  • 夜はしっかり眠る

試験は朝早いです。そのため朝型の生活に変えていきましょう。

また、朝日を浴びることによりセロトニンが活性化され、夜によく眠れるようになります。

熟睡するためには寝る前にスマホなどのブルーライトを浴びることはやめましょう。

安眠の妨げになります。

適度な運動も大事です。

身体を動かすことで、脳が活性化され思考力が深まります。

歯科医師国家試験が迫ってきたからといって、ただやみくもに勉強すればいいというものではありません。

生活のリズムを整え規則正しい生活を送ることも、歯科医師になるためには重要です。

さらに、直前には細かい体調管理にも気を配りましょう。

当日の体調を整えるため、1週間前からは辛いものや生ものを避け、身体を冷やさないように温かいものを摂るように心がけるなどもおすすめです。

2-2:模試の結果は事実確認に使う

模試の結果に伴う合格の可能性や偏差値などの判定は気に留めず、苦手分野や理解が足りない分野の確認に使うようにしましょう。

つまり、模試を自分の今の理解が不足している範囲を確認するツールとして利用するということです。

自分の実力を図り、苦手な部分や知識が足りない部分をチェックするのは、なかなか精神的にも辛いところがあります。

しかし、一つ一つ一苦手な部分や知識が足りないところを潰して行くのが合格への布石となります。

また、歯科医師国家試験の直前期には、大学や各種予備校が模擬試験や直前対策講座を行っています。

これらすべてを手あたり次第に受講しても無駄になってしまう可能性があります。

そのため、模試で苦手を確認し、その自分の苦手分野の知識を補える講座を受けるのは一つの方法です。

模擬や直前対策講座は、理解していない部分を洗い出し補っていくものという意識で利用するようにしましょう。

2-3:勉強仲間をつくって不安を共有する

同じ志を持つ仲間と話したり勉強したりして、不安を共有しましょう。

直前期に不安を覚えない人はいません。

誰もが不安を抱えつつ自分と戦っています。

日頃からグループ学習をするのも、不安に打ち勝つ方法の一つです。

大学によってはグループ学習を推奨し、場所を提供しているところもあります。

グループ学習には、

  • 分からないことがあればすぐに友達に聞ける
  • 周りの進捗状況が見える
  • 学習計画の相談ができる
  • 不安を共有できる
  • 直前講座や模試についての情報共有ができる

など多くのメリットがあります。

周りの人全て自分の敵だと考えるより、一緒に国家試験の合格を目指す仲間として、助け合う気持ちで不安を共有すれば心も落ち着きます。

不安なのは自分ひとりではないと分かると不安も和らぎます。

2-4:ストレスを効果的に解消する方法

試験を前にしてストレスを抱えない人はいません。

しかしそのストレスに飲み込まれてしまうと、勉強効率も下がり精神的にもまいってしまいます。

ここではストレスを効果的に解消する方法をご紹介します。

  • 短時間でいいので不安や不満を書き出してみる

感情を吐き出す日記を毎日つけることと、ストレスの相関性を見る実験があります。

実験の結果は、日記をつけたグループの方が成績がアップしたり気持ちが明るくなったりという結果がでました。

マイナスの感情を書き出すと自分の気持ちを客観的に認識でき、気持ちが落ち着くことがわかります。

「もっとがんばらないと」など無理にモチベーションを上げようとしても、かえってマイナス思考から抜け出せなくなってしまいます。

毎日短時間でもいいので自分の気持ちと向き合ってみましょう。

  • 「孤独」は人間にとってなによりのストレスである

1人でずっと勉強しているとマイナス思考になってしまいがちです。

人はつながりを求める生き物とはいえ、時期的に友達と遊んだりネットばかり見たりしてはいられません」。

時間を決めて勉強に区切りをつけて、気晴らし程度にスマホを見るのもおすすめです。

だらだらと見るよりも時間を決めることで気分もリフレッシュできます。

  • 腹式呼吸

緊張したりパニックになったりするときは、いつの間にか呼吸が浅くなっています。

呼吸が浅くならないように、お腹を使って呼吸する腹式呼吸を意識してみましょう。

深くゆっくりした呼吸をするとだんだんリラックスしてきます。

模試や試験前でも効果的なので実践してみてください。

  • 葉っぱのエクササイズ

自分は「今こう思っている」こと客観視してみましょう。

感情が葉に乗って流されていくイメージをして、客観的に自分の気持ちを意識してリラックスする方法です。

自分はこう思ってるんだな、と客観視してみましょう。

3章:歯科医師国家試験当日のメンタルを整える方法

歯科医師国家試験当日のメンタルを整える方法としては、以下の4つのような方法があります。

  • 前日はしっかりと睡眠をとる
  • 余裕を持って会場に到着する
  • 休み時間に答え合わせしない
  • 自分のやってきたことを信じる

では、それぞれ説明します。

3-1:前日はしっかりと睡眠をとる

歯科医師国家試験の前日は、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

もし不安でなかなか眠れなくても、横になって目を閉じるだけでも体は休まります。

普段から安眠グッズを使うのもおすすめです。

また、寝る前にスマホを見るのはやめましょう。

明日が歯科医師国家試験の本番と思うと、不安で眠れなくなる人もいるかもしれません。

しかし、寝不足は思考力が低下しケアレスミスを起こしやすくなるため避けたいところです。

不安に思ったら、

「今まで努力してきたことを思い出し、自分はやるべきことをやった」

と思いましょう。

前述した腹式呼吸もおすすめです。

深い呼吸は気持ちを静めリラックスできる効果があります。

3-2:余裕を持って会場に到着する

当日は、早めに試験会場に到着するよう余裕を持って行動しましょう。

時期的に天候の乱れから、交通機関が乱れることもあるので注意が必要です。

時間に余裕があれば不測の事態にも対応できます。

また、早めに会場に着いてトイレを済ませておけば、落ち着いて試験に臨むことができます。

3-3:休み時間に答え合わせしない

試験当日の休み時間に答案の答え合わせはしないようにしましょう。

合っていても間違っていても、どちらにせよンタルに影響があるからです。

また、自信のない問題や間違えたかもしれない問題は、

「他の人も間違えているはずだから大丈夫」

「削除問題かもしれないから大丈夫」

という気持ちを持って拘らないようにしましょう。

どこまでも拘って、「正答できていたら」と思うと、メンタルに影響するので終わったことは忘れ、気持ちを切り替えて次の試験に挑みましょう

3-4:自分のやってきたことを信じる

自分が今まで努力してきたことを信じ、落ち着いて試験に臨みましょう。

今後の人生がかかっている歯科医師国家試験では、プレッシャーも大きいと思います。

しかし、それは会場の人全てにいえることです。誰もが不安を抱えながら試験に臨んでいます。

 不安と自信は表と裏のような感情です。

どちらにも共通していえることは、今まで懸命に努力してきたからこそ不安を覚えたり、自信となって自分を支えたりしてくれたりするということです。

がんばっていない人や、やることをやっていない人は不安になるどころか、最初から「やってないから無理」と諦めます。

不安になるのは相当な努力をしてきた証拠です。

それでも「大丈夫なのか?」「クリアできるのか?」今まで努力してきたから大丈夫だと思うけど、やっぱり心配だという感情が不安です。

そんな時は不安を打ち消そうとせず、不安になっていることを認めましょう。

そして、「不安だけど、今できることは自分を信じて本番に臨むこと」と気持ちを切り替えましょう。

これまで勉強してきたことは知識として必ず自分の中にあります。

自分が勉強してきたことを信じて試験に臨みましょう。

まとめ:メンタルを整えて歯科医師国家試験合格を目指そう!

本番で実力を発揮して合格を勝ち取るためには、メンタルを整えることが必要です。

歯科医師国家試験前にメンタルを整えることが大事な理由は以下の3つでした。

  • メンタルが不安定だと勉強効率が落ちるから
  • メンタルが不安定だと様々な情報に振り回されるから
  • メンタルが不安定だと、国試当日に実力を発揮できないから

メンタルを整えておくことで本番で実力を発揮することができます。

また、歯科医師国家試験までにメンタルを整える方法として、

以下のようなポイントをあげました。

  • 生活リズムを整える
  • 模試の結果は事実確認に使う
  • 勉強仲間をつくって不安を共有する
  • ストレスを効果的に解消する方法

さらに、齒科医師国家試験当日のメンタルを整える方法として、以下のような方法をお伝えしました。

  • 前日はしっかりと睡眠をとる
  • 余裕をもって会場に到着する
  • 休み時間に答え合わせしない
  • 自分のやってきたことを信じる

今回の記事では、歯科医師国家試験でメンタルを整える方法をお伝えしました。

もしあなたが、

  • 歯科医師国家試験に合格する自信がない
  • 国試の対策が間に合わない
  • 勉強法が分からない

といった悩みがあるなら、当サイトを運営する「60日合格塾」にご相談ください。

「60日合格塾」は、歯科医師国家試験専門のオンライン塾です。

「60日合格塾」では、

  • 国家試験に精通したプロの現役歯科医師
  • 受験生だけでなく、親御様の相談も可能
  • 電話・メール・LINE・Zoomなど各種対応
  • 土日や夜間でも相談可能

といった特徴のもと、無料相談を行っております。

60日合格塾の詳細をさらに知りたい場合は、こちらのサイトをぜひご覧ください。

【60日合格塾】

ご相談の際は、こちらのLINEに登録してお気軽にメッセージをお送りください。

あと一歩で立派な歯科医となり活躍する未来に手が届きます。

この記事を参考にメンタルを整え歯科医師国家試験合格に向けて行動していきましょう。

関連記事

AUTHOR
著者紹介

著者 和気正和

歯科医師国家試験
60日合格塾・塾長
歯科医師 和氣正和

当メディア「歯科国試ドットコム」は、歯科医師国家試験の受験生が確実に合格できるように、受験生本人と親御様向けに情報提供するメディアです。

もしあなたが、歯科医師国家試験に対して不安を抱えている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで知識やスキルを身に付け、合格に向けた正しい努力ができることを願っています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア